北海道情報サイト「北海道ライカーズ」北海道情報サイト「北海道ライカーズ」

what likers

Icon search探す

公開 | 宮永 明子

今年は「北海道新幹線」PRも! 東京で北海道のもち米でついた餅を味わう!「せんだがや餅つき大会」

 「東京駅スペシャルジャック&北海道 つながる物産・観光祭」でのモザイクアート除幕式の様子


毎年12月初旬に東京渋谷区千駄ヶ谷の鳩森八幡神社で開催されている「せんだがや餅つき大会」は、30年以上前から続く伝統行事。5年ほど前から北海道ブランドもち米「はくちょうもち」の新米を使用した三色餅を500名に無料配布しています。今年は、来年3月26日開業の「北海道新幹線」PRも行われ、子どもたちも大興奮の伝統行事に行ってきました!

                            

東京千駄ヶ谷の伝統行事で北海道の美味しいお餅を味わって!

千駄ヶ谷の地域振興や子どもたちへの伝統行事の継承を目的に、千駄ヶ谷グリーンモール(千駄ヶ谷大通り商店街振興組合)で行っている謝恩イベントが「せんだがや餅つき大会」です。5年ほど前から北海道のブランドもち米の新米をつき、町の方々、500名に無料配布。北海道のお餅の美味しさを発信しています。


「せんだがや餅つき大会2015」の様子 ▲朝早くからお持ちの引換券をもらいに、多くの人でにぎわいました


今年は140キロの新米を渋谷区長はじめ、子どもたちなど町の方々がつき、会場には例年よりも多い1,800名の来場がありました。

 

開会式では「はくちょうもち」の美味しさと「北海道新幹線」をPR

最初に開会式が行われ、主催の千駄ヶ谷グリーンモールの理事長、牛久保英昭さんによるご挨拶。「今年も美味しい北海道のブランドもち米をたくさん食べてください!さらに今年はフリーマーケット『だがやん』を同時開催し、伊賀上野観光協会と甲賀市観光協会による『忍者ツアー』参加者の忍者100人衆も訪れ、賑わいますので大いに楽しんでください!」と挨拶。


「せんだがや餅つき大会2015」で挨拶する千駄ヶ谷グリーンモールの理事長、牛久保英昭さん▲千駄ヶ谷グリーンモールの理事長、牛久保さんはラーメンのホープ軒オーナーでもあります


続いて、渋谷区長の長谷部健さんが「伝統行事を子どもたちに継承する場は素晴らしい。これからも引き続き、子どもたちのため、地域住民の交流の場として意義あるイベントを継承して行って欲しい」と挨拶。
 

「せんだがや餅つき大会2015」で挨拶する渋谷区長の長谷部健さん▲渋谷区長は過去にサッポロビール主催の「ビールのふるさと会@恵比寿」にも出席されています


そして、北海道東京事務所 副所長 朝倉浩司さんが、「北海道のもち米を使っていただいているご縁から、今回、来年3月26日に開業する北海道新幹線のPRを行うことになりました。お子さんなどに喜んでいただけるよう、お餅と共に北海道新幹線の特製ステッカーやクリアファイルを500名に配布します。開業の折には北海道新幹線に乗ってぜひ、北海道へお越しください」と挨拶しました。


「せんだがや餅つき大会2015」で挨拶する北海道東京事務所 副所長 朝倉浩司さん▲「渋谷区内では代々木公園で北海道フェアなどが開催されています。渋谷区と北海道の地域間交流が活発に行われるのはとても嬉しいことです」と朝倉さん


続いてお餅の仕入れ先となるホクレン農業協同組合連合会 販売本部 米穀販売室の田子博昭さんによるご挨拶。「5年前からホクレンのもち米を使っていただき感謝しております。はくちょうもちは三重県の銘菓『赤福』にも使用されている、皆さんに自信を持ってお勧めする希少ブランドもち米です。冷めてもやわらかく美味しいもち米です」とPRしました。


「せんだがや餅つき大会2015」で挨拶するホクレン農業協同組合連合会 田子博昭さん▲「今日ははくちょうもちを食べて寒さに負けず、元気に過ごしてください!」と田子さん
 

2020年東京五輪スタジアムの玄関口となるJR東日本 千駄ヶ谷駅長の小林敬和さんのご挨拶では、地元千駄ヶ谷のお話はもちろんのこと、北海道新幹線のPRにもお話が及びました。


「せんだがや餅つき大会2015」で挨拶するJR東日本 千駄ヶ谷駅長の小林敬和さん▲千駄ヶ谷駅長の小林さん。イベントでは、駅長服を着て写真を撮影できるJR千駄ヶ谷駅こども駅長ブースを開設しました

 

140キロのもち米を3時間かけてみんなでつきました!

