北海道情報サイト「北海道ライカーズ」北海道情報サイト「北海道ライカーズ」

what likers

Icon search探す

公開 | nobuカワシマ

羽幌炭砿の廃坑跡と羽幌炭礦鉄道の廃線跡を巡る

羽幌炭砿跡
 
 
日本海のオロロンライン沿いにある羽幌町は、かつて炭鉱の町として繁栄しました。町中心部から東に20km少々の山中には、かつての選炭工場や貯炭場をはじめ、旧小学校や炭鉱住宅、鉄道跡などが朽ち果てた姿で点在しています。賑わいをみせた“ヤマ”(炭鉱)の跡を、地元のガイドさんと一緒に歩いてきました。
 
 
羽幌炭砿跡と羽幌炭礦鉄道跡▲「羽幌炭砿(ヤマ)の案内人」の方々に案内してもらいました
 
 

羽幌炭砿と羽幌炭礦鉄道は一心同体

羽幌炭砿の操業開始は1940(昭和15)年。石炭輸送を担った羽幌炭礦鉄道(株)が炭鉱経営を担いました。
鉄道が開通したのは翌1941(昭和16)年。山中にあった炭鉱から海沿いの築別までが羽幌炭礦鉄道、築別から先は日本海沿いに国鉄羽幌線が開通し、旅客輸送と石炭輸送が始まりました。
 
 
築別駅跡▲かつて築別駅があった跡地で昔の築別駅の写真を見せてもらいました
 

羽幌炭砿の石炭は純度が高く質がよいと重宝され、年々出炭量が増加。1968(昭和43)年にピークを迎えました。
ところが翌年、鉱脈が断層にぶつかり出炭が進まなくなり、国のエネルギー政策の転換も受け、1970(昭和45)年に羽幌炭砿が閉山。羽幌炭礦鉄道の路線も廃止されました。
30年間で出炭した石炭総量の倍以上も埋蔵量を残したまま、”ヤマ”の灯が消えてしまったそうです。
 
 
羽幌の石炭露頭▲河原には石炭層が露出した場所が現在もあります
 

では、かつての鉄道跡をたどりながら山の中へと進み、炭鉱があった工場や街並の跡を巡ってみます。
 
 

かつての鉄道跡が各所に点在、橋脚は必見!

羽幌町内から最初に向かったのは築別駅跡。
 
 
築別駅跡▲近隣の方が大切に保存しているという駅名盤も見せてくれました
 
 
築別駅跡▲草むらの中にかつてのホームを発見!かつてはここを列車や貨車が往来していたと思うと、ちょっと感慨深いです
 

しばし駅跡探索をしたのち、線路跡に沿って山の中へと進んでいきます。途中の見どころは築別川にかかる橋脚跡。
 
 
羽幌炭礦鉄道跡▲風光明媚な沿線だったのでしょうね。新緑や紅葉の頃、車窓からの眺めが綺麗そうです
 

建設当時、国内はちょうど第二次世界大戦の真っただ中。戦時下での建設資材の確保は困難だったため、鉄道の橋脚は、改修工事で不要となった国内各地の中古品をかき集めて継ぎ足して建設されたそうです。
 
 
羽幌炭礦鉄道▲第三橋梁跡。中古品の寄せ集めなので橋脚の長さや幅が不揃い。アンバランスな姿がこの鉄道の特徴です
 
 
羽幌炭礦鉄道跡▲斜面を登って橋脚の上を眺めることも可能。でも橋脚を歩くのは危険なので進まずに(事故や怪我などはすべて自己責任です…)

 
鉄道跡を巡った後は、いよいよ羽幌炭砿の跡地へと足を踏み入れます。

 

かつての威容と繁栄を感じる炭鉱跡

羽幌炭砿は、築別炭砿、羽幌本坑、上羽幌の3地区ある炭砿の総称。今回は築別炭砿周辺に残る生活の跡と、羽幌本坑に残る炭鉱跡の一部を紹介します。
 
 
羽幌炭砿跡▲築別炭砿の貯炭場(ホッパー)跡
 

築別炭砿での見どころは、貯炭場(ホッパー)のほか、炭鉱アパートと太陽小学校。
 
炭鉱アパートは鉄筋コンクリートの4階建てで、4棟あります。1969(昭和44)年に建てられましたが、翌年閉山となってしまっため、住民が住んでいたのは1年足らずだったそうです。
 
 
羽幌炭砿跡▲当時は最先端の建物だったそうですが、今は自然の中へと還りつつあります。この先は立入禁止エリア。勝手に入って何か起きても知りませんよ…!
 
