北海道情報サイト「北海道ライカーズ」北海道情報サイト「北海道ライカーズ」

what likers

Icon search探す

公開 | 大宮 あゆみ

地下鉄で行く!札幌市豊平区の新鮮野菜直売所『八紘学園』

相次ぐ台風上陸で甚大な被害をこうむった北海道。日本の食糧生産基地としての機能を期待される北海道農業は壊滅的な打撃を受けました。台風の被害は北海道だけではなく、全国各地の農産品にも大きな被害がでています。
市場では一部の野菜が高騰。私たち庶民のお財布からも悲鳴が聞こえてきそうです。そんな時こそ頼りになるのが直売所。産地に点在する生産者が営む直売所は、週末ともなると遠方から買い出しにやってくる人たちの車で駐車場にも入られないほどの賑わいです。行きたくても足がないの…というアナタ、あきらめるのは早いですよ!札幌市内に地下鉄で行ける新鮮野菜直売所があるんです!

 

週3回、謎の行列の先にあるものは…

地下鉄東豊線『福住』駅2番出口から徒歩約10分。そびえたつマンション街を抜けると一変、一面の田園風景が広がる都会のオアシスのような場所があります。そこが学校法人八紘学園 北海道農業専門学校です。


とうもろこし▲収穫を終えたトウモロコシ畑。市内で朝もぎの新鮮トウモロコシをその日のうち購入できる数少ないスポット


収穫直前のタマネギ▲収穫直前のタマネギ


ここは、将来農業に携わる仕事をしたいと志す若者が全国から集まってくる農業専門の学校です。園芸コースには野菜科、花き科、果樹科があり、そのほかに畜産コースもあります。


八紘学園農業専門学校の敷地内にある直売所の看板▲道路沿いに立つこの看板が目印


敷地内にある農産物直売所では、学生たちが毎日欠かさず世話を続けて丁寧に育てた野菜の販売が行われています。品目数は30以上。朝採りの野菜たちがきれいに袋詰めされ、陳列棚を埋めていきます。


目印ののぼりと軽トラック▲この緑ののぼりが学園産野菜直売所の目印


カットカボチャ▲大きなカボチャはカットされて販売されていると買いやすいですね


レタス▲特に葉野菜は鮮度がわかりやすい。このレタスの瑞々しさは、直売所ならでは!


ピーマン▲ピッカピカのピーマン。生でも美味しい


育てるのも、収穫するのも、袋詰めするのも、販売するのも学生です。この直売所は、授業のひとコマ。学生たちの実習の場です。毎朝夜明けとともに収穫作業をはじめ、直売所開店の10時に間に合うように販売の準備をします。中でも人気が高いのはトマト類。買い物客に話をきくと「トマトを買いに来たの。八紘さんのトマトはね、味が濃くて昔懐かしい風味があるんだよ。ここの食べちゃったらよそのは買う気がしなくてね~」と嬉しそうに話してくれました。


規格外のトマトも格安▲規格外品をリーズナブルに購入できるのも直売所のうれしいところ


ミニブーケ▲花き科の学生がアレンジしたミニブーケもかわいい


花き科の切り花▲切り花もリーズナブルなのでついたくさん買ってしまいそう


りんご▲長蛇の列を作る果樹科コーナー。旬の果物がこの価格!


八紘学園産の野菜直売は毎週月・水・金曜の3日間(10:00~16:00まで営業、売り切れた時点で終了)。開店前には朝採りの新鮮野菜を求めて多くの人が駆けつけて列を作ります。

 

札幌近郊産の新鮮野菜コーナーは通年営業

学園産の直売所は週3回でシーズン中のみの営業(今年は10月31日終了予定)ですが、敷地内には通年で営業している野菜直売所もあります。こちらは、札幌近郊の5つのJAが協力し合い生産者と安全・安心の確保に取り組むという約束をベースにうまれた「さっぽろハーベストランド」ブランドの野菜が販売されています。旬の野菜だけではなく、味噌やトマトジュースなどの加工品も人気。シーズン中は木曜定休、冬期間は土・日・月の週3回、10:00~16:00までの営業となります。


直売所外観▲手前のサイロのある建物が通年営業のJA運営の野菜直売所。奥に見える平屋の建物が八紘学園の直売所(月・水・金曜のみ営業)

 

真冬でもアイスを食べるのが北海道人!?

八紘学園では敷地内に約60頭の乳牛を飼育しており、そのうち常に40頭ほどから毎日搾乳し「ツキサップ牛乳」としてさっぽろハーベストランドの直売所で販売しています(900mlで370円)。また、このツキサップ牛乳を使用したほどよい酸味のドリンクタイプのヨーグルト「ツキサップヨーグルト」(900ml1470円)もぜひお試しを。
さらに、八紘学園といえば!のアイテムが「ソフトクリーム」。しぼりたてのミルクで作るソフトクリームは、ミルクの香りがしっかり残り、濃厚な風味を楽しめます。今年は11月6日まで販売中。寒くてもソフトクリームやアイスクリームを年中食べるのが道産子。寒くてもなんのその。美味しければ食べるんです。地方の酪農地帯へ出かけなくても、札幌市内でこんなに美味しいソフトクリームを食べられるなんて、本当に贅沢なことですね。


ソフトクリーム▲八紘学園の絶品ソフトクリーム。せっかく来たなら食べないと後悔するよ!


学生たちの直売所及び、乳製品の販売、今年は残すところあとひと月ほど。旅行で札幌滞在の予定がある方も立ち寄ってはいかが?
この記事をSNSでシェアしよう!
  • 地下鉄で行く!札幌市豊平区の新鮮野菜直売所『八紘学園』
Title
Close