「せんだがや餅つき大会2015」で餅をつく前渋谷区長の桑原敏武さん▲前渋谷区長の桑原敏武さんもかけつけ、お餅をつきました


ついたお餅はすぐに隣の餅ブースで丸められ、ほかほかのうちに配布されました。


「せんだがや餅つき大会2015」で餅をまるめる様子▲総勢20名ほどで140キロを丸めました

 

甲賀伊賀の忍者100人も参上!

会場となった鳩森八幡神社には甲賀稲荷の神社も祀られているので、その関係で、伊賀上野観光協会と甲賀市観光協会とのコラボレーションも。


「せんだがや餅つき大会2015」に訪れた忍者100人衆▲伊賀上野観光協会と甲賀市観光協会による『忍者ツアー』参加者の忍者100人衆も訪れ、鳩森八幡神社名物の富士塚登山もしていました

 

北海道の物産ブースも開設し、北海道の味覚と観光パンフレットを配置

北海道ブースでは「Tsunagu Project」も出店し、「肉ソン大統領」の牛すじ、肉ドレッシング、北海ドットの缶バッジなどを販売しました。


「せんだがや餅つき大会2015」北海道ブース「Tsunagu Project」ブースの様子▲「Tsunagu Project」の熊谷早織さん(左)と磯山竣さん(左から2番目)北海道ブース「Tsunagu Project」ブースにも忍者が訪れ、ニンニン!


「せんだがや餅つき大会2015」北海道ブースの様子▲北海道の物産は人気があり、ブランド力の高さが窺えました


北海道ブースの運営は、釧路出身の飯森さん、函館市役所の沼田さん、北広島市役所の貝森さん、国土交通省北海道局の岩崎さんなど在京道産子がボランティアでお手伝いしていました。


「せんだがや餅つき大会2015」北海道ブースの様子▲ブース後方には北海道新幹線の特大ポスターが!!サンプリングの準備もみんなで行いました


「せんだがや餅つき大会2015」北海道ブースの商品▲北海道の物産は、道民のソウルフード「ザンギ」、「北海道ポテトチップス 函館編」、道南地域の「今金男しゃく」などを販売しました


「せんだがや餅つき大会2015」北海道ブースのパンフレット配置の様子▲北海道新幹線開通の函館地域や、北海道プレミアム旅行券、道内の空港がある地域のパンフレットを配置。来場者は興味のある地域のパンフレットを手にとっていきました

 

期待に胸ふくらませ並ぶ方の中には、北海道新幹線の特製ステッカーが目当てのお子さんも多数!

そして、いよいよ、お餅の配布スタート!


「せんだがや餅つき大会2015」、三色餅と北海道新幹線のPRセット配布の様子▲北海道新幹線の特製ステッカーを目当てに並ぶご家族も!


無料配布する500人に、北海道新幹線のPRセット(特製ステッカー、クリアファイル、函館観光パンフレット、北海道プレミアム商品券パンフレットなど)をサンプリングしました。子供たちが大喜び!

とても人気が高く、9時30分からお餅の引換券を配布したところ、1時間で配布終了しました。


「せんだがや餅つき大会2015」、北海道新幹線ステッカー、クリアファイル他▲主な配布物。ステッカーはつなげて貼れば4両の新幹線になるので、子どもたちはもちろん、大人も楽しい!


東京渋谷区千駄ヶ谷の毎年12月第1日曜日の恒例の行事「せんだがや餅つき大会」では、これからも北海道のもち米を使用した三色餅を無料配布、また北海道の物産を販売していきます。在京道産子の皆さん、北海道ファンの皆さん、来年の12月は、お餅をつきに遊びに来ませんか?そして、ふるさとの美味しさを味わいましょう! 


「せんだがや餅つき大会2015」、三色餅▲配布されたお餅。粘り強く、冷めても美味しいと評判でした
 

関連リンク

北海道米LOVE
北海道新幹線スペシャルサイト
北海道新幹線開業NAVI
この記事をSNSでシェアしよう!
  • 今年は「北海道新幹線」PRも! 東京で北海道のもち米でついた餅を味わう!「せんだがや餅つき大会」

Aae34099 853c 4cb7 919c ced078dcaf5f

Writer

宮永 明子

Title
Close