箱に収まるアートです。「六花ファイル」

一人一箱、縦36.5㎝×横29.5㎝×高さ8㎝の箱に収まるアート作品を保管しているのが「六花ファイル」です。

これは、北海道を代表するお菓子メーカー「六花亭」が主催しているもので、六花ファイルがあるのは、札幌市にある「六花文庫」だけ。

 

 

「六花文庫」は北海道Likersで紹介しています。詳しくはこちら。↓

http://post.hokkaidolikers.com/ja/detail/638

 

六花文庫には7段×5列、計35作家が「六花ファイル」として保管されています。

 

 

各段(枠)には、縦36.5㎝×横29.5㎝×高さ8㎝の箱が収まり、中にはさまざまなアート作品が収められています。

 

 

このサイズの箱の中に入る作品なら、平面作品でも造型作品でもジャンルを問わずOK(映像作品は不可)。

 

 

※特別に許可をもらって撮影しています

 

六花亭文化広報部の日浦さんによると、今までは2年に一回の募集でしたが、4回目を迎えた今年から、年に1回の募集になったそうです。作品が採用されると、1年間、この六花文庫の「六花ファイル」に保管されます。

「前回は、たまたま35作家が採用されたので、ここが全部埋まりましたが、必ず35作家採用されるわけではありません。20かもしれない、10かもしれない。それでも1年間は、ここに作品が並ぶのでいつでも見ることができます」(日浦さん談)。

 

 

箱は、一つひとつ手に取って自由に見ることができます。フタを開ける瞬間の感覚は、プレゼントを開ける時のドキドキ感に似ています。一つずつ箱を取り出し、中をのぞいていくのは、実は結構時間がかかる作業なのですが、あまりの楽しさに、あっという間に時間が過ぎます。気に入ったら、購入することができる作品もあるんですよ。

 

 

 

六花ファイルでは、ただ今、第4期の作品を募集しています。締切は、2013年8月31日必着。応募資格はプロ、アマ問いません。詳しい応募要領などは、HPをご覧ください。

 

 

■六花ファイル

http://www.rokkatei.co.jp/rokkafile/

 

■六花亭

http://www.rokkatei.co.jp/

 

 

北海道Likersライター チバタカコ