北海道情報サイト「北海道ライカーズ」北海道情報サイト「北海道ライカーズ」

what likers

Icon search探す

公開 | チバタカコ

札幌観光に便利なきっぷと使える交通系ICカード

札幌の観光スポット


道内外から札幌へ来る皆さんへ。観光やビジネスで札幌市内を移動する時に使える交通系ICカード、お得なきっぷをまとめました。北海道Likersだからできる地元目線&実体験の保存版です。

 

目次

・札幌にある公共交通
・札幌で使える全国相互利用の交通系ICカード
・北海道の人なら、SAPICAとKitacaが便利です
・札幌市内と小樽市内で使えるお得な乗車券
  ー札幌市営交通
  ー北海道中央バス
  ージェイ・アール北海道バス
  ーじょうてつバス
・JR北海道のお得なきっぷ
・バスの扉は、どっちが「乗る」でどっちが「降りる」?
・市電は外回りか内回りで一周。ただし、時々一周しないのもある


 

札幌にある公共交通

札幌にある主な公共交通は、

札幌市営地下鉄
市電(路面電車)
JR北海道(北海道旅客鉄道)
ジェイ・アール北海道バス
北海道中央バス
じょうてつバス
ばんけいバス

札幌市内の移動は、目的地が地下鉄駅周辺にあることが多いので、主に地下鉄を利用することが多いです。

目的地が地下鉄駅から離れている場合は、最寄り駅からバスに乗り換え、あるいはタクシー移動。
 
鉄道は、関東や関西のように私鉄があるわけではないので、札幌市内・近郊の鉄道移動は、JR北海道一択。
 
道内観光や道内でのビジネス拠点になるのが札幌です。
そこで、札幌エリア限定ですが、使える交通系ICカードとお得なきっぷを紹介します。

 

札幌で使える全国相互利用の交通系ICカード

札幌市内の公共交通では、全国相互利用の交通系ICカードが使えます
 
●使える交通系ICカード
・Kitaca(キタカ):北海道旅客鉄道株式会社
・PASMO(パスモ):株式会社パスモ
・Suica(スイカ):東日本旅客鉄道株式会社
・manaca(マナカ):株式会社名古屋交通開発機構及び株式会社エムアイシー
・TOICA(トイカ):東海旅客鉄道株式会社
・PiTaPa(ピタパ):株式会社スルッとKANSAI
・ICOCA(イコカ):西日本旅客鉄道株式会社
・はやかけん:福岡市交通局
・nimoca(ニモカ):株式会社ニモカ
・SUGOCA(スゴカ):九州旅客鉄道株式会社
 
これらのカードを持っていたら、札幌市内で使えるので来札時は忘れずに。全国同様、札幌でもチャージ可能です。

それと、
・SAPICA(サピカ):札幌総合情報センター株式会社
が使えます。
※SAPICAは全国相互利用の交通系ICカードではありません。

 

北海道の人なら、
SAPICAとKitacaが便利です

SAPICA(サピカ)は、「サッと取り出して、ピッと利用できるSAPPORO(さっぽろ)のICカード」という意味で、札幌市民や近郊の人が利用している札幌の交通系ICカードです。


札幌市交通局のSAPICA(サピカ)▲札幌市交通局のSAPICA(サピカ)
※写真提供:札幌総合情報センター株式会社


SAPICAマークのあるコンビニや店舗、自販機でも使え、地下鉄・バス・市電では利用金額の10%がSAPICAポイントとして貯まる等、札幌にしょっちゅう来る人には、1枚あるととても便利なカードです。
 
ただ一つ注意したいのが、札幌の地下鉄・市電・バスでは利用できますが、JR北海道では使えないということ。

JRの利用がひんぱんにある場合は、地下鉄・市電・バスはSAPICAでJRはモバイルSuicaを利用するか、JR北海道のKitaca(キタカ)を持つと便利です。Kitacaも札幌の地下鉄・市電・バスで利用できます。


JR北海道のKitaca(キタカ)▲JR北海道のKitaca(キタカ)
※写真提供:JR北海道


JR北海道の路線では、Kitacaは使えるエリアが決まっています。
 
・Kitacaが使えるエリア
小樽~札幌~新千歳空港~苫小牧(函館本戦、千歳線)
札幌~八軒~北海道医療大学(札沼線)
札幌~厚別~岩見沢(函館本線)
 
利用可能エリアより遠くへ行く場合(旭川、函館、帯広など)は、駅できっぷの購入が必要です。

 

