北海道情報サイト「北海道ライカーズ」北海道情報サイト「北海道ライカーズ」

what likers

Icon search探す

公開 | チバタカコ

すべて1点もの、釧路の小さな帽子屋「Le Reve」

釧路の「Le Reve(ル・レーヴ)」


一つひとつ手づくりで、一つとして同じものがない、世界でたった一つのオリジナル帽子をつくっているのが、釧路の「Le Reve(ル・レーヴ)」です。生地の組み合わせは無限大、見てビビビ!ときたら、それは帽子があなたを呼んでいる証拠です。
 

2011年、北海道の道東、
釧路市に誕生した「Le Reve(ル・レーヴ)」

「帽子が好きで、よく帽子屋さんに行っていたのですけど、いいなぁと思ったら結構値段が高くて、『これなら私でもつくれるんじゃない?』と思ったのが、そもそもの始まりでした」と話してくれたのは、釧路市にある帽子専門店「Le Reve」の圓館(えんだて)和貴子さん。代表であり、デザイナーであり、帽子職人、つまり、たった一人で切り盛りしています。
 

帽子専門店「Le Reve」の圓館和貴子さん▲帽子専門店「Le Reve」の圓館和貴子さん。「他所で出店する時の搬出入とか、時々主人が手伝ってくれますけど、基本的にすべて一人でやっています」
 

欲しい帽子はあるが高くて買えない、だったらつくってしまえ!と圓館さんが考えたのは、服飾専門学校で学んだという基礎があったから。しかし、学んだのは洋服であって、帽子は手掛けたことがありませんでした。そこで、専門学校時代の恩師のところに出向き、「帽子をつくりたい。基本だけでいいから教えてください」と懇願したそう。
 

帽子専門店「Le Reve」の圓館和貴子さん▲「帽子の魅力は、同じ服を着ていても、帽子一つでイメージがガラリと変わるし、おしゃれ度がアップするところ。そういうパワーが帽子にはあると思います」と圓館さん
 

そこから型紙を起こし、帽子づくりが始まりました。最初は自分のほしい帽子を趣味の範囲でつくっていましたが、それを見た友人たちから「私にもつくって!」と頼まれるようになり、口コミで広がっていったそうです。そして2011年、帽子専門店「Le Reve」を立ち上げました。 
 

生地の組み合わせは無限大、
その日の気分とインスピレーションで

「Le Reve」の帽子は、ハットをメインに、キャップ、ベレー帽など種類は6パターン。一種類の生地でつくることもありますが、それはかなり稀で、基本的にはパッチワークのように、複数の生地を組み合わせてつくります。
 

釧路の帽子専門店「Le Reve」▲自宅2階がアトリエ兼ショップ。形は同じでも生地の柄、色、素材の組み合わせで、一つとして同じ帽子がありません
 

生地の組み合わせパターンには、何か法則はあるのですか?
 
「何も、全くありません(笑)。組み合わせを選ぶ時はまず、床に生地を広げで、その日の気分やインスピレーションで決めます。なので、できる時はパッパッとできるのですが、いまいち気分が乗らなくて、できない日もあります。また、翌日にその組み合わせを見て、『え~、これはないよなぁ~』とやめてしまう時もあります」。
 
つまり「Le Reve」の帽子は、圓館さんの感性そのもの。
 
 
帽子専門店「Le Reve」の圓館和貴子さん▲一つつくるのに2時間半~4時間ほど。1日につくれるのは、がんばって3つ
 

釧路の帽子専門店「Le Reve(ル・レーヴ)」▲必ず1日1つはつくるようにしているそうです
 

「Le Reve」の帽子は、WEBから通販で購入することができますが、オーダーメイドも受け付けているそうです。オーダーの時は、圓館さんから生地のパターンを提案しているそうですが、「それでもほとんどが、おまかせです」と圓館さん。
 
「Le Reve」の帽子が気に入った人は、つまりは圓館さんの「気分とインスピレーションで選ぶ組み合わせ」が好きということなので、オーダーでもおまかせというのはうなずけます。
 

「Le Reve」のミニポーチ▲帽子の形をしたミニポーチもつくっています。これ、めんこいです

 

釧路発、アメリカ進出!を目指して

今は、自宅のショップを中心に、釧路市内のカフェや洋服屋で委託販売をしたり、ハンドメイドのイベントに出店するなどして販路をつくっているそうですが、圓館さんの大きな夢は「アメリカ進出」だとか。


釧路の「Le Reve」 

 
「パリなどヨーロッパはブランド志向だけど、アメリカは何でもウエルカム!だと思うんです。帽子一つでも勝負できるんじゃないかと思っていて」と、瞳がキラリ。
 
実は「Le Reve」の意味は、フランス語で「夢」。「Dreamでもよかったんですけど、市内にドリームっていうパン屋さんがあったので(笑)、フランス語にしました」。
 
北海道の道東から、いつかはアメリカ!という夢を持って、釧路の小さな帽子屋さん「Le Reve」では、今日も世界に一つしかない帽子をつくり続けています。
 

関連リンク

Le Reve(ル・レーヴ)
Le Reve facebookページ
この記事をSNSでシェアしよう!
  • すべて1点もの、釧路の小さな帽子屋「Le Reve」
Title
Close