北海道情報サイト「北海道ライカーズ」北海道情報サイト「北海道ライカーズ」

what likers

Icon search探す

公開 | チバタカコ

北海道のデザインマンホール総集編(2)

北海道のデザインマンホール
 

北海道Likersのfacebookでは、道内各地で見つけたデザインマンホールを一つずつ紹介してきました。ライターが取材先で見つけたもの、北海道Likersファンの皆さんが送ってくれたものなど、気づけばなんと30個以上も集まっていました。なので、このあたりで総集編としてまとめてみました。
 
 

石狩(厚田)、様似、旭川、東川のデザインマンホール

厚田郡厚田村は、2005年10月1日に浜益村と共に石狩市へ編入され、石狩市厚田区になりました。鮭、夕日、稲穂、国道231号線沿いにあるルーラン海岸がモチーフのようです。鮭の上にあるのは義経の涙岩でしょうか。
 

石狩厚田のデザインマンホール撮影:M.S
 

様似町のデザインマンホールは、ユネスコ世界ジオパークに認定されているアポイ岳ジオパークの「アポイ岳」がモチーフ。周囲の花は高山植物をイメージしているのでしょうか。

 
様似町のデザインマンホール
 

旭川市で見つけたデザインマンホールは、市民の木「ナナカマド」がデザインされていました。これ、カラーはあるのでしょうか?ナナカマドだから色がついているときれいだろうなぁ。
 

旭川のデザインマンホール撮影:ree9123

 
1985年に「写真の町」を、2014年には新たに「写真文化首都」を宣言した東川町のマンホールは、写真の町らしくカメラとフィルム、そして旭岳と稲穂がモチーフでした。
 

東川のデザインマンホール撮影:北海道Likersライター 小西由稀
 
 

帯広、足寄、上士幌、幕別(忠類)、鹿追のデザインマンホール

「学生時代から北海道にあこがれてもう40年弱。帯広空港にあるカラーマンホールです」と北海道Likersファンの方が寄せてくれた帯広市のデザインマンホール。可憐なスズランの花がモチーフです。
 

帯広市のデザインマンホール撮影:高田哲也
 

同じく市内のマンホール写真もあるのですが、同じデザインでも印象が違いますね。
 

帯広市のデザインマンホール撮影:ree9123

 
足寄町のデザインマンホールは、足寄町の「足」の字をモチーフに誕生したゆるキャラ「アユミ」ちゃんがデザインされています。手にしているのは、足寄の特産「ラワンふき」でしょうか。
 

足寄町のデザインマンホール撮影:撮影:矢ヶ崎浩美

 
十勝地方にある上士幌町といえば、有名なのが北海道バルーンフェスティバル。北の大空を彩る熱気球と町花のスズランがデザインされています。
 

上士幌のデザインマンホール撮影:撮影:矢ヶ崎浩美
 

幕別町で見つけたのは、ナウマンゾウがデザインされたものです。ナウマンゾウの化石が発見されたのは旧忠類村。2006年に幕別町に編入合併しました。
 

幕別町(旧虫類村)のデザインマンホール撮影:伊達敦
 

鹿追町の然別湖畔で見つけたデザインマンホールに描かれていたのは、鹿追町の伝承「白蛇姫物語」。飢餓で困っていたアイヌの人たちに、神様が白蛇を使いにオショロコマのいる然別湖まで案内したというものです。
 

鹿追町の然別湖畔のデザインマンホール
撮影:諏訪智也

 

釧路(阿寒)、北見、愛別、遠軽、浜中(茶内)のデザインマンホール

阿寒と言えば阿寒湖のまりも、そしてタンチョウが有名です。それらがデザインされたカラーマンホールは色鮮やかですね。

 
釧路(阿寒)のデザインマンホール撮影:吉田弘美
 

阿寒湖温泉街にはまた別のデザインマンホールがありました。


釧路(阿寒)のデザインマンホール

 
北見、端野、常呂、瑠辺蘂の4自治区の特色がモチーフになった北見市のこのデザインマンホールは、昨年新デザインの募集があり、164作品の中から選ばれたものだそうです。
 

北見市のデザインマンホール撮影:矢ヶ崎浩美
 

「きのこの里」として有名な愛別町のマンホールは、やっぱりきのこで、町のマスコット「あいちゃんマン」がデザインされています。
 

愛別町のマンホール撮影:高田哲也
 
 
遠軽町で網走土木現業所のデザインマンホールを見つけました。道庁赤レンガのデザインです。これは…道内各地にあるのでしょうか?
 

遠軽町網走土木現業所のデザインマンホール
 
 
浜中町茶内のデザインマンホールは、牛やリス、サイロなどがモチーフ。ちょっとマンガチックなキャラクターがかわいいですね。
 

浜中町茶内のデザインマンホール撮影:ree9123
 
 
道内179市町村のうち、北海道Likersがあつめたのは今のところ約30個。しかも、同じ町でもデザインが違うものもあり、まだまだ探し甲斐があるというものです。北海道Likersも取材先で足元を注意して見ていますが、「うちの町には、こんなのあるよ!」「新しいデザインマンホールあったよ!」というものがあれは、ぜひ、北海道Likersまで教えてください。

デザインマンホールがまたたくさん集まったら、総集編(3)で紹介しますね。

あなたの街のデザインマンホールは、どんなのですか?
この記事をSNSでシェアしよう!
  • 北海道のデザインマンホール総集編(2)
Title
Close