ピクニック気分で参加できる野外音楽フェス「JOIN ALIVE」

※この記事は2013年のものです。2015年の記事はこちら↓
この夏も北海道岩見沢で開催!野外音楽フェス「JOIN ALIVE」

最新情報については公式サイトをご確認ください。
http://www.joinalive.jp/2015/
 

*******************


「JOIN ALIVE」は、2010年に岩見沢市で始まった、音楽・自然・アミューズメントをコンセプトにした音楽イベント。2013年は、2週に渡って4日間の開催となります。

1週目の7月20日(土)・21日(日)の様子をご紹介します!

2週目は7月27日(土)・28日(日)の開催です。

4つのステージで同時進行で行なわれるライブスケジュールや、当日券情報は公式サイトでご確認を!

 

 

「JOIN ALIVE」の大きな特徴は、思い立ったらすぐ参加できる、ラフな服装でもOKな音楽イベントなこと。既存の遊園地が会場なので、トイレや食堂、子供達が遊べる遊具、おむつ交換もできる部屋など設備が充実しています。

 

 

幅広い年齢層に楽しんでほしいと、出演アーティストのジャンルも様々。歩きやすく、休憩もとりやすい会場は、年齢問わず、フェス初心者にもおすすめですよ。ただし、日焼け対策と、夕方からは冷えるので防寒対策はしっかりと!

 

 

では4つあるライブ会場を紹介しましょう!

メインステージは「ROSE STAGE」。好きな場所に敷物をひいて、ゴロゴロしながら見る事ができます。敷物の持参をおすすめします。近くで見たい方は、ステージ前のスタンディングゾーンへ!

 

 

 

 

「FUTURE FLOWERS」は飲食ブース隣接の野外ステージ。アーティストを間近で見る事ができます。

 

 

「New WALTZ」は、遊園地内にあるステージで、噴水の近く。1時間ごとにステージが始まります。

 

 

 

唯一の屋内会場「VELVET CIRCUS」は約4,000名を収容。アーティストによっては、入場規制で入れないことも。スタンディングゾーンと椅子席があります。

 

 

音楽フェスといえば、やっぱり食事も楽しみ!

岩見沢や札幌などから出店する「フードコート」では、北海道らしいメニューもたくさん。1週目と2週目で出店が異なるので、次はどんなお店が出てるかも楽しみ。

 

 

 

会場内にはキャンプサイト(有料)があり、宿泊も可能です。

 

 

アートブースもあり、その1つ、札幌のデザインブランド「hikuidori」ブースでは、フェスにぴったりなアクセサリーの販売もあるので、ちょっとお洒落してみませんか。

http://hikuidori.com/

 

 

 

2013年の面白い取り組みとして、アニメキャラクターのラッピングをした「痛タク」で話題の札幌のタクシー会社「長栄交通」によるJOIN ALIVEのラッピングタクシーが市内を運行し、車体は「東京スカパラダイスオーケストラ」などの出演アーティストのサインで埋め尽くされています。

http://www.choei-taxi.co.jp/

 

 

 

 

会場へのアクセスは、札幌・旭川からはシャトルバスの運行(事前チケット必要)があり、JR「岩見沢駅」からも臨時バスの運行があります。車では、札幌市中心部からは高速を利用して約1時間。駐車場を含め、チケットの手配はお早めに!

 

全ての情報の詳細は、公式サイトで事前にご確認ください。

 

★サッポロスマイル SAPP‿RO でも、会場の様子をご紹介しています!
http://www.facebook.com/sapporosmile

 

 

 

■JOIN ALIVE 2013

開催日 2013年7月20日(土)・21日(日)・27日(土)・28日(日)

9:00開場 11:00開演 21:30終演(予定)

※雨天決行、27日は22:30終演(予定)

※小学生以下の方は保護者同伴に限り入場無料

会場 いわみざわ公園(野外音楽堂キタオン&北海道グリーンランド遊園地)

http://www.joinalive.jp

https://www.facebook.com/JoinAlive.jp

 

 

北海道Likers フォトライター まきのえり
http://www.facebook.com/Eri.Mackey