北海道情報サイト「北海道ライカーズ」北海道情報サイト「北海道ライカーズ」

what likers

Icon search探す

公開 | 佐々木葉子

情熱の仕事人。シャンパンパウダーが降る北海道から「雪育(YUKI-IKU)」を発信。スキーヤー「井山敬介」

情熱の仕事人。シャンパンパウダーが降る北海道から「雪育(YUKI-IKU)」を発信。スキーヤー「井山敬介」top画像


富良野のスキー一家に育った、井山敬介さん。高校時代には、アルペンレーサーとして
ナショナルチームに所属し、W杯にも出場するなど、栄えある戦績を持っています。

現在もスキーヤーとして存在感を発揮するかたわら、ばんけいスキー学校(札幌)の
インストラクターとしても活動。世界のスキーヤーがシャンパンパウダーと称賛する
北海道の雪とスキーの楽しさを伝えようと、「雪育」を先頭に立って進めています。

 

スキー一家に生まれ、地元開催のW杯を見て育つ

井山さんがスキーを始めたのは、3歳の頃。「うちは親戚まで含めてスキー一家。僕の家の前に富良野スキー場があったので、冬は一日も休まずゲレンデで滑っていました」。


▲小学1年生の頃の井山さん(中央)。お母さん、弟さんと一緒に▲小学1年生の頃の井山さん(中央)。お母さん、弟さんと一緒に


▲地元最大の夏の祭り「北海へそ祭り」に参加。根っからの富良野っ子として育つ▲地元最大の夏の祭り「北海へそ祭り」に参加。根っからの富良野っ子として育つ


井山さんが小学校低学年の時、生涯の恩師となる人との出会いがありました。全日本スキーチームのコーチを務めたこともある富良野市出身の武田秀明さんが、その人です。

「初対面でいきなり、武田さんから『おまえが井山敬介か、目標はなんだ』と聞かれ、富良野のW杯で優勝したいと答えると、『そうか、世界を目指しているのか。いいぞ』と。僕が小さい頃は富良野スキー場でW杯が行われていたので、大会を身近に感じ、すごさを知らないまま、そんなことを言ったんでしょう(笑)」。


▲富良野スキー場を我が物顔で滑る、小学1年生の頃の井山さん▲富良野スキー場を我が物顔で滑る、小学1年生の頃の井山さん


雪が降れば、放課後は毎日ゲレンデへ通っていた井山少年。小学5年生でスポーツメーカー・ミズノがスポンサードしてくれるまでに成長します。

高校は、富良野を離れ、札幌第一高校へ進学。そして入学してすぐに、ミズノが前年に招いたコーチの出身国で、スキー王国として君臨していたスロベニアへスキー留学することになります。


▲井山敬介さん:1978年生まれ、富良野市出身。96年、「W杯ブレッケンリッジ(アメリカ)大会」の回転に出場。2000年から「全日本スキー技術選手権大会」に参戦し、通算3度の優勝を飾る  撮影場所:さっぽろばんけいスキー場▲井山敬介さん:1978年生まれ、富良野市出身。96年、「W杯ブレッケンリッジ(アメリカ)大会」の回転に出場。2000年から「全日本スキー技術選手権大会」に参戦し、通算3度の優勝を飾る  撮影場所:さっぽろばんけいスキー場


「北海道では夏は陸上トレーニングしかできませんが、スロベニアなら隣接するスイスやオーストリアでスキーを滑ることができます。日本とスロベニアは行き来が大変だったので、僕はコーチの家にホームステイすることにして、高校の試験や大会がある時だけ日本に帰ってくる、そんな生活でした」。

スロベニアでは、スキーのテクニックだけではなく、競技との向き合い方も学びました。

「スロベニアの選手たちは、精神は完全にプロ。だから、わからないことは納得がいくまで質問し、目標を目指すために不必要なことはやらない。そうしたことが徹底しています。スキーは体育の延長にあるものといった日本的な考え方ではない、その違いに最初は驚きました」。

 

社長の言葉が、二足のわらじを脱がせてくれた

トントン拍子に進んだスキー人生。暗雲がたれこめたのは、大学2年生の時でした。

夏休みに富良野に帰省し、アルバイトに行って帰ってきたら、呼吸がうまくできなくなり、2ヶ月間の入院生活を送ることになったのです。


▲「細胞検査のために肺の一部を切るなどしたものの、原因不明。付いた病名は、気管支炎でした」▲「細胞検査のために肺の一部を切るなどしたものの、原因不明。付いた病名は、気管支炎でした」


「退院後、トレーニングを積んでレースに復帰しましたが、優勝したことのある国内のレースでも結果を出せず、これでは世界で戦うのは厳しいだろうと断念しました」。

気持ちの舵を大きく切った井山さんは、大学3、4年で単位をすべて取り、就職モードに。しかし、時は就職氷河期。見込みありと思えた企業も不採用。失意に陥ります。

井山さんは、現在所属しているばんけいスキー学校の校長・桟敷孝治さんを訪ね、夏は桟敷さんが経営する造園会社の勤務と日常的な自主トレ、冬はスキーのインストラクターという二足のわらじを履くようになります。