札幌市内と小樽市内で使えるお得な乗車券

ICカード以外にも、札幌市内で使えるお得な乗車券がいろいろあります。
カードは持っていないけど、1日中あちこちに移動する時にはとても便利です。


●札幌市営交通のお得な乗車券
地下鉄専用1日乗車券


地下鉄専用1日乗車券※写真提供:札幌市交通局


地下鉄が1日乗り放題できる乗車券です。これがあれば、南北線、東西線、東豊線、全駅の乗降コンプリートができます。

発売金額:大人830円、子ども420円
購入場所:地下鉄駅券売機、地下鉄駅窓口、各定期券発売所など


ドニチカキップ
 

ドニチカキップ※写真提供:札幌市交通局


土曜日・日曜日・祝日及び年末年始(12月29日~1月3日)に利用できる地下鉄専用1日乗車券です。週末を利用して札幌に遊びに来る時に便利です。

発売金額:大人520円、子ども260円
購入場所:地下鉄駅券売機、地下鉄駅窓口、各定期券発売所など


どサンこパス


どサンこパス※写真提供:札幌市交通局


土曜日・日曜日・祝日及び年末年始(12月29日~1月3日)に利用できる市電(路面電車)専用1日乗車券です。
どサンこパス1枚で大人1人と子ども1人が1日乗り放題なので、子連れファミリーにおすすめ。

発売金額:360円
購入場所:市電車内、大通定期券発売所、市電との乗継指定地下鉄駅窓口(大通、すすきの、中島公園、幌平橋、西18丁目、西11丁目、豊水すすきの)
※発売当日のみ有効、前売りはありません。


路面電車1日乗車券


路面電車1日乗車券※写真提供:札幌市交通局


期間限定で試行発売している、土曜日・日曜日・祝日・平日問わず利用できる市電(路面電車)専用1日乗車券です。

発売期間及び有効期間:2019年4月1日~2020年3月31日まで
発売金額:大人500円、子ども250円
購入場所:市電車内、大通定期券発売所、市電との乗継指定地下鉄駅窓口(大通、すすきの、中島公園、幌平橋、西18丁目、西11丁目、豊水すすきの)
※発売当日のみ有効、前売りはありません。


●北海道中央バスのお得な乗車券
札幌市内1DAYパス


札幌市内1DAYパス
※写真提供:北海道中央バス


札幌市内特殊運賃区間の中央バス全路線が1日乗り放題できる乗車券です。

発売金額:大人750円、子ども380円
購入場所:循環88サッポロビール園ファクトリー線(さっぽろうぉ~く) のバス車内、札幌・札幌駅前・麻生・福住・大谷地の各ターミナル窓口


おたる市内線バス1日乗車券


小樽市内線バス1日乗車券※写真提供:北海道中央バス


小樽市内の中央バス路線バス(均一区間内)が1日乗り放題できる乗車券です。

発売金額:大人750円、子ども380円
購入場所:おたる散策バスのバス車内、小樽駅前ターミナル、運河プラザ、小樽市内のホテル(ホテルグランドパーク小樽、オーセントホテル小樽)
 
中央バスには路線バス以外にも、施設入場券・温泉・食事とバス乗車券がセットになった「バスセット日帰り乗車券」もあるので、上手に利用するととてもお得です。


ジェイ・アール北海道バスのお得な乗車券
1日乗りほーだいきっぷ


JR北海道バス1日乗りほーだいきっぷ※写真提供:ジェイ・アール北海道バス


ジェイ・アール北海道バスの札幌圏内路線が1日乗り放題できる乗車券です。宮の沢~小樽(片道600円)など遠距離で使うとお得です。
 
発売金額:大人800円、子ども400円
購入場所:小樽・手稲・琴似・札幌・厚別営業所、バスチケットセンター手稲店・宮の沢店・アピア店・新札幌店、ジェイ・アールバス車内


じょうてつバスのお得な乗車券
温泉日帰りパック券


じょうてつバス温泉日帰りパック券※写真提供:株式会社じょうてつ


じょうてつバス1日乗り放題きっぷ(下記を除く)と定山渓・小金湯・豊平峡温泉の入浴券(12施設から1ヶ所)がセットになったお得なパック券です。
※札幌国際スキー場線、札幌ドームシャトル、通勤ライナー号、その他イベントで運行するバスは除きます。
 
発売金額:大人2,000円、子ども1,000円
購入場所:じょうてつバス車内(一部の路線を除く)、各営業所・サービスセンター・案内所他


●都心100円バス(中央バス、ジェイ・アール北海道バス、じょうてつバス)
札幌駅~すすきの・南4条、札幌駅~サッポロファクトリー、札幌駅~北1条西7丁目、大通西4丁目~北1条西7丁目の各区間での乗り降りに限り、大人100円、子ども50円で利用できます。ICカードは使えず、現金での支払いに限ります。
 
発売金額::大人100円、子ども50円※現金のみ

 

JR北海道のお得なきっぷ

JRで札幌から小樽、長万部、苫小牧、室蘭、新千歳空港、富良野、美瑛まで、エリアは限定されていますが、1日自由に乗り降りできる便利なきっぷがあります。列車で北海道を楽しみたいという人は、これです!
  
