北海道情報サイト「北海道ライカーズ」北海道情報サイト「北海道ライカーズ」

what likers

Icon search探す

公開 | nobuカワシマ

廃線跡巡り~函館市内に数多く残る戸井線の痕跡を訪ねて~

戸井線アーチ橋


函館市内から戸井(とい)地区や恵山(えさん)地区へ向かう途中、汐首(しおくび)岬近くに古代ローマの水道橋のような巨大なアーチ橋が見えます。
これは戦時中に建設されたものの、列車が通ることなく廃線となった「戸井線」の橋脚。

函館市内には各所に「戸井線」の痕跡があり、線路跡を道路や遊歩道に転用した区間も数多くあります。
市内に残る鉄道の遺構を巡ってみました。

 
函館市街地にある「緑園通り」は、戸井線の線路跡を活かした歩行者と自転車専用の道です▲函館市街地にある「緑園通り」は、戸井線の線路跡を活かした歩行者と自転車専用の道です

 

目次

・未完成の鉄道路線「戸井線」とは?
・汐首岬周辺のアーチ橋が見事
・函館市民の散策路「緑園通り」も元線路跡
・各所に「戸井線」の痕跡が多々


 

未完成の鉄道路線「戸井線」とは?

戸井線は、函館本線の五稜郭駅から温泉が有名な湯の川地区を通り、函館市南東部の戸井地区までの約29.2knに計画された鉄道路線。

 
汐首灯台付近の戸井線橋脚跡▲汐首灯台付近の戸井線橋脚跡


この路線が計画された主な目的は、かつて津軽海峡の防備のために汐首岬近くに設置された砲台への軍事輸送。

1936(昭和11)年に建設計画が決まったのち五稜郭駅方面から順次着工され、1942(昭和17)年に戸井地区から約3.4kn手前の瀬田来(せたらい)地区まで建設されました。

路盤はほぼ完成し湯の川地区まではレールが敷かれたものの、戦時中で戦局が悪化していたため工事は中断。その後工事が再開されることはありませんでした。

 
函館市南東部の恵山。軍事輸送とともに恵山などで産出する鉱物資源の輸送手段としても検討されたことがあります▲函館市南東部の恵山。軍事輸送とともに恵山などで産出する鉱物資源の輸送手段としても検討されたことがあります


戦後、戸井線の建設が復活する可能性がありました。
青函トンネルの建設構想が浮上した際、現在の知内町や福島町から津軽半島へ至る西ルートとともに、海峡の距離が短い戸井線から下北半島へ至る東ルートも検討されたのです。

結果、東ルートは水深や海底の地質に問題があることから西ルートが採用されることになり、戸井線の建設再開はなりませんでした。

 
知内町にある青函トンネルの入口。ともすれば青函トンネルはここではなく汐首岬方面だったかも!?▲知内(しりうち)町にある青函トンネルの入口。ともすれば青函トンネルはここではなく汐首岬方面だったかも!?


建設された路線は鉄道として活用されることなく、1971(昭和46)年に当時の国鉄は鉄道用地を函館市などに売却。橋脚やトンネルなどの鉄道設備は無償譲渡しました。

鉄道としての使命を果たすことなく役目を終えた線路跡。
都市化とともに跡形もなく消えてしまった箇所が多いものの、一部は道路や遊歩道に転用され、急峻な崖が続く海岸部などではそのまま放置されています。

 
道路に転用された区間▲道路に転用された区間


放置された橋脚やトンネルは危険なため近寄ることはできませんが、国道などから遠望することは可能。
遊歩道はもちろん気軽に散策できます。

いくつかの廃線跡を巡ってみましょう。

 

汐首岬周辺のアーチ橋が見事

一番目につきやすく、メモリアルな存在は汐首岬近くにあるこちらのアーチ橋。

 
瀬田来第2橋梁跡▲瀬田来第2橋梁跡


見事な造りでこれぞ歴史的遺産と感じてしまう佇まいです。
でも、よく見ると崩落している箇所がいくつもあります。
建設されてからかなりの月日が経ったうえ、一度も使われることなく野ざらしなので当然でしょう。


瀬田来第2橋梁跡


しかも、戸井線の建設当時は戦時中にて建設資材が乏しく、橋脚やトンネルは鉄筋のかわりに竹を使用したとか筋のないコンクリートのみだったとか、粗末な造りであったと言われています。

