北海道情報サイト「北海道ライカーズ」北海道情報サイト「北海道ライカーズ」

what likers

Icon search探す

公開 | チバタカコ

札幌のすすきのでカニ食べ放題!「札幌蟹のつめ」

札幌すすきの「札幌蟹のつめ」


茹でた毛ガニ、タラバガニ、ズワイガニが食べ放題というだけでもおだつ(※1)というのに、加えてカニしゃぶ食べ放題!ここはカニ好きの聖地ですか?カニ天国ですか?というくらい、思い切りカニが味わえる店が札幌に誕生しました。

 

札幌のすすきのに誕生した「札幌蟹のつめ」

2019年6月23日、札幌のすすきのに、カニ好きにはたまらない店が誕生しました。それが「札幌蟹のつめ」です。

場所は、すすきのの電車通りに面した札幌東急REIホテルにある東急レストランプラザ札幌の2F。

札幌市営地下鉄南北線「すすきの」駅、エスカレーターがある4番出入口から出て徒歩1分です。


札幌すすきの「札幌蟹のつめ」の茹で毛ガニ


茹でた毛ガニ、タラバガニ、ズワイガニ食べ放題に、カニ・エビのしゃぶしゃぶの食べ放題などが120分コースで一人5,500円(会員価格)、6,000円(一般価格)から!(※2)

「北海道に行ったら、やっぱりカニ食べたいよね~」

…という観光客のみなさん。

「せっかく北海道に来てくれたんだから、おいしいカニを食べさせてあげたいよね~」

「たまには家族で思い切りカニ食べたいよね~」

…という道民、札幌市民の皆さん。

したっけ(※3)参りましょう!「札幌蟹のつめ」へ。

 

毛ガニ、タラバガニ、ズワイガニ、
ここはカニ好きの聖地ですか!?

「札幌蟹のつめ」は、長年カニと向き合ってきたカニのプロが、国内外のあらゆる業者とつながり、時期仕入れを調整し、検食することでカニのクオリティを維持しています。

もし、検食でNGの場合は、価格が安くなっても仕入れないという徹底したこだわりを持っています。

なので「カニの食べ放題って、ちょっとねぇ…」という先入観はここでは捨ててください。


札幌すすきの「札幌蟹のつめ」の毛ガニ、タラバガニ、ズワイガニ 


オープンに先立ち行われたお披露目会で、北海道Likersは実際に「札幌蟹のつめ」自慢のコースをいただきましたが、

・茹でカニ、うまい!

・カニしゃぶ、うまい!

・カニ寿司、うまい!


これ以上、何を言えというのでしょう。

そして皆さん、

カニを食べて、カニだけでお腹いっぱい、満腹になったことはありますか?

カニを食べて、「もういらない」と言ったことはありますか?

カニを食べて、「しばらくカニは食べなくてもいいかな」なんて思ったことはありますか?

それほど、最初から最後までカニづくしを満喫することができるのです。

 

茹でカニで無口になり、
しゃぶしゃぶでおおはしゃぎ

道民なら毛ガニやタラバガニはおなじみですが、意外と縁がないのがズワイガニではないでしょうか。
3つのカニを食べ比べることなんて早々できないので、ゆっくり味わってみてください。

一口に「カニ」と言っても、食べ比べると、全く味が違うのがわかります。


札幌すすきの「札幌蟹のつめ」のタラバガニの脚▲タラバガニの脚1本。他にも食べたいので、これでも小さいのを選んだんですよ


毛ガニをむいてカニ味噌をつつき、タラバガニの脚の太い身を口いっぱいにほおばり、ズワイガニの上品な味わいをかみしめる。

茹でガニを食べている時間は、誰もが夢中になるのでとても静かです。

そして、しゃぶしゃぶが出てくると、


札幌すすきの「札幌蟹のつめ」のしゃぶしゃぶのネタ▲しゃぶしゃぶのネタは、タラバガニ、ズワイガニ、エビ


「なんですか、これはー!」

「うわー、すごーい!」

と、再びテンションがあがり、大撮影会が始まること間違いなし!


札幌すすきの「札幌蟹のつめ」のしゃぶしゃぶセット▲しゃぶしゃぶタイムを盛り上げる、利尻昆布からとった黄金色の出汁


しゃぶしゃぶは、利尻昆布でとった出汁を使用し、しっかり味付けがされているので、カニをしゃぶしゃぶして、タレも何もつけずにそのままいただくことができます。

とてもシンプルですが、カニ本来の旨味を味わうなら、これが一番!


札幌すすきの「札幌蟹のつめ」のカニしゃぶしゃぶ▲しゃぶしゃぶしているとカニの身が、パーっと花が咲いたように開くのが、目にも楽しい


味の変化をつけたい時は「蟹のつめ」オリジナルのゴマポン酢ダレで。

このゴマポン酢ですが、しゃぶしゃぶの出汁が入ると味が薄まることを予め計算して、濃厚につくられています。

ここで、店長の荒井さんが、しゃぶしゃぶダレの裏技を教えてくれました。

それは、茹で毛ガニのカニ味噌を取っておいて、利尻昆布出汁に好みで入れて、それをタレにするというもの。

なんという贅沢な裏技!
「蟹のつめ」でしゃぶしゃぶを食べる時は、これ、忘れずに。

しゃぶしゃぶの野菜は季節によって変わりますが、取材時は道産のロメインレタス、アスパラ、カブ、タモギダケなどがあり、出汁を含んだ野菜も、これまたおいしい。


札幌すすきの「札幌蟹のつめ」の本ズワイの握り▲本ズワイの握り


札幌すすきの「札幌蟹のつめ」のカニ押し寿司▲カニ押し寿司


茹でガニ、カニしゃぶを好きなだけ食べて、かなりお腹いっぱいだなぁ…思った頃に出てくるのがカニ寿司です。

これが…食べらさる!(※4)

「カニのプロがこだわって仕入れたカニです。おいしいカニを、いろいろな食べ方で楽しんでほしいです」と、荒井さんは話してくれました。

120分食べ放題コースは、正真正銘、本当に食べ放題なので、例えば「茹でタラバガニの脚だけ、とにかく食べたい!」とか「茹でガニは今回少なめにして、カニしゃぶに命かけます!」とか、それぞれが食べたいカニを好きなだけ食べることができます。

店内は、大人数でも対応可能な広いスペースや、家族やグループなどで利用しやすい個室があるので、人数問わず利用しやすいのもうれしいところ。

道外の人も、道内の人も、地元札幌の人も、もちろん海外の人も、札幌のすすきので満腹になるまで、カニを食べてみませんか?

※1:「おだつ」とは、北海道で「はしゃぐ」「テンションがあがる」という意味で使います。
※2:「蟹のつめ」にはいろいろなコースがあります。詳しくはHPをご覧ください。
※3:「したっけ」とは、「それじゃあ」「それなら」という意味で使います。
※4:「食べらさる」とは、意図していないのにそうなってしまった、という意味で使います。
北海道Likersで特集した「北海道弁」は、こちら

※写真はすべてお披露目会の時のもので、食べ放題8,500円コースの一部です。

 

関連リンク

札幌蟹のつめ
(株)甲羅
この記事をSNSでシェアしよう!
  • 札幌のすすきのでカニ食べ放題!「札幌蟹のつめ」
Title
Close