北海道情報サイト「北海道ライカーズ」北海道情報サイト「北海道ライカーズ」

what likers

Icon search探す

公開 | 宮永 明子

「食と農のつながり」を実感できる「くるるの杜」 - ラジオNIKKEI「北海道探究ラジオ」連動企画(9)

ホクレン くるるの杜 
▲施設の名称にはここに「来る」「育てる」「作る」「食べる」「つながる」など、たくさんの「る」を体験し、食と農のふれあいを実感してもらいたいという想いが込められています


番組コンセプトは「北海道通になろう!」。ラジオNIKKEI第1で全国放送している番組「北海道探究ラジオ」連動企画の第9回は、「食と農のつながり」を実感できるホクレン食と農のふれあいファーム「ホクレン食と農のふれあいファームくるるの杜」を紹介します。
 
 
*******************
 
 
ホクレン北広島事業所 管理課 係長 岡田 真弘さんに話を伺います。
 
 - 早速ですが、くるるの杜はどんな施設なのでしょうか。
 
「2010年にオープンした『食と農のつながり』について実感して理解をしてもらうための複合施設です。体験農場、調理加工体験施設、農畜産物直売所、農村レストランの4つの施設があります。生産から消費までを複数の施設を連携させることによって、食と農を総合的に表現しています」。
 
 - こういった施設を複合している施設は珍しいですね。パンフレットを見ると、レストランや直売所などの建物、体験農場や市民農園などもありますね。かなり広いんでしょうね。
 
「敷地全体で18ヘクタールあります。札幌ドームの建築面積およそ3個分です」。
 
 - 施設の概要や設立目的を教えてください。
 
「生産は、施設の前面に配置された体験農場で、流通は農畜産物直売所で、消費は農村レストランで体験できます。このように、食を提供する農業の幅広い役割を理解してもらい、一人でも多くのお客様が農業への共感を持ってくださるように、また北海道農業のサポーターが増えることを目的としています」。
 
 
ホクレン くるるの杜 田植え体験
▲泥んこになって田植え体験!
 
 
 - どういったことが体験できるのですか?
 
「体験農場や田んぼで、季節ごとの作物の収穫が体験できる農作業体験、また体験農場で収穫した旬の野菜などを使って調理する調理加工体験を行っています」。
 
 - 栽培している農作物は?
 
「北海道の代表的な作物、じゃがいも、とうきび(とうもろこし)、小麦、アスパラガス、そして北海道だけで栽培している砂糖の原料になるてん菜などを作付しています」。
 
 
ホクレン くるるの杜 とうもろこし畑
▲くるるの杜のとうもろこし畑での収穫体験。自然に触れるとみんな笑顔になります
 
 
「農作業体験では、収穫するだけではなく、作物についてクイズをしながら学べます。また、様々な作物の種まきから収穫、調理加工まで学べる、年に数回開催する教室『畑の学校・たんぼの学校』もあって、たくさんの方に参加してもらっています」。
 
 
ホクレン くるるの杜 ビニールハウス トマト収穫
▲ビニールハウスでのトマト収穫体験。学ぶ姿は真剣そのもの!
 
 
 - ただ、買って食べているだけではわからないことを楽しみながら学べるのはうれしいですね。
 
「そうですね。ご家族での参加が多いので、親子で楽しく農作業体験しながら作物について学び、家に帰ってから食卓でも話してもらえたらと思っています」。
 
 - 調理加工体験も楽しそうですね!
 
「トマトやとうきび(とうもろこし)を使ったおかずケーキやじゃがいもパンなど農畜産物の素材を生かした調理を体験できます。もちろん、親子で参加できますので、食べ物を通して親子のコミュニケーションが広がります。また、生産者の皆さんが講師となって、地域の調理方法などを直接消費者の皆さんに伝える体験も行っています」。
 
 
ホクレン くるるの杜 調理加工体験
▲体験農場で収穫した農産物などを使い調理。自分の手で畑の作物が食べ物になる瞬間を体験!
 
 
 - 直売所も行ってみたいですね。
 
「農畜産物直売所では、近隣のJAからの新鮮で、安全・安心な農畜産物はもちろん、北海道各地から新鮮な農畜産物を原料にした加工品も取り揃えています。人気商品は、しいたけ、たまご、馬鈴しょがベスト3で年間を通じて北海道産を販売しています」。
 
 
ホクレン くるるの杜 農畜産物直売所
▲農畜産物直売所では採れたての野菜が日替わりで並びます
 
 
 - 農村レストランも人気があるそうですね。 
 
「農村レストランは、ビュッフェスタイルとなっています。農畜産物直売所から届いた野菜やお肉や加工品を材料にしています。素材を生かした農畜産物の美味しさをダイレクトに伝えられるような家庭料理を提供。野菜にほんのちょっと手を加え、調味料にもこだわり、素材本来の味を楽しめるよう工夫しています」。
 
 
ホクレン くるるの杜 農村レストラン
▲新鮮な素材の持ち味を生かし素朴で温かい家庭料理を提供しています
 
 
 - 季節毎にイベントも開催されているんですね!
 
「年間を通して、大きなイベントが3つあります。日が近いところから紹介すると、8月に「杜の感謝祭」、9月に「畑の収穫祭」、2月に「くるるの杜の雪まつり」を開催しています。公式ホームページに情報をアップするので、確認の上、遊びに来てください」。
 
 
ホクレン くるるの杜
▲北海道の代表的な作物が育つ体験農場は1ヘクタールの広さがあります
 
 
 - 最後にリスナーの皆さんにメッセージをお願いします。
 
「『食と農のつながり』について、お子様から大人の方まで実感できる施設となっております。普段、スーパーなどで見かける農産物がどのように育っているのかなど、見て体験していただければと思っておりますので、是非皆様のお越しをお待ちしております」。
 
 - 岡田さん、ありがとうございました!
 
 
*******************
 
 
自然に触れ、美味しいものを食べると誰もが笑顔になります。
夏休みにお子さんと一緒に「食と農のつながり」を実感してみてはいかがですか?
 
※昨年9月に放送された内容を追加取材し、記事にしています。

 

次回は、贅沢な船の旅で行く「北海道」魅力を紹介!

さて、次回の放送は6月16日(月)22:15から!
 
北海道の魅力を海からも大地からも堪能できるプリンセスクルーズ「北海道周遊とサハリン」の旅について株式会社カーニバルジャパン 代表取締役 木島榮子さんに話を伺います。
 
 
カーニバルジャパン代表取締役 木島榮子さん プリンセスクルーズ「北海道周遊とサハリン」の旅
▲カーニバルジャパン代表取締役 木島榮子さん 
 
 
北海道の今を感じることができるひととき。興味のある方は、ラジオNIKKEI「北海道探究ラジオ」をお聴きください!!
 
 
 

「北海道探究ラジオ」番組webサイト

●放送日時 / 毎月第1・3月曜日 22:15~22:30
 

radiko.jp

radikoでのラジオNIKKEI第1チャンネル / http://radiko.jp/#RN1
この記事をSNSでシェアしよう!
  • 「食と農のつながり」を実感できる「くるるの杜」 - ラジオNIKKEI「北海道探究ラジオ」連動企画(9)

Aae34099 853c 4cb7 919c ced078dcaf5f

Writer

宮永 明子

Title
Close