日本一危険な神社へ参拝したことありますか?

せたな町は、北海道の南西部、日本海に面した檜山振興局久遠郡にあります。
簡単に言うと、北海道地図の左下、函館へ向かうグググと曲がった細い部分の外側あたりです。
 
このせたな町に、「日本一危険な神社」と呼ばれる、「太田神社」が存在します。
 
 
赤丸のところに鳥居があり、ここから断崖を登っていきます。
 
断崖絶壁にそそり立つ太田山(485m)は、道南五大霊場の一つ。
ここの大田山の僅かなくぼみに作られたのが、北海道最古の山岳霊場「太田神社」です。
 
 

太田神社の歴史

創立は、嘉吉年間(1441~1443年)といわれ、亨徳3(1454)年、松前藩の祖、武田信広公が太田に上陸した際に、太田大権現の尊号を賜ったと言い伝えられています。
以来、航海の安全と霊神の加護として信仰されてきましたが、1922年に山火災が起き、本殿、仏像が焼失。本殿が再建されると共に女人堂が新築されました。
 
 

大田神社参拝への道


鳥居からすごい

さて、この神社、十中八九、日本で一番参拝がゆるくない※神社ではないでしょうか。
おっと、ついつい北海道弁を使ってしまいました。
※「ゆるくない」=「とても大変、しんどい」という意味。
 
 
 
なぜなら、本殿入口から見上げると、そこにあるのは約40度の急勾配の階段。まるで壁です!
階段の踏板も奥行きが狭く、靴サイズ23.5㎝のライターも、ちょっと足を斜めにしないとしっかり踏み込みができませんでした。
 実際に登ってみると、階段というよりははしごを登っている感覚の方が近かったように思います。
 

ものすごい急勾配なのがわかるでしょうか?
 
 

階段もすごい


 
階段には、手すりとロープがついていますが、ロープがないとなまら怖いです。
 
これにしがみつきながら、階段を登りますが、途中で振り返らない方がいいです。
と、言うより、怖くて振り返ることなんかできません。139段の階段は、一気に登りきりましょう。
  
 

 
階段を登り切り、一息ついて振り返るとこの景色!
眼下の階段がほぼ垂直状態に見えます。ここで初めて、自分が登ってきた階段がいかに急勾配であったかに驚き、そしてじわじわ恐怖に襲われます。

 

階段のあとは登山に!

 

 
さぁ、ここからが本番。ということで、この先は、親切な階段などありません。
木の根が張り、岩がゴツゴツした細い山道を、それこそよじ登りながら進みます。
 
…と、この先も紹介したいのですが、北海道Likersがチャレンジできたのはここまで。悔しい。
実は取材の日は雨降りで、雨が一瞬止んだすきにこの階段は登りました。
雨で足元がかなり滑りやすくなっていて、この先へ進むのは本当に危険、というより命知らずでしたので泣く泣く断念しました。
 
 

 
参拝者に向けて、こんな立て看板がありました。
目的はあくまでも参拝。遊び半分で行けるところではありません。
 
<追加記事>ライター チバタカコが太田神社にリベンジしました!
せたな町「太田神社」への道

 

まとめ

 
今回は途中で断念してしまいましたが、北海道最古の山岳霊場であるこの神社を、北海道Likersはどうしても紹介したい!
そこで、太田神社に参拝したことのある皆さん!北海道Likersと一緒に太田神社の紹介記事をつくりませんか?
 
実際に参拝したことのある方の体験談と写真を募集します。
本殿入口から女人堂、本殿鳥居、鉄の橋、絶壁の7mの鉄鎖、そして最後の本殿まで、皆さんの体験談と写真をお寄せください。
ぜひ、協力をお願いします!
※現在募集は終了しております。 

 
【応募方法】
●写真は、お一人様何点でも応募可能です。
● 応募は、コメント欄で受け付けています。コメント欄に画像をアップロードしてください。写真には、説明(体験談)をつけてください。
●応募締切:2013年9月6日(金)
●下記注意事項をよくお読みください。
 
【注意事項】
●写真の選択、記事づくりは北海道Likers編集部が行います。応募写真全てを使うものではありません。
● 採用した体験談と写真は、すべて応募者の名前を記載します。
●採用にあたり、編集部からその旨お知らせすることはありません。また、問い合わせがありましてもお答えすることはできません。予めご了承ください。
●採用にあたり、撮影料・原稿料等の謝礼は一切発生しません。予めご了承ください。
●採用した写真の著作権は撮影者にあります。
●写真に写っている、ものやひと、その他全てに関して、北海道Likersは一切の責任を負いません。予めご了承ください。
● 公序良俗に反する内容、編集部が不適切と判断した内容については、コメント欄から削除する場合があります。予めご了承ください。