「タコしゃぶ」のポイントは食感。「プリプリ」と「ポコポコ」

ミズダコの水揚高全国一!そのミズダコを、しゃぶしゃぶで食べられる北海道最北の街といえば、稚内市。さっそく、おいしい「タコしゃぶ」を求め、稚内までANAで飛びました!





おじゃましたのは「車屋・源氏」。代表の岩間さんによると、稚内で「タコしゃぶ」が食べられるようになったのは30年ほど前からとか。
「タコは、刺身や酢ダコがポピュラーでしたが、もっと他に食べ方がないか?とみんなで考えて生まれたのがしゃぶしゃぶです。水産加工場がタコの足を縦に切ったり、斜めに切ったり、おいしく食べられる方法を考え、料理屋の私たちがタレや付け合わせをどうしたらいいかを考えました」(岩間さん談)。





「車屋・源氏」の付け合わせにはレタスや長芋など、一般的なしゃぶしゃぶではあまり見かけない野菜が入っていました。白菜ではないのですか?と尋ねたら「白菜は水っぽくなってしまうが、レタスは食感があるのがいい。長芋もポコポコした食感がいいんです」と岩間さん。









まず、野菜を全部鍋に入れます。煮立ったら、縦に薄く切ったタコの脚を細かく振りながらしゃぶしゃぶします。岩間さんによると、食べごろサインは「タコがプリプリっとなったら」とのこと。数秒しゃぶしゃぶすると、タコの脚がウェーブ状になります。





「タコは淡白なので、濃い目のタレと相性がいい」という「車屋・源氏」のタレは、ゴマみそダレ。ちょっと強めに酢を効かせているので、最後まