北海道情報サイト「北海道ライカーズ」北海道情報サイト「北海道ライカーズ」

what likers

Icon search探す

公開 | チバタカコ

北海道の歴史を見続けてきた、七飯町「赤松街道」

七飯町、赤松街道1
 
 
国道5号線、函館市桔梗町~七飯町字峠下までの14.3kmに並ぶアカマツの並木。それが「赤松街道」です。日本の道百選、歴史国道、土木遺産に選定されています。
 
 

赤松街道の歴史

北海道の松といえば、エゾマツ、ドドマツ、アカエゾマツで、クロマツやアカマツは自生しません。
 
しかし、函館~大沼間の国道5号線沿いには、見事なアカマツが立ち並んでいます。

 
七飯町、赤松街道2

 
1858(安政5)年、江戸時代に当時の箱館奉行組頭、栗本瀬兵衛が佐渡からアカマツの種子を取り寄せ、大きくなった苗を五稜郭周辺に植樹しました。
 
その後、1876(明治9)年に、明治天皇が七重勧業課試験場に行幸されたのを記念して、五稜郭周辺から、ここ国道5号線沿いに相当数が移植されました。
 
それが赤松並木の始まりです。
 

七飯町、赤松街道3▲1990(平成2)年、愛称募集で「赤松街道」と名付けられました

 
1986(昭和61)年に「日本の道百選」に選ばれました。日本の道百選は、1986(昭和61)年と1987(昭和62)年に当時の建設省によって制定された104本の道路です。
 
1996(平成8)年には、歴史上重要な幹線道路として利用され、歴史的・文化的価値を持つ道路であることから「歴史国道」(1995~1996年、国土交通省)に選定。

 
七飯町、赤松街道4
 

2006(平成18)年には、明治天皇行幸のため、日本初の本格的な西洋式馬車道「札幌本道」完成の際に移植されたアカマツの並木道で、日本近代道路史と北海道農業開拓史における歴史遺産として「土木学会選奨土木遺産」に選定されました。

 

赤松街道の楽しみ方

函館新道が開通する前は、国道5号線は大沼~函館を結ぶ主要幹線でした。
 
しかし、2000(平成12)年に函館新道の函館IC~七飯本町ICが開通、2001(平成13)年に七飯本町IC~七飯藤城ICが開通すると、赤松街道(国道5号線)を通らずに函館まで行けるので、すっかりごぶさたしているというドライバーも多いかもしれません。
 

七飯町、赤松街道5
 

七飯町によると、赤松街道は函館市桔梗町~七飯町字峠下までの14.3kmですが、現在のような保護が行われる前の開発により数が少なくなっているそうです。
 
保存されている樹木数が多く、最も美しいのは七飯町の大中山から鳴川町までの約2㎞の区間とのことなので、行ってきました。
 

七飯町、赤松街道6
 

赤松街道の楽しみ方のひとつは、両サイドの赤松並木を眺めながらドライブ♪
 
今回は、大沼方面から函館に向かって走るパターンと、その逆の両方を満喫。
 
どっちからの眺めが好きか…は人それぞれ。
 
もうひとつの楽しみ方は、赤松街道を歩いてみること。
 

七飯町、赤松街道7 

 
七飯町、赤松街道8▲5号線沿いの歩道には、記念碑などがあります

 
七飯町、赤松街道9▲男爵いも発祥地の石碑もありました
 

七飯町、赤松街道10▲歩道を歩くと、アカマツを間近に見ることができます

 
七飯町、赤松街道11▲よく見るとアーティスティックなスタイルのアカマツが結構多いので、見ていると楽しくなります
 

七飯町、赤松街道12▲取材時は曇り空だったのが残念。青空なら、かなり映えます!


北海道の厳しい自然環境に耐えたアカマツの中には、樹齢130年余に達しているものもあるそうです。

 

赤松街道を愛する会

国道5号線は車の往来も多く、排気ガスの影響はもちろん、病害虫や気象被害など、アカマツは様々なダメージを受けます。

 
七飯町、赤松街道13▲赤松街道にはいま、1,164本(平成27年4月現在)のアカマツがあるそうです
※信号が赤の時に撮影しています

 
この並木を保護しているのが「赤松街道を愛する会」という団体で、民間ボランティア、道路管理者(函館道路事務所)、七飯町の三者で協定を結び、協働で活動しています。
 
毎年7月~8月には、樹木医を招いてアカマツ観察会を開催しています。
 
10月になると、アカマツを悪い害虫から守るため「こも」を巻く、「赤松こも巻き体験会」を開催。
 
 
赤松街道を愛する会のこも巻き体験▲地域の子どもたちも参加
※提供写真

 
そして、年が明け3月にはこも巻き体験会で巻いたこもを外す「赤松こも外し体験会」を開催。
わら(こも)に集まった害虫は、それごと焼却するので、薬剤などを使わない害虫駆除ができます。
 

赤松街道を愛する会のこも巻き外し体験※提供写真

 
赤松街道を愛する会のまつぼっくりクラフト教室▲まつぼっくりを拾って、クラフト教室も行っています
※提供写真
 
 
赤松街道の美しい景観を守るために、これからも「赤松街道を愛する会」の活動は続きます。
 
最後に、
 
赤松街道のある国道5号線は、車の往来が大変多いので、運転手はあまりキョロキョロしすぎないように気を付けてください
 
また、路肩に車を停めると交通の妨げになり、大変危険です。
 
充分に注意して、赤松街道を楽しんでください。
 
 

関連リンク

七飯町HP
赤松街道を愛する会
この記事をSNSでシェアしよう!
  • 北海道の歴史を見続けてきた、七飯町「赤松街道」
Title
Close