北海道情報サイト「北海道ライカーズ」北海道情報サイト「北海道ライカーズ」

what likers

Icon search探す

公開 | 孫田 二規子

利尻島で水平線に沈む夕日を眺めに。「夕日ヶ丘展望台」

利尻富士町の鴛泊(おしどまり)港フェリーターミナルから車で10分。標高約56mの「夕日ヶ丘展望台」は、島の北側に位置する夕日の絶景スポット。日没が近づくと、空も海も山も町もすべてが夕焼け色に染まります。


利尻島の夕日ヶ丘展望台


「夕日ヶ丘展望台」があるのは、小高い丘の上。


利尻島の夕日ヶ丘展望台


駐車場に車を止めたら、階段で上まで上ります。


利尻島の夕日ヶ丘展望台


途中はなだらかな道が続きますが、てっぺん付近は少し険しめ。短い距離ながら緩急がきいた道のりです。


利尻島の夕日ヶ丘展望台


展望スペースは、剥きだしの岩肌が間近に見える、10人も集えばいっぱいになりそうな、そう広くない場所。

そこから撮った夕日がこちら!手前に見える小さな島は「ポンモシリ島」、そして左手に広がる台地は「富士野園地」です。​このアングルだと通常は、水平線に浮かぶ礼文島の島影が見えるのですが、この日はちょうどそのあたりに雲があって拝めず。礼文島は利尻島とは違い、天気がよくなかったようです。


利尻島の夕日ヶ丘展望台


背中側には凜々しい立ち姿の利尻山が見えます。裾野に広がる利尻富士町の町も、ほんのり夕焼け色に染まっていました。季節や天気によっては、もっとオレンジ色が濃くなることもあるみたい。


利尻島の夕日ヶ丘展望台からみたら利尻山


この日は私たちの他に数人が集まっていましたが、みな口数少なに、この景色を眺めていました。ずっと聞こえていたウミネコの鳴き声も、日が沈むとともに静かに。周囲の色が少なくなり、夜の始まりです。


利尻島の夕日ヶ丘展望台


夕景観賞は、日没時間の30分〜40分前からスタンバイし、最も夕焼けがきれいに見えるという日没後〜30分後のマジックアワーも楽しむのがツウ。​頂上まで行くのが難しい人は、途中の展望スポットからも眺めることができますよ。

ちなみに私たちは日が沈むか沈まないかのタイミングで南へ移動し、「姫沼」近辺でマジックアワーを過ごしました。その時に「ペシ岬」方面を撮影した写真がこちらです。岬の上で光るのは、灯台の灯り。ここもきれいでしょ?みなさんも自分なりのベストポジションを見つけてみては。


利尻島の姫沼近辺からみたペシ岬
この記事をSNSでシェアしよう!
  • 利尻島で水平線に沈む夕日を眺めに。「夕日ヶ丘展望台」
Title
Close