北海道情報サイト「北海道ライカーズ」北海道情報サイト「北海道ライカーズ」

what likers

Icon search探す

公開 | nobuカワシマ

広尾町の絶品ご当地グルメ「しゃロッケ」って?ししゃものコロッケ!?

しゃロッケ


南十勝の広尾町には、名産のししゃもを活かしたご当地グルメがあります。その名は「しゃロッケ」。なんと“ししゃも”のコロッケで、町内の飲食店数店で提供しています。美味しいの?生臭くないの?食べてみればわかります!そんな疑念を打ち砕き、なかなか美味でごはんが進みますよ。

 

目次

・ししゃもの名産地、広尾町の「しゃロッケ」って何?
・「中華料理店 王府」のしゃロッケ
・「味の八幸」のしゃロッケ



「しゃロッケ」って?▲「しゃロッケ」って?

 

ししゃもの名産地、広尾町の「しゃロッケ」って何?

居酒屋などのメニューで定番のししゃも。
世の中に出回っているししゃもの9割以上が本当はししゃもではなく、
カペリン(からふとししゃも)という別の種類の輸入魚。
“本物のししゃも”は、太平洋沿岸の一部地域で秋のみ獲れる日本固有の魚です。

○北海道Likersのこちらの記事もチェック!
これぞ北海道ならではの旬の味覚。「ししゃも寿司」

ししゃもといえばむかわ町が有名ですが、
実は広尾町は国内トップクラスの水揚げを誇る町なのです。

広尾町のししゃもを㏚するために生まれたのが
ししゃものコロッケ「しゃロッケ」。

基本形は、ししゃもの雄を茹でたほぐし身にライスとチーズ、クリームソースを混ぜ、
パン粉をまぶしてカラッと揚げた、クリームライスコロッケです。


「ししゃもの臭みを抑えるにはどうしたらよいかに苦労しました」と開発秘話を教えてくれた「広尾おいしい町づくりの会」会長の土谷さん▲「ししゃもの臭みを抑えるにはどうしたらよいかに苦労しました」と開発秘話を教えてくれた「広尾おいしい町づくりの会」会長の土谷さん


地元の飲食店店主ら有志が集い、
ししゃもをアレンジしたさまざまな食べ方を考えてはやり直し、
試行錯誤の末に誕生しました。


左の丸いコロッケ3つが「しゃロッケ」です▲左の丸いコロッケ3つが「しゃロッケ」です


2010(平成22)年にイベントなどでお披露目されると好評を博し、
広尾町内の飲食店で定食のおかずの一品などとして提供されるようになりました。

 

「中華料理店 王府」のしゃロッケ

「広尾町内ではどこで食べられるの?」と思っているみなさん、
提供しているお店を2軒紹介します。

はじめに紹介するのは、
「広尾おいしい町づくりの会」会長の土谷さんが経営する店「中華料理店 王府(ワンフー)」。


広尾町の街中にある「中華料理店 王府」▲広尾町の街中にある「中華料理店 王府」


広尾町役場から車で1分程度にて行くことができます。


カウンター席のほか、テーブル席や小あがり席もあります▲カウンター席のほか、テーブル席や小あがり席もあります


中華料理のこのお店では、
人気メニューのエビチリがセットになった定食「しゃロッケ定食」で楽しめます。


エビチリとともに、「しゃロッケ」3つを2種類のソースで味わえる「中華料理店 王府」の「しゃロッケ定食」▲エビチリとともに、「しゃロッケ」3つを2種類のソースで味わえる「中華料理店 王府」の「しゃロッケ定食」


ソースをつけずに食べてみると、
クリーミーながらほんの少しほっこり感がある食感。

ししゃもと知らずにコロッケを食べると、
これがししゃものコロッケだとは気づかないかもしれません。
それくらい、ししゃもの臭みは全く感じません。


「しゃロッケ」断面。ししゃもがこんなに化けるなんて、いい意味で衝撃!▲「しゃロッケ」断面。ししゃもがこんなに化けるなんて、いい意味で衝撃!


レモンタルタルソースをつけて食べると“こっさり”感があり、
甘酢ソースをつけて食べると意外としまって“すっきり”感があります。

一つのメニューでさまざまな食べ方を楽しめるうえ、エビチリまでついてくる定食。
これはなかなかお得!

 

「味の八幸」のしゃロッケ

2軒目は、「中華料理店 王府」と同じく広尾町の街中にある「味の八幸」。
八角などの焼魚弁当や生チラシ寿司などが地元で人気の料理店です。


広尾町役場から車で2分程度にて行くことができる「味の八幸」▲広尾町役場から車で2分程度にて行くことができる「味の八幸」


日本酒を飲みたくなるような純和風の店内。カウンター席やテーブル席、小あがりの個室などがあります▲日本酒を飲みたくなるような純和風の店内。カウンター席やテーブル席、小あがりの個室などがあります


店主の山崎さん▲店主の山崎さん。1984(昭和59)年からこの地で腕をふるっています


このお店でも「しゃロッケ定食」で味わえます。
「しゃロッケ」3つと自家製のししゃも一夜干し2尾がつく定食です。


ししゃも尽くし!「味の八幸」の「しゃロッケ定食」。この日はサービスで甘露煮も1尾つけてくれました▲ししゃも尽くし!「味の八幸」の「しゃロッケ定食」。この日はサービスで甘露煮も1尾つけてくれました


こちらの「しゃロッケ」、
2つは「中華料理 王府」と同じライスクリームコロッケですが、
1つは形も中身も全く異なる「味の八幸」オリジナル版。

シシャモを丸ごと一本使ったポテトコロッケです。


このコロッケがししゃもであることを証明するかのように、尾がちらっとはみ出ています▲このコロッケがししゃもであることを証明するかのように、尾がちらっとはみ出ています


ポテトコロッケもなかなか美味!
ライスクリームコロッケに比べてししゃものような食感を楽しめつつ、臭みは全くありません。
ホクホク感ともっさり感がよいバランスです。


断面を見ると、なんとなくししゃもの存在感がありつつも、知らなければししゃものコロッケだとはわからないかも▲断面を見ると、なんとなくししゃもの存在感がありつつも、知らなければししゃものコロッケだとはわからないかも


2つのコロッケとともに一夜干しも味わえる、ししゃも尽くしの定食。
これもなかなかお得感あり!


広尾町の名産、ししゃもを使ったコロッケ「しゃロッケ」は、
いい意味でししゃも感がありません。
ししゃもが進化を遂げて昇華した、立派なおかずです。

ししゃもを焼いて食べるのはもちろん美味しいのですが、
コロッケで食べるのも美味。ごはんが進みます。

広尾町へ訪れたら、これはぜひ味わうべし!
この記事をSNSでシェアしよう!
  • 広尾町の絶品ご当地グルメ「しゃロッケ」って?ししゃものコロッケ!?
Title
Close