北海道情報サイト「北海道ライカーズ」北海道情報サイト「北海道ライカーズ」

what likers

Icon search探す

公開 | チバタカコ

ジャムってこんなにおいしかったんだ!滝川市「今日は、どのジャムにしようかな?」

滝川市、今日はどのジャムにしようかな?
 
 
滝川市のジャム専門店「今日は、どのジャムにしようかな?」。お客さんに「どれにしようかな」と選んでもらえるようにと名付けられた店のジャムは、一度食べたら「次は、こっち!」「じゃあ、その次はこちら!」とやめられなくなる魅惑のジャムでした。
 
 

目次

・滝川市「今日は、どのジャムにしようかな?」とは
・「今日は、どのジャムにしようかな?」のジャムは、オール「今日ジャム」
・今日ジャムアレンジ


 

滝川市「今日は、どのジャムにしようかな?」とは

滝川市にある「今日は、どのジャムにしようかな?」は、2019年2月にオープンした手づくりのジャム専門店です。

 
滝川市「今日は、どのジャムにしようかな?」外観▲滝川市「今日は、どのジャムにしようかな?」

 
Googleで住所を検索すると、間違いなくそこにたどり着くのですが、店の看板が大きく出ているわけではありません。
 
一見、普通の民家風玄関フードのあたりに、かなり控えめに看板があるので、これを見落とさないように。
 

滝川市「今日は、どのジャムにしようかな?」外看板 


滝川市「今日は、どのジャムにしようかな?」看板

 
緑色の看板「各種ジャム・あん製品製造卸 Forest」を目印にするとわかりやすいです。
 
「今日は、どのジャムにしようかな?」の代表・寺島伸一さんは、以前は和菓子の営業をしており、和菓子のあんをつくる職人仲間と3人で独立して2003年に「Forest」を立ち上げました。
 

滝川市「今日は、どのジャムにしようかな?」店内▲元は資材置き場だったというスペースを、寺島さん自らがリノベーションした店内
 

「Forest」では、小豆をジャムにした「あんこジャム」などをつくり、食品会社やスーパーなどのPB商品として卸していましたが、「工業的ではない、手づくりでオリジナルのジャムを」と、工場の資材置き場だったスペースを店舗につくりかえ、「今日は、どのジャムにしようかな?」をオープンしました。
 
 

「今日は、どのジャムにしようかな?」のジャムは、
オール「今日ジャム」

「今日は、どのジャムにしようかな?」(以下、今日ジャム)のこだわりは、ジャムの素材は道産である、ということ。
 
そして、瓶のラベルは中身が何であれ、すべて「今日ジャム」だということ。
 

滝川市「今日は、どのジャムにしようかな?」の今日ジャム1▲瓶のラベルはシンプルに、全部同じ「今日ジャム」とだけ

 
「パッケージのデザインは、やろうと思えばなんぼでもできます。しかし、デザインに手をかけるとその分価格に反映されてしまう。でも共通パッケージにすれば、お金をかけなくてもいいし、見た目もシンプル。何より中身で勝負ができます」と寺島さん。
 

滝川市「今日は、どのジャムにしようかな?」の今日ジャム2▲ラズベリーの今日ジャム
 

何のジャムなのかは、裏面を見ればわかります。
 

滝川市「今日は、どのジャムにしようかな?」の今日ジャムの裏ラベル▲ハスカップの今日ジャム。材料は、ハスカップ、ビートグラニュー糖、レモン果汁のみ
撮影:チバ
 

一般的なジャムには、とろみをつけるためにペクチンが使われていますが、今日ジャムでは、ペクチンを使わないと固まらない素材以外には使用していません。
 
なので、瓶を斜めにしたり、逆さまにすると、中のジャムがゆるゆると動きます。
 

滝川市「今日は、どのジャムにしようかな?」の今日ジャム3
 

素材(果実)の糖度で甘みが引き出せるよう、砂糖はほんの少量加えるだけ。
 
だから食べると、果実の甘みはもちろんですが、酸味、渋みといった果実ならではの食味がストレートにわかり、ジャムだけれど熟れに熟れた果実を食べているような感じもします。
 
そして、今日ジャムの瓶を光に透かして見ると、向こう側が透けて見えません。それだけ素材が煮詰まっているということです。

 

