北海道情報サイト「北海道ライカーズ」北海道情報サイト「北海道ライカーズ」

what likers

Icon search探す

公開 | 小西 由稀

「サッポロクラシック食堂」檜山振興局マイタケ編①札幌 らっきょ エスタ店500da714 faab 40a3 988a 49088cf2d731

サッポロクラシック食堂の檜山振興局マイタケ編の第一弾は、札幌らっきょエスタ店


ようこそ、「サッポロクラシック食堂」へ。ここでは、北海道の大地に生まれ32周年を迎えた「サッポロクラシック」と、北海道の旬の食材を生かしたメニューを紹介します。料理人、生産者の熱い想いとともに、今宵もおいしく乾杯!

 

第8弾は「檜山のマイタケ」×「札幌 らっきょ エスタ店」

北海道の南西に位置し、日本海に面する「檜山(ひやま)振興局」。道内有数の古い歴史と伝統文化、美しい自然など、さまざまな魅力に溢れるエリアです。新鮮な海産物はもちろん、農業も盛ん。中でも、知る人ぞ知る逸品が「マイタケ」です。
 
檜山振興局のエリアマップ▲檜山振興局のエリアマップ
 

今回は檜山のマイタケを使い、サッポロクラシックに合う料理を、スープカレーの有名店「らっきょ」の代表、イデ ゴウさんにつくっていただきました。

 

サッポロクラシックと一品料理を楽しめる
新しいコンセプトの「札幌 らっきょ エスタ店」

2017年6月にオープンした「札幌 らっきょ エスタ店」は、「大人のスープカレー」をテーマにしたお店。店内の雰囲気も、テーマに沿ってシックで落ち着いた印象です。
 
札幌らっきょエスタ店の店内▲紫とグレーを印象的に使ったエスタ店。JR札幌駅直結の「札幌ESTA」10階にある

 
「蕎麦を食べる前に軽く酒肴で一杯飲む“蕎麦前”のように、スパイスと北海道の野菜を生かした酒肴で飲んでいただける“スープカレー前”を提案しています」と、イデさん。
 
らっきょを束ねるイデゴウさん▲らっきょを運営する(有)SPICE GO GO代表イデ ゴウさん。小・中学校でスープカレーの料理教室を積極的に行っていて、スープカレーを通して北海道の食材の魅力を伝えている

 

香りと食感のすばらしさを味わえる檜山産マイタケ

スープカレーのトッピングでも人気が高いマイタケ。いろいろな産地のマイタケを見てきたイデさんは、その魅力をこう話します。「やはり香り、そして食感ですね。特に質の高いマイタケは、例え粉々になったとしても旨いし、食材が多い料理に使われていても存在感があります」。
 
檜山産のマイタケ▲檜山産のマイタケ
 

檜山産のマイタケの印象は、「特に香りがすばらしい!身がよく締まっていて、食感に弾力があります。これは料理のしがいがありますね」。
 
調理するイデゴウさん

 

スパイスと塩のみ。マイタケの魅力が際立つ

今回、イデさんがサッポロクラシックとの相性を考え、つくってくれた料理が「マイタケと豚肉のサブジ」。サブジとは、インド料理で野菜の炒め煮のこと。スパイスのいい香りが食欲をそそります!
 
マイタケと豚肉のサブジ▲マイタケと豚肉のサブジ500円。サッポロクラシック生480円。サブジとサッポロクラシックを楽しんだ後には、一番人気「本日の道産チキンスープカレー」1350円がおすすめ
 

クミンの香りを移した油で、豚の粗挽き肉とマイタケを炒めて香りをまとわせ、塩で味つけしています。豆の粉でつくったせんべい“パパド”を添えているので、パパドにサブジをのせても、また細かく割ってサブジと合えてもOK。
 
パパドにサブジをのせてもおいしい▲パパドにのせてもおいしい


サブジとパパドをまぜてもおいしい▲パパドを混ぜ合わせて食べてみて!炒めてもなお、シャッキリしている檜山産マイタケ
 

クミンの清涼感のある香りとマイタケの香りが好相性。塩のみの味つけなのでマイタケのおいしさが際立ち、そこに揚げせんべいのパパドのコクがプラスされることで、爽やかなサッポロクラシックにもよく合います。

 

2018年1月中旬までの提供メニュー、お早めに!

今回紹介した「マイタケと豚肉のサブジ」は、2017年12月14日(木)~2018年1月13日(土)の限定メニュー。どうぞお楽しみに!
 
この記事をSNSでシェアしよう!
  • 「サッポロクラシック食堂」檜山振興局マイタケ編①札幌 らっきょ エスタ店

F3ea6fa5 2971 4d12 8e62 077dc40dce4f

Writer

小西 由稀

Title
Close