函館市出身のロックバンド「GLAY」ゆかりの場所めぐり

7月27日(土)・28日(日)、北海道を代表するアーティスト「GLAY」の野外ライブ 「GLAY Special Live 2013 GLORIOUS MILLION DOLLAR NIGHT Vol.1」が函館市で開催され、2日間で5万人がライブに訪れました。ファンたちは「聖地」と呼ばれるGLAYにゆかりのある場所を訪れたり、メンバーお気に入りのご当地グルメを買い求めたりと、函館の街も楽しんでいる様子でした。私もいくつか「聖地」をめぐってきました!





「GLAY」は、TAKURO、TERU、HISASHI、JIROの4人組ロックバンド。1988年から函館でバンド活動を開始し、1994年にメジャーデビュー。その後、ミリオンセールスを達成するなど、多くのヒット曲を生み出しています。

4人は高校生まで函館の街で過ごし、その足跡は市内のあちらこちらに点在しています。また、メジャーデビューしてからもミュージックビデオや雑誌の撮影などでたびたび函館の街が登場し、彼らが訪れた「聖地」は観光スポットにもなっています。
数え切れないほどある「聖地」の中からピックアップしてご紹介します!


























セレクトショップ「SODAPOP」は、ファンが気軽に立ち寄れる場所として、店舗内にGLAYのオフィシャルスペース「G4 Space」を併設しています。



写真提供:loversoul











以上、ここまではJR函館駅から徒歩や市電で散策できます。
以下の五稜郭エリアには、市電を使うと便利。





まだまだある、GLAYの聖地。
たくさんまわりたい方におすすめのなのは、牛柄の車体が目を引く「モーモータクシー」がガイドしてくれる「GLAY観光コース」。事前予約をすると、GLAYに詳しい運転手さんが付いてくれることも。メンバーの出身校や遊んだ場所など、充実したコースが用意されています。また、ホームページではGLAYゆかりの場所を詳しく紹介しています。








現在函館には、国内外のファンが観光に訪れているそうです。
GLAYも聞いていたはずの船の汽笛や市電の走る音、眺めていた同じ景色を感じながらゆかりの場所をめぐれば、きっと函館が好きになるはず。

今後も野外ライブを続けていきたい、たくさんの人に函館の魅力を知ってほしい、函館の街に恩返しがしたいと語るGLAY。
大好きな地元への想いをかたちにするGLAY、素敵です!
 

GLAY

http://www.glay.co.jp/
http://www.facebook.com/glayalg
http://glay-hakodate.jp/
 

関連記事

「GLAY」が故郷の函館で凱旋野外ライブ!
函館で開催した「GLAY」のライブステージは何故「黒船」だった?
美味しかったら、鐘を鳴らせ!「チャイニーズチキンバーガー
カリベビ…といえば!「シスコライス」
函館を走るカラフルな牛柄の「モーモータクシー」
 

関連リンク

函館市観光情報サイト「はこぶら」
函館市観光情報サイト「はこぶら」Facebookページ
(社)函館国際観光コンベンション協会