 
汐首岬近くで見ることができるトンネル入口。あれ!?傾いているような……崩落でしょうか……▲汐首岬近くで見ることができるトンネル入口。あれ!?傾いているような……崩落でしょうか……

 
汐首岬より戸井地区側へ進んだところにある瀬田来第1橋梁跡▲汐首岬より戸井地区側へ進んだところにある瀬田来第1橋梁跡


これらの場所には展望スポットなどはなく、国道からの遠望です。
国道沿いの汐首岬に乗用車を数台停められる駐車場が整備されているので、ここに車を停めて歩いて巡るか、バスを利用して汐首灯台バス停で下車して訪れることができます。

 

函館市民の散策路「緑園通り」も元線路跡

気軽に廃線跡散策を楽しむなら、函館市街地にある「緑園通り」がベスト。
「緑園通り」とは、市内の深堀町から湯川町3丁目までの間、約1.8㎞の自転車道と緑地帯を備えた遊歩道です。

 
深堀町のスタート地点▲深堀町のスタート地点

 
反対側は広い道路に転用されているため痕跡はわかりにくいです▲深堀町の緑園通りと反対側は広い道路に転用されているため痕跡はわかりにくいです


地図を見慣れている人なら、地図をよく見ると五稜郭駅から湯の川3丁目にかけて、ここが線路跡なのかなと想像できる道路がわかりますよ。

 
湯川町3丁目のスタート地点▲湯川町3丁目のスタート地点


「緑園通り」の周囲は住宅街で学校も複数あるため、市民の通勤通学ルートでもあり散歩ルートでもあるようです。

 
函館大学付属有斗高等学校のすぐ脇を通ります▲函館大学付属有斗高等学校のすぐ脇を通ります


沿道にはサクラやナナカマド、ヤマモミジなどさまざまな木々が植樹されていて緑のトンネルも。
大きな道路は橋やトンネルで越えていきます。

 
太い道にかかる青い大きな橋。この橋が遊歩道なんて、ちょっとびっくり▲太い道にかかる青い大きな橋。この橋が遊歩道なんて、ちょっとびっくり

 
自動車が通れそうなほど立派な橋。人道橋とは思えません▲自動車が通れそうなほど立派な橋。人道橋とは思えません


元鉄道路線跡ということもあり急カーブがなくて比較的直線で、坂はありつつも傾斜は緩やか。
歩きやすく、自転車も走りやすいです。

 
大きな道路の下をトンネルで抜けます。緑園通りは信号が少ないので自転車は気持ちよく快走できますね▲大きな道路の下をトンネルで抜けます。緑園通りは信号が少ないので自転車は気持ちよく快走できますね

 
年季のはいった道路端の下をくぐります。いつの時代からある橋なのでしょう?歴史の趣を感じます▲年季のはいった道路端の下をくぐります。いつの時代からある橋なのでしょう?歴史の趣を感じます


四季折々の風景を楽しめ、散策やサイクリングをするには絶好のルートです。

 

各所に「戸井線」の痕跡が多々

これらのほかにも、函館市内から戸井地区にかけて各所に橋脚跡や線路跡を転用した道路などがあります。

 
汐迫川河口付近に残る橋脚跡。国道から見えます▲汐迫川河口付近に残る橋脚跡。国道から見えます


築堤と橋脚の土台跡。これも国道から見えます▲築堤と橋脚の土台跡。これも国道から見えます

 
石崎町付近。海沿いの国道から一本内陸へ入ったところで線路跡を転用した道路があります▲石崎町付近。海沿いの国道から一本内陸へ入ったところで線路跡を転用した道路があります

 
ここに列車が走っていたら、車窓から津軽海峡を見渡す絶景スポットだったのでしょうね▲ここに列車が走っていたら、車窓から津軽海峡を見渡す絶景スポットだったのでしょうね


戸井線の跡は各所に残り、「緑園通り」のように姿を変えて生活の一部として根付いている場所もあります。

鉄道の遺産は市民の資産であり観光の資源。
老朽化が懸念される箇所はありますが、問題がない場所は末永く残り、市民生活や観光名所として活用されていけばいいですね。

※整備された道路以外は歩いたり立ち入ったりしないようにしましょう。特に橋脚跡やトンネル跡は危険にて近寄らないように。
 
この記事をSNSでシェアしよう!
  • 廃線跡巡り~函館市内に数多く残る戸井線の痕跡を訪ねて~
Title
Close