ジャムは食べてみないとわからない

ジャムの素材は、地元滝川はもちろん、近隣市町村の農家から仕入れています。
 
今日ジャムの売場には「栗山町岩崎農場のルバーブ」「深川市林果樹園のプルーン」というように、どこの農家がつくった果物なのかがわかるように表示されています。
 

滝川市「今日は、どのジャムにしようかな?」の今日ジャム4
 

季節によって素材が変わったり、増減するそうですが、店には常時30種類ほどが並んでいるそうです。
 
北海道Likersが取材に行った時は、ハスカップ、ブルーベリー、イチゴ、サクランボ、メロン、アロニアなどがあり、これからだと梅ジャムや冬になると酒かすもジャムになるとか。
 
そして、シンプルなジャム以外にも、「りんごバター」「いちごバター」などバターを加えたバタージャム、「抹茶ミルク」などミルクを加えたミルクジャムシリーズもあり、店の一番人気は、滝川香西農園のさつまいも紅甘雪を使った「さつまいもバター」。
 
「香西農園さんの紅甘雪がそのまま食べてもおいしくて、スイートポテトみたいなジャムができないかなぁ…と思ってつくったのがさつまいもバターです。ジャムだけど、そのままお菓子みたいにパクパク食べてしまうというお客さんが多いです」と寺島さん。
 
 
滝川市「今日は、どのジャムにしようかな?」の今日ジャム5▲プリンジャムも気になる!
 

これだけ種類があると、それこそ「どのジャムにしようかな」と迷ってしまいますが、今日ジャムでは、すべてのジャムを試食し、食べて納得してから選ぶことができます。
 

滝川市「今日は、どのジャムにしようかな?」の今日ジャム試食用▲「まだ試作中のビーツのジャムなんだけど…」と試食用スプーンにすくってくれました
 

店内に、小さなテーブルがひとつあり、そこに試食用のジャムが常に用意されています。
 
が、北海道Likers取材時は30℃を超える猛暑日が連日続いていた時で、安全面からテーブルに試食はなし。
 
しかしそんな時でも、「あれを食べてみたい」「こっちも味見をしてみたい」と言えば、店内のジャムはすべて試食可能。
 
寺島さんは、「食べてもらえば、市販のものとは違うことがわかってもえるし、値段以上によいものだということもわかってもらえます」と、商品へのゆるぎない自信をにじませます。


滝川市「今日は、どのジャムにしようかな?」の今日ジャム5
 

ジャムを購入したお客さんは100%リピーターになるというのも、今日ジャムの「中身で勝負」の結果なのでしょう。
  
今日ジャムは、滝川市内では店舗の他、「天然酵母パンpanettone」でも販売しています。

近隣では、砂川市「Donut café 豆豆」、美唄市「カフェ・ストウブ」、仁木町「笑顔でよりそうパン屋 シーヅブラン」など、1地域1店舗として、寺島さんがこだわる「ジャムに合うパンをつくっているところ」で扱っています。
 
通販でも取り寄せができるそうですが、最初はできれば、滝川市にある店に行って、気になるジャムを試食して、「どのジャムにしようかな♪」と選ぶ楽しさも味わってみてください。

 

今日ジャムアレンジ

今日ジャムのジャムはパンに塗るだけではなく、いろいろアレンジもできます。
 
「お客さんが、いろいろなアレンジを教えてくれます」という寺島さんに、北海道Likersが教えてもらったアレンジを試してみました。
 

●ポテトサラダ+りんごバター
滝川市「今日は、どのジャムにしようかな?」の今日ジャムアレンジポテトサラダ撮影:チバ
 

スライスしたりんごをポテサラに入れる場合もありますが、これはりんごは入れずに、「りんごバター」をスプーン1杯。
甘さとりんごの風味のおかげで、いつものポテサラがワンランクアップしたみたいでした。

 
●ハスカップジャム+ソーダ
滝川市「今日は、どのジャムにしようかな?」の今日ジャムアレンジソーダ撮影:チバ


こちらは、「ハスカップジャム」をソーダで割っただけ。最初はスプーン2杯を入れたのですが、もう少し濃くしようと3杯目を入れたら、さらにおいしくなりました。
沈んだ果実は、スプーンですくって食べました。
 

●ヨーグルトにトッピング
滝川市「今日は、どのジャムにしようかな?」の今日ジャムアレンジヨーグルト撮影:チバ
 

ヨーグルトにジャムをトッピングするのはよくあるパターンですが、寺島さん曰く、「健康のためにヨーグルトを食べているのに、砂糖たっぷりのジャムだと、あまり意味がないでしょ」と。

なるほど!
 
さ、皆さんは、今日はどのジャムにする?
 
 

関連リンク

今日は、どのジャムにしようかな?facebook
今日は、どのジャムにしようかな?Instagram
この記事をSNSでシェアしよう!
  • ジャムってこんなにおいしかったんだ!滝川市「今日は、どのジャムにしようかな?」
Title
Close