▲「僕は、ピンチになった時、チャンスを待つのではなくて、チャンネルを探すタイプ。それは天性のものだと思いますね」▲「僕は、ピンチになった時、チャンスを待つのではなくて、チャンネルを探すタイプ。それは天性のものだと思いますね」


並行して、五輪経験者らがスキーの総合技術を競う「全日本スキー技術選手権大会(以下、技術選)」への参戦を決めます。最初の年は50位。それが年々順位を上げ、2006年には4位に入賞します。

「スキーだけで食べていけるかもしれないと思い、桟敷さんに造園の仕事を辞めたいと申し出ました。すると、『優勝するまでダメだ』と。ムチャなことを言うなと思ったんですが、その言葉のおかげで発奮したんでしょうね、翌年から二連覇しました(笑)」。


▲毎年参戦している技術選。2019年3月に長野県白馬八方尾根スキー場で開催された大会では、3位に入賞しました▲毎年参戦している技術選。2019年3月に長野県白馬八方尾根スキー場で開催された大会では、3位に入賞しました


▲2019年の技術選で滑走する井山さん。体をダイナミックに使うところが、持ち味です▲2019年の技術選で滑走する井山さん。体をダイナミックに使うところが、持ち味です


約束を果たし、夏の仕事を円満に辞めることになった井山さん。その後は、スキー仲間らとニュージーランドを舞台にしたスキー映画『4ce Cut the Wind』の製作に携わるなど、活躍の場をゲレンデ以外にもどんどん広げていきます。

 

シャンパンパウダーが降る北海道は、奇跡の島

井山さんは、スキー人口が減り、スキー熱が冷めていることに強い危機感を抱いていました。スキー業界を盛り上げよう!このミッションに向かって精力的に動き始めます。

まず、スキーに関係する様々な人を募り、市民と語る「スノースポーツミーティング」を開催。そこで聞いた「娘はスキーが好きなのに、楽しみにしていたスキー学習がつまらないと言って帰ってきた。どうにかして」という声にショックを受け、賛同してくれる仲間と一緒に、サプライズでスキー学習に登場する「スーパースキー学習」を企画しました。

スキーから離れた人に、楽しかった記憶を取り戻してもらおうと、テレビ番組「LOVE SKI HOKKAIDO」(テレビ北海道)を企画。自らも出演しました。


▲「約197万もの人が暮らし、しかもマチの中心部から車で20、30分のところにスキー場がある札幌のような都市は、世界を見渡してもかなり珍しい。それだけ僕たちは恵まれた環境にいることにも気づいてほしい」▲「約197万もの人が暮らし、しかもマチの中心部から車で20、30分のところにスキー場がある札幌のような都市は、世界を見渡してもかなり珍しい。それだけ僕たちは恵まれた環境にいることにも気づいてほしい」


多くの人と話しているうちに、海外のスキーヤーらから「北海道のシャンパンパウダーは素晴らしい。羨ましい」と言われた記憶がよみがえってきました。

「北海道の雪は、僕たちにはあって当たり前、ネガティブにいえば、雪かきなどが面倒なやっかいなもの。でも、世界の人から見れば、こんなに素晴らしいものはない。そのことに気づいてもらいたくて始めたのが、『雪育』です」。

「雪育」では、自らの経験なども語りながら、北海道の雪質の素晴らしさ、スキーやスノースポーツの魅力などをわかりやすく伝えています。


▲今年4月、ニューヨーク育英学園全日部門商学部で、「雪育」の特別授業を実施▲今年4月、ニューヨーク育英学園全日部門小学部で「雪育」の特別授業を実施


さまざまなフィールドのスキーヤーと交流を持ちながら、枠にとらわれずにスキーの魅力を伝えようとしている井山さんには、企業からもエールが送られています。


▲「天気予報で『明日はいい雪です。スキー日和になるでしょう』と言ってくれるようになったら、最高ですよ」と井山さん。写真提供:株式会社エイブル▲「天気予報で『明日はいい雪です。スキー日和になるでしょう』と言ってくれるようになったら、最高ですよ」と井山さん。写真提供:株式会社エイブル


「雪が降るなら、冬の生活を楽しむことを考えたいですよね。僕たちは、世界中の人が羨むシャンパンパウダーがふんだんに降る、奇跡の島に住んでいるんですから」。

山の緑を眺めながら、雪が恋しくなる、スキーをする日が待ち遠しくなる。そんな人が一人でも増えることを願って、井山さんは今日もどこかで「雪の魅力」をアツく語っているはずです。

 

関連リンク

井山敬介公式Blog
井山敬介Facebook
井山敬介Instagram
さっぽろばんけいスキー場
 
この記事をSNSでシェアしよう!
  • 情熱の仕事人。シャンパンパウダーが降る北海道から「雪育(YUKI-IKU)」を発信。スキーヤー「井山敬介」
Title
Close