礼文で究極の生ウニを食べよう!ウニむき体験♪

礼文島にある「海鮮処かふか」。

 

 
香深フェリーターミナルからすぐ近く、歩いて5分程度です。

 
 
 
人気メニューはウニ丼をはじめとした海産物の料理や炉端焼き。
ところが、漁協直営ならではの究極メニューがあります!
 
 
それは…
 
 
ウニむき体験!
自分でウニを獲って割ってその場で食べられます!
もちろん生きたウニです。

 
 
 
ホタテ、カレイ…
海の仲間がたくさんいる中で…
 
 
いました!
 
 
 
 
では、このウニちゃん、いただきます!
 
 
やり方を、香深漁協総務部の浜田寿元(はまだとしはる)さんに教えて頂きながらやってみました。

 
 
 
まずは大きなトングでさっきのウニちゃんを水揚げ。
 
 
 
 
今獲ったばかりのウニちゃん。
可愛そうですが、即、割ります!

 

 

 
このとおり。
意外とあっさり簡単に割れました!

 
 
 
ここで浜田さんが、食欲なくなるけどちなみに…と教えてくれました。
 
1つのウニには必ず身が5枚入っているそうです。ウニはヒトデの仲間で、ヒトデが五角形のように身が5つあるのだとか。
 
あまり深く考えないようにしましょう。5枚あるんだな、ってことで。
 
 
 
 
こうして外した身を滅菌した海水で洗い流すと…
 
とっても新鮮な生ウニをゲット!

 
 
 
見本でやって下さった浜田さんの収穫物を見て愕然!

 
 
 
プロの方と比べても…とは思いつつ、くやしいのでリベンジ!

 
 
 
慎重に、丁寧に、とーっても根気がいる作業です。

 
 
 
世の中に出ているウニ、基本的にはこのように手作業で1枚1枚収穫するのだそうです。
いやはや、気が遠くなる…。
ウニが高価なのもわかる気がしました。
 
 
でも、頑張ればできます!

 
 
 
自分で収穫したウニはもちろん、その場でいただきまーす♪

 
 
 
こちらのウニむき体験。
ウニ1つで500円です。
 
昼食時や繁忙期など混雑している時はできない場合もあるため、事前に電話で予約をしてから行きましょう。
 
 
皆さんはキレイな身をゲットできるでしょうか?
礼文島へ行かれる時には通常のお食事にプラス1品。
ウニむき体験で究極の生ウニを!
 
 

北海道Likersで紹介した礼文島情報はこちら↓

花ガイドと行く礼文島花畑トレッキング
礼文の絶景を目指して~最北の島で半日ドライブ
礼文島グルメ~生ホッケを使った蒲焼丼」