北海道情報サイト「北海道ライカーズ」北海道情報サイト「北海道ライカーズ」

what likers

Icon search探す

公開 | チバタカコ

札幌っ子も感動する大パノラマ。秋の札幌は「紅葉ゴンドラ」を見逃すな!

※この記事は2014年のものです。

最新情報については公式サイトをご確認ください。
http://kouyou.sapporo-kokusai.jp/
 
*******************

 
 
札幌国際スキー場と言えば、道内外に人気のスキー場です…が、実はこれからの季節は、紅葉ビュースポットなんです!紅葉の時期だけ運行する「紅葉ゴンドラ」に乗って、秋の札幌を空中散歩しませんか?北海道らしい抜けるような秋の青空、遠くに小樽湾、眼下に紅葉、こんな札幌は、今しか見られません!
 
 

札幌市民自慢の紅葉スポット

道外では、まだ暑い日があるようですが、北海道はすっかり秋支度。背後にヒタヒタと近づいてくる冬の気配に「まだ来なくていい!」と心の中で叫びながら、道産子は短い秋を楽しんでいます。札幌市内には、赤や黄色に彩られた美しい紅葉スポットがあちらこちらにありますが、今回ご紹介するのは、札幌国際スキー場の「紅葉ゴンドラ」。
 
 
札幌国際スキー場 紅葉ゴンドラ
▲「スカイキャビン8(エイト)」で山頂に向かいます
 
 
札幌国際スキー場は、札幌市街から国道230号、道道1号経由で車で約60分。山奥ではありますが、住所は、札幌市南区定山渓937番地先なので、れっきとした札幌市。正直に告白しますが、札幌っ子の私、ここの紅葉がこんなに美しいなんて全く知りませんでした(反省)。「紅葉ゴンドラ」は札幌市民として全道、全国、いや世界中に自慢できる札幌の紅葉スポットだと思います!
 
 

真っ赤ではなく、黄色、ライムグリーン、オレンジ

それでは、「紅葉ゴンドラ」の見どころをたっぷりお見せしましょう。
通常のスキー場の営業時は6~7分で山頂に着きますが、紅葉ゴンドラは約15分かけてゆっくり山頂をめざします。ゴンドラの真下は、紅葉で全体が真っ赤…というよりも、黄色やライムグリーン、オレンジ、そこに刺し色で赤が効いています。これは、本当に艶やか!
 
 
札幌国際スキー場 紅葉ゴンドラ
 
 
札幌国際スキー場 紅葉ゴンドラ
 
 
「ゴンドラ乗車3~4分程すると、山頂に向かって右手に大きな岩肌が見えます。そこも色とりどりの紅葉が楽しめます」と教えてくれたのは、札幌国際スキー場の上野博子さん。
 
 
札幌国際スキー場 紅葉ゴンドラ
▲山頂に向かって右手の岩肌
 
 
厳しい風雪に耐えてきたダケカンバの荒々しい枝ぶりは、スキー場ならではの景色。山頂からは、晴れていれば遠くに小樽湾、石狩湾、増毛連峰、夕張岳などを見渡すことができます。
 
 
札幌国際スキー場 紅葉ゴンドラ
▲山頂第4リフトの降り場
 
 
札幌国際スキー場 紅葉ゴンドラ
▲山頂の遊歩道からは、小樽湾が一望!
 
 
山頂にはカフェがあるので、ちょっとブレイク。このカフェの裏手もまた、見どころで、朝里岳の山並みを楽しむことができます。
 
 
札幌国際スキー場 紅葉ゴンドラ
▲カフェの裏から見た朝里岳方面
 
 
上野さんによると「下りのゴンドラも、上りとは違った景色が楽しめます。山麓に向かって右手がおススメポイント」とのこと。
 
紅葉ゴンドラの運行は、9月26日(土)~ 10月12日(月祝)の17日間のみ。短い期間なので、お見逃しなく!紅葉は気候によっては、色付きが不十分な場合もあります。
 
 

札幌国際スキー場 紅葉ゴンドラ

 
●運行期間/2015年9月26日(土)~10月12日(月祝)
●営業時間/9:30~15:00 (下り最終は15:30)
●料金/大人往復券 1,100円、小中学生往復券550円(中学生は生徒手帳提示)、敬老往復券 990円(65 歳以上、年齢証明書提示)
●アクセス
札幌市街から/国道230号、道道1号経由で約60分
小樽市街から/国道5号、道道1号経由で約40分
新千歳空港から/国道36号、道央自動車道・札樽自動車道(ともに有料道路)、道道1号経由で約100分

 
この記事をSNSでシェアしよう!
  • 札幌っ子も感動する大パノラマ。秋の札幌は「紅葉ゴンドラ」を見逃すな!
Title
Close