北海道情報サイト「北海道ライカーズ」北海道情報サイト「北海道ライカーズ」

what likers

Icon search探す

公開 | チバタカコ

リボンちゃんが…還暦!?2017年はリボンちゃん誕生60周年500da714 faab 40a3 988a 49088cf2d731

2017年60周年を迎えたリボンちゃん
 
北海道限定の炭酸飲料リボンナポリンなどRibbonブランドのキャラクターと言えば、リボンちゃん。赤いワンピース、大きな赤いリボン、くりくりした目がめんこいリボンちゃんですが…なんと、リボンちゃんは今年で誕生60周年!

 

2017年はリボンちゃん誕生60周年

北海道の人には、リボンシトロンやリボンナポリンでおなじみのRibbonブランド。そのキャラクター「リボンちゃん」は、今年で誕生60周年を迎えます。

 
リボンちゃんは、今年で誕生60周年▲リボンちゃんは、今年で誕生60周年
 

1957(昭和32)年に、Ribbonブランドのキャラクターをつくるにあたり、国内外約50種類もの作品から検討されましたが、なかなかぴったりくるものがなく、そんな時にオーストラリアのサンプルフィルムに登場するシンプルな線と無駄のない動きのキャラクターが目に留まり、それがヒントとなってリボンちゃんが誕生しました。
 
 
時代とともに変化したリボンちゃん▲時代とともに、ちょとずつ表情は変わりましたが、愛嬌のあるリボンちゃんは変わらずそのままです
 

ワニを連れたリボンちゃん▲オーストラリアのキャラクターをベースにつくられたので、ワニを連れていたこともあります。これ、覚えている人いますか?


リボンちゃん誕生のCM▲昭和32年頃のCMです!この頃はまだ白黒テレビの時代、60年の歴史を感じます
 

「えー!リボンちゃんって還暦!?」とびっくりした人も多いでしょう。いえいえ、誕生60周年ですが、実はリボンちゃんは発想力が豊かで楽しいことが大好きな、永遠の小学校1年生の女の子、なんです!
 

リボンちゃんは、永遠の小学校1年生▲リボンちゃんは、永遠の小学校1年生

 

シトロンとナポリン、そして「Ribbon」ブランドの始まりは?

リボンシトロンとリボンナポリンは、実はかなり古い歴史があります。シトロンの発売は1909(明治42)年、ナポリンは1911(明治44)年、なんとともに誕生してから100年以上!

 
1909年発売当時のシトロン▲1909年発売当時のシトロン。外国のビールのようなデザインです
 

シトロンは、発売当時ヨーロッパで体に良いと飲まれていたレモン水を参考に、かんきつ系清涼飲料水として発売されました。シトロンとは、レモンに似た最も古いかんきつ類の一つで、日本にも「丸仏手柑(まつぶつしゅかん)」と呼ばれて伝わっているそうです。ところが、売れ行きが好調になると類似品が続出したことから、「他の商品と差別化を図ろう!」と誕生したのが「Ribbon」ブランドです。
「リボン」という名前は、「飲料水に長く使用できる名前」という目的で、1913(大正2)年に社内公募の中から選ばれたそうです。

 
1952年(左)と1970年のシトロン▲1952年(左)と1970年のシトロン

 
1972年(左)と1997年のシトロン▲1972年(左)と1997年のシトロン。この辺りから、なんとなく記憶にあるという人も多いのでは?
 

ナポリンは、第2次世界大戦の影響で一時販売を中止した時期もありましたが、戦後の1954(昭和29)年、ナポリンの復活要望が特に強かった北海道で限定販売を開始し、今に至ります。
 

1911年、発売当時のナポリンのラベル▲1911年、発売当時のナポリンのラベル
 

1970年(左)と1972年のナポリン▲1970年(左)と1972年のナポリン

 
1997年のリボンナポリン▲1997年のナポリン。懐かしいデザインです

 
1963年のポスター▲1963年のポスター
 

シトロンがリボンシトロンになったのは1915(大正4)年、ナポリンがリボンナポリンになったのは1968(昭和43)年。ナポリンが1911年5月23日に初めて発売されたことを記念して、2016年には「5月23日はリボンナポリンの日」(一般社団法人日本記念日協会)としても登録されました。

 

リボンナポリンの謎

ところで「ナポリン」の名前の由来、知っていますか?色がオレンジなので「スパゲティナポリタン」が由来…とまことしやかに言われていますが、実は「ナポリン」とはイタリアの都市「ナポリ」にちなんで名づけられました。
発売当時は、「ブラッドオレンジ果汁」を使用していたと言われており、ブラッドオレンジは地中海を代表するかんきつ類であることから、地中海の代表的な都市「ナポリ」にちなんだそうです。

 
1963年のポスター▲1963年のポスター。「おとながのんでもおこらないでね」のコピーは、想像するに、子どもだけではなく、大人にも大人気の飲料だったということなんでしょうね
 

では、ナポリンはオレンジ味なのか?と言うと、そうではありません。北海道の気候に合わせて開発されたやさしい甘味は、ずばり「ナポリン味」。この味と色は、ナポリンだけのオリジナルだそうです。

 

リボンちゃんのノベルティを探せ!

物持ちのよい昭和生まれの人なら、まだ大事に持っているかもしれないのが、リボンちゃんのノベルティグッズ。グラスや栓抜きなど、食器棚の奥にありませんか?
北海道Likersは、発見しましたよ!くるくる回るリボンちゃんグラスです。いやー、懐かしい!皆さんの家にも、リボンちゃんグッズはありませんか?


リボンちゃんノベルティ、くるくるグラス
 
 

 
道産子にとっては、子どもの頃の懐かしい思い出や楽しい記憶と一緒に、いつもそばにあるのがリボンシトロンとリボンナポリンです。誕生して60年を迎えたリボンちゃんは、私たち道産子の愛すべきキャラクターで、これからもいろいろな場面で出会うことたくさんあるはずです。北海道Likersも今年で5周年を迎えました。リボンちゃんに比べたら、まだまだひよっこですが、北海道のために一緒に盛り上げていきたいと思います。リボンちゃん、一緒にけっぱるべー!

 

関連リンク 

Ribbonブランド
ポッカサッポロ北海道
この記事をSNSでシェアしよう!
  • リボンちゃんが…還暦!?2017年はリボンちゃん誕生60周年
Title
Close