絶景の北の岬めぐりトレッキング

礼文島北部、絶景が広がる3つの岬を巡りませんか?
スコトン岬、ゴロタ岬、澄海岬(すかいみさき)。都会の雑踏を忘れ、大自然の迫力を肌で感じられるトレッキングコースです。
 
 
 
 
岬を発ち15分くらい歩くと、バス通りを離れ小さな道へと入っていきます。
 
 
 
 
岬を出て30分足らず。
丘を越えると幻想的な風景が飛び込んできました。
 
 

 
丘の斜面を下っていくと海岸線に出られます。
 
 

 
絵画を見ているかのような美しい光景を眺めながら海岸線を歩いていきます。ほどなくすると、目の前に見えるゴロタ岬へと続く山道を登っていきます。これからが難所です。
 
 

 
ここから本格的なトレッキングコースがスタートします!
 
 

 
じわじわ登っていきます。頑張った分だけご褒美もあります!
 
 
 
 

 
ひたすら上り坂が続く道。青い海と綺麗な花の姿を見ていれば苦ではありません。頑張って登れば登った分だけいい景色が見られます。ゴロタ岬の標高は179m。スコトン岬やトド島よりも高い分だけ感動の眺望が見られます。空気が澄んでいればもちろんサハリンまでも。
 
と思っていたところ…
 
 

 
いやな予感…
 
 

 
スコトン岬を出て約70~80分、この丘を越えるといよいよゴロタ岬。
 
おー、白い…残念!
 
 

 
ゴロタ岬は真っ白、もはやどこに何があるかもわからず、ルートを案内する標識すらもぼんやり霞むほど白くなりました。
この近辺、ホントはこんな絶景が広がるのです。
 
 
 
 
ゴロタ岬から先はちょっぴりドキドキする区間になります。
 
 
 
 
右手は海に落ち込んでいく崖へと続き、左手も急な斜面。しかもここの場所は風の通り道でもあるようなので、強い風が吹いた時には飛ばされやしないかとちょっとドキっとします。
気持ち慎重に山の尾根を進んでいくと、途中で木の階段が現れ、一気に海岸線まで下りていきます。
階段を下りきり振り返ると、今まで歩いてきた道は完全に霧の中。
 
 
 
 
難所ではありつつ景色が素晴らしいゴロタ岬を越えてきました。この後はゴロタ浜という海岸線を進みます。霧に包まれちょっと残念…
 
 
 
 
ゴロタ岬を出て約70~80分、鉄府(てっぷ)という集落に着きます。
 
 
 
 
この先は草木に覆われた道や砂利と岩場の道で山を越え、反対側の集落、西上泊(にしうえどまり)へ行きます。ここは観光バスも入れる観光地の一つ、澄海岬(すかいみさき)がある場所です。
駐車場や売店がある附近から漁港に沿って歩き、山の斜面に続く道を登っていくこと約5分。目の前には…
 
 
 
 
とはいえ、しばらく待っているとだんだん霧が晴れきました!
 
 
 
 
さらに天気がよくなればこんなに美しく見えます!
 
 
 
(写真2点:礼文はなガイドクラブ提供)
 
 
礼文島北部の岬めぐり。
スコトン岬や澄海岬は車やバスでも訪れることはできます。とはいえ、ゆっくり歩いて途中の絶景も楽しんでみるのもオススメです。
礼文の透き通る青い海を眺めに、皆さんも歩いてみませんか?
 
 

礼文はなガイドクラブ

http://www.hanaguideclub.com/index.html
・電話 / 0163-89-6330(9:00~18:00)
※今回紹介したコースをはじめ礼文島内のトレッキングコースをガイド付きで案内
 
礼文島観光協会
http://www.rebun-island.jp/

 

北海道Likersで紹介したほかの礼文島情報はこちら

礼文の絶景を目指して~最北の島で半日ドライブ
花ガイドと行く礼文島花畑トレッキング
礼文で究極の生ウニを食べよう!ウニむき体験♪
礼文島グルメ~生ホッケを使った蒲焼丼
秘境シリーズ 徒歩でしか行けない集落を目指して(1)~(3)