 
羽幌炭砿跡▲代表的な遺構には各所案内表示があります。基本的に案内表示までは立入オッケー、その先はNGです
 

もう一つの見どころ、太陽小学校は昭和37年に誕生した円形体育館と、昭和42年に新築された校舎が残っています。こちらも炭鉱閉山後の昭和46に閉校。その後宿泊研修施設として活用された時期もありましたが、今は使われていません。
 
 
羽幌炭砿跡▲学校として利用されたのはわずか4年。当時の子どもは新築の校舎ではしゃいでいたのでしょうかね~?
 
 
羽幌炭砿跡▲円形体育館。扉や壁などよく見るとだいぶ崩れているのですが、遠くから見るととても綺麗な形
 

校舎や体育館の中に入ることはもちろんNG。外から佇まいを眺め、まわりの風景を見比べ、かつての繁栄と隆興を想像しながら想い偲びましょう。
 
 
羽幌炭砿跡▲校舎や体育館の周囲には草むらが広がります。かつてはグラウンドがあり、周囲には住宅が立ち並んでいたそうです

 
築別炭砿地区から羽幌本坑地区へと移動し、炭鉱施設跡を探索します。

 

いよいよ”ヤマ”の跡の本丸へ

羽幌本坑地区には主に、垂直に掘削された坑道の運搬立坑、石炭を選定する選炭工場、選定した石炭を貯めておく貯炭場が残っています。
 
 
羽幌炭砿跡▲右奥が運搬立坑で、羽幌炭砿のシンボルタワー的な存在。手前が貯炭場です
 
 
羽幌炭砿跡▲高さ地上40mの運搬立坑の上には羽幌炭礦鉄道(株)の社章も残っています
 

こちらも建物内は老朽化が進んでいて危険なので立入禁止です。
ただ、今回取材撮影のため特別に中へ入らせてもらい、一部を撮影しました。
 
 
羽幌炭砿跡▲閉山時に売却する大型機械を取り出すため壁にあけたという大穴。炭鉱の心臓部がなくなると、あとは自然がなすがまま…
 
 
羽幌炭砿跡▲コンクリートの床が崩れて穴が開いていたり、手すりのない階段がゆがんで傾いていたり…。工場内はかなり風化していました
 
 
羽幌炭砿跡▲見上げると運搬立坑が見守るように建っていました
 
 
羽幌炭砿跡▲選炭場上から眺めた羽幌炭砿地区。かつてはここに鉄道路線があり、住宅や商店もずらりと並んでいたというのが信じられない風景です
 
 
半世紀近くも風雪に晒され朽ちた工場跡や、自然に還りつつある炭鉱街の跡。往時を偲びつつ、かつての賑わいを想像するのもまた一興。”ヤマ”の跡には、歴史を風化させずに伝えていくという社会的役割があるとともに、先人たちのメッセージを何か託されている場のようにも感じました。みなさんならどんなことを思い描きますか?

※羽幌炭砿での炭鉱表記について
本記事では当時の名称にあわせて以下のように使い分けをしています。
炭鉱=鉱業所・事業所など一般的な呼び名として使用
炭砿=当時使用されていた羽幌炭砿の名称として使用
炭礦=羽幌炭礦鉄道の社名として使用
 
※注意
羽幌炭砿エリアの施設や遺構などは老朽化していて、大半の施設は中への立入や間近への入場は禁止されています。探索の際はじゅうぶん気を付けてください。仮に事故や獣害に遭われたとしても、北海道Likersをはじめ地元ガイドや行政機関なども一切責任を負いかねます。

 

取材協力

羽幌観光協会(0164-62-6666)
沿岸ハイヤー(0164-62-1551)
この記事をSNSでシェアしよう!
  • 羽幌炭砿の廃坑跡と羽幌炭礦鉄道の廃線跡を巡る
Title
Close