北海道情報サイト「北海道ライカーズ」北海道情報サイト「北海道ライカーズ」

what likers

Icon search探す

公開 | チバタカコ

北海道最古のお寺、上ノ国町「上國寺本堂」

上ノ国町「上國寺本堂」  

上ノ国町にある「上國寺本堂」は、18世紀に建てられたと考えられており、道内に現存する寺院としては最古と言われています。北海道の歴史を見続けてきたお寺に、お参りに行きませんか?

 

道内最古の寺院建築「上國寺本堂」

上ノ国町にある「上國寺本堂」は、開基(寺院を創立すること)が1443(嘉吉3)年と伝わる北海道最古のお寺で、国の重要文化財に指定されています。当初は真言宗に属していましたが、江戸時代中期より浄土宗に改宗され現在に至っています。
 

上ノ国町「上國寺本堂」  ▲上ノ国町の「上國寺本堂」
 

本堂の内陣天井の支輪(※1)に「宝暦八寅年」の墨書があること、昭和4年の修理時の板札に「…宝暦七年ニ本堂庫裏一度ニ建立」とあること、虹梁(※2)の彫刻模様が18世紀に一般的に用いられているものであることなどから、1758(宝暦8)年の建立と考えられているそうです。
この頃の江戸幕府は、徳川将軍9代家重から10代家治の時代。ちなみに徳川家治の時代の老中は、あの田沼意次です。


上ノ国町上國寺本堂 
 

上ノ国町「上國寺本堂」  の木鼻▲木鼻(像鼻)と呼ばれる装飾
 

本堂の正面に木鼻(像鼻)と呼ばれる装飾があります。古いものは単純なつくりですが、時代が新しくなるにつれて次第に複雑で豪華なものになっていくそうです。上國寺のものはシンプルなデザインなので、古い時代のものであることがわかります。
 

 上國寺本堂▲上國寺本堂の隣に事務所があります。本堂の中でお参りをする時は、一声かけてお参りしましょう
※写真提供:上ノ国教育委員会
 

決して広い境内ではなく、コンパクトな小さなお寺です。そして、北海道最古の古刹ですが重々しい重圧感はなく、その佇まいは穏やかで静か。すぐ前に海が見えるせいか、さわやかな開放感すら感じました。
上ノ国町へ行ったら、ぜひ時間をとって上國寺をお参りしてみてくださいね。

 

上國寺の大エノキ

上國寺取材の時、たまたま居合わせた町内の人から「上國寺の裏山に、でっかいエノキがあるの知ってるかい?」と声をかけられました。樹齢500年を超えるそうで、幹周が約5mの大エノキだとか。エノキまでのルートを教えてもらったのでチャレンジ!…したのは、カメラマンだけ。
 

上ノ国町上國寺裏山の大エノキ▲上國寺裏山の大エノキ
 

カメラマンによると、そこまでたどり着くのに道があるわけではなく、雑草をかき分け、急斜面を登り、かなり危ない道のりだったとか。たまたまルートを教えてもらえたので、近くまでは行けましたが、大エノキは相当危険な場所にあるので、そばまでは行けないそうです。ここは北海道、ヒグマとの遭遇だってあり得ますからね。上國寺に守られてきたであろうエノキは、これからもゆっくりとその樹齢を重ねていくはずなので、そっとしておくのがいいかもしれません。

 

上ノ国町の道内最古建築物エリア

実はこの上國寺の隣には、現存する道内最古の神社と言われる「上ノ国八幡宮本殿」があり、またその隣には、道内最古の民家と言われる「旧笹浪家住宅」があります。つまり、道内最古のお寺、神社、民家が並ぶ道内最古建築物エリアなのです。

 
左から、旧笹浪家住宅、上ノ国八幡宮本殿、上國寺本堂▲左から、旧笹浪家住宅、上ノ国八幡宮本殿、上國寺本堂
 

上ノ国町へ行ったら、ここは見逃してはいけないスポットです!
 

※1 支輪(しりん):天井と壁面の境を湾曲させたり、飾り面を取付けたもの
※2 虹梁(こうりょう):梁の一種で、虹のようにやや弓なりに曲がっている梁

 

関連リンク

上ノ国町
この記事をSNSでシェアしよう!
  • 北海道最古のお寺、上ノ国町「上國寺本堂」
Title
Close