一日散歩きっぷ
フリーエリアの普通列車・快速列車の自由席に1日間自由に乗り降りできます。利用当日の朝(営業開始時刻)から発売。前売りはありません。また、発売箇所限定です。
 
発売金額:大人2,260円、子ども1,130円
利用期間:2019年4月6日~2019年11月30日の土曜・休日
購入場所:小樽駅、南小樽駅、小樽築港駅、銭函駅、星置駅、手稲駅、稲積公園駅、発寒駅、発寒中央駅、琴似駅、桑園駅、札幌駅、苗穂駅、白石駅、厚別駅、森林公園駅、大麻駅、野幌駅、高砂駅、江別駅、幌向駅、岩見沢駅、八軒駅、新川駅、新琴似駅、篠路駅、拓北駅、あいの里教育大駅、石狩当別駅、平和駅、新札幌駅、上野幌駅、北広島駅、島松駅、恵み野駅、恵庭駅、千歳駅、札幌駅のツインクルプラザ
 
小樽フリーきっぷ
札幌駅からの往復JR券に北海道中央バス「おたる市内1日乗車券」がセットになったきっぷです。小樽観光を1日満喫したい人におすすめです。小樽~小樽築港間は、フリーエリアになっているので乗り降り自由です。
 
発売金額:大人1,940円、子ども970円
利用期間:2020年3月31日まで
購入場所:JR北海道の主な駅のみどりの窓口、旅行センター及び主な旅行会社

 

バスの扉は、
どっちが「乗る」でどっちが「降りる」なの?

慣れない土地へ行ってバスに乗る時、乗車口と降車口で迷ったことはありませんか?
自分の街と勝手が違うことが結構あります。
 
基本的に札幌の路線バスは、
 
真ん中が乗車口「乗る」
前扉が降車口「降りる」

 
乗る時に、真ん中の扉にあるICカード読み取り部にICカードをタッチし、降りるときに運賃箱のカード読み取り部にタッチします。
乗る時に整理券が出ている場合がありますが、ICカードの時は必要ありません。

 

市電は外回りか内回りで一周。
ただし、時々一周しないのもある

市電も、

真ん中が乗車口「乗る」
前扉が降車口「降りる」


です。

市電は、どこから乗って、どこで降りても、一周しても乗車料金は大人200円、子ども100円。真ん中から乗りますが、バスのようにICカード読み取りはありません。

乗車料金は降りる時に支払うので、降車口にあるICカード読み取り部をタッチします。
 

札幌の市電 

 
札幌の市電は、ループ状に周回する「外回り 循環」または「内回り 循環」の2系統があります。が、時々市電の方向幕が「中央図書館前」「西4丁目」などの停留場名となっている場合があります。
 

市電の方向幕▲市電の方向幕をチェック

 
その市電は一周せずに、方向幕の電停が終点になります。

なので、藻岩山ロープウェイに行く場合、「すすきの」から外回りに乗って「ロープウェイ入口」に行きたいのに、「外回り 中央図書館前」に乗ってしまうと、「中央図書館前」でいったん降りて、次の外回りを待って「ロープウェイ入口」へ向かうことになります。
そうなると、乗車料金を2度支払うことになります。
 
・「外回り 中央図書館前」に乗った場合

すすきの~資生館小学校前~(中省略)~石山通~中央図書館前(終点)

乗り継いで

中央図書館前~電車事業所前~ロープウェイ入口→藻岩山ロープウェイへ
 
・「内回り」に乗った場合(すすきの~ロープウェイ入口まで乗車約24分)

すすきの~狸小路~西4丁目~(中省略)~西線16条~ロープウェイ入口→藻岩山ロープウェイへ
 
都心部の「すすきの」「狸小路」「西4丁目」の電停から乗って、藻岩山ロープウェイに行く時は、「内回り」に乗れば、「循環」でも「中央図書館前」でも、乗り継ぎなしで「ロープウェイ入口」に行けます。
 
札幌の公共交通に関しては、札幌周辺公共交通案内「さっぽろ駅バスnavi」というサイトが使いやすいと思います。アプリもあるので利用してみてください。
 
公共交通を上手に使って、札幌を楽しんでください。
 
※本記事の情報は、2019年4月現在のものです。
※料金改正・ダイヤ改正などに伴い情報が更新する場合もあります。

 

関連リンク

札幌市営地下鉄
市電(路面電車)
JR北海道(北海道旅客鉄道)
ジェイ・アール北海道バス
北海道中央バス
じょうてつバス
ばんけいバス
さっぽろ駅バスnavi
この記事をSNSでシェアしよう!
  • 札幌観光に便利なきっぷと使える交通系ICカード
Title
Close