北海道情報サイト「北海道ライカーズ」北海道情報サイト「北海道ライカーズ」

what likers

Icon search探す

公開 | チバタカコ

奥尻島を自転車で一周するべ!~秋の北海道でサイクルツーリズム!~

奥尻島サイクルツーリズム

 
最近よく見聞きする「サイクルツーリズム」。簡単に言うと、自転車を活用した観光&旅のこと。北海道ほど、この自転車観光&旅が似合うところはないべさ!…ということで、北海道Likersイチオシは、奥尻島を自転車で一周!
 
 

目次

・ひやま・奥尻サイクルーズ
・合言葉は「しままで街道」
・島めぐりは左回りがおすすめ

 
 

ひやま・奥尻サイクルーズ

奥尻町、江差町、せたな町が協力しあい、官民一体となって奥尻航路(奥尻~江差、奥尻~せたな)の活性化を推進して、みんなで檜山地域を盛り上げよう!と組織されたのが、奥尻町に事務局を置く奥尻航路活性化協議会です。
 

ひやま・奥尻サイクルーズのパンフレット▲ひやま・奥尻サイクルーズのパンフレット
 

そして、その協議会が中心となって、自転車で檜山エリアと奥尻島を旅しよう!と提案しているのが「ひやま・奥尻サイクルーズ」です。

 
奥尻島サイクリングの様子
 

サイクルーズでは、撮影をしたり、イベントに参加したりしながらサイクリングを楽しもうと提案しており、会員登録(無料)をすると、フェリー復路の客席のグレードアップやクーポン券などの特典もあります。
 
 

合言葉は「しままで街道」

奥尻町でサイクルツーリズムを推進している地域政策課の羽立仁さんに、話をうかがいました。

 
奥尻町地域政策課係長 羽立仁さん▲奥尻町地域政策課主幹 羽立仁さん
 

奥尻町がサイクルツーリズムの取り組みを始めたのは2017年。協議会で奥尻島のサイクリングコースをつくり、2019年は全国でサイクルツアーを展開している民間企業に3本のツアーを組んでもらい、「奥尻島での自転車旅」を広げてきました。

サイクルツーリズムの基本は、レンタルサイクルではなく自分の自転車を現地まで持っていって楽しむこと。
 
「奥尻島は二次交通が弱い。バス観光もレンタカーも不足しています。しかし、近場の観光スポットなら自転車でも十分行くことができます」と羽立さん。
 

奥尻島サイクリングの様子2
 

この数年間で自転車旅行客が3倍に増え、道内はもちろんですが、道外や海外から奥尻島にやってくるサイクリストたちもいるそうです。
 
「今町内には、自転車観光客をサポートする『サイクルサポーター』が6~7人います。ガイドや故障の対応などを行っていますが、業者ではないので、これからそのようなサポート体制を整えていくことを考えなければならないと思っています」(羽立さん談)。
 

奥尻島サイクリングの様子3
 

協議会では、オリジナルのサイクルジャージ(自転車用ユニフォーム)をつくり、サイクルサポーターに任命された人たちがそれを着用。
羽立さん自身もサイクルジャージ着て、さまざまな場所でPR活動を行っているとか。
  
奥尻島で「しままで街道」(※)というサイクルジャージを着ている人を見かけたら、ぜひ声をかけてみてください。

※「しままで街道」は、「ひやま・奥尻サイクルーズ」でSNSに投稿する時の「#」キーワードで、「#しままで街道」のこと。
 
 

島めぐりは左回りがおすすめ

奥尻島を自転車で一周する所要時間はだいたい4~5時間。メイン道路は1本なので、迷うことはありません。
 

奥尻島サイクリングの様子4
 

羽立さんに、一周のコツを尋ねたところ、
 
「フェリーターミナルから青苗方面に向かって走る、左回りがおすすめです。すると、左手が海岸線になるので、奥尻ブルーの海を眺めながら走ることができます」とのこと。
 

奥尻島サイクリングの様子5▲左回りで奥尻ブルーの海を眺めながらサイクリング。これは気持ちいい!
 

そして「奥尻は交通量が少ないので、安全性も高い。自転車観光客が増えたことで、島内の交通マナー向上にもつながっています」と教えてくれました。
 

奥尻島サイクリングの様子6▲水分&栄養補給に、奥尻ソウルフードの「ハイシャーベット」
 

ハイシャーベット▲奥尻港フェリーターミナル前にある「海館」で購入できるので、スタート前に用意するといいかも
 

奥尻島サイクリングの様子7▲観光名所で記念撮影。奥尻島でなべつる岩は外せません!
 

道内で人気のないところを走っていると、ヒグマ、エゾシカ、キタキツネなど、野生動物との遭遇が心配になりますが、安心してください、奥尻島にヒグマはいません。
シカもキツネも、ついでにマムシもいません。
 
奥尻島最強野生生物は、タヌキだそうです。
 
猛暑の夏は暑さでちょっとまいってしまいますが、秋はサイクリングにはもってこいの季節です。
 
愛車(自転車)と一緒に奥尻島一周、チャレンジしてみませんか?
 
 

関連リンク

ひやま・奥尻サイクルーズ
奥尻観光協会
奥尻町
北海道檜山振興局
この記事をSNSでシェアしよう!
  • 奥尻島を自転車で一周するべ!~秋の北海道でサイクルツーリズム!~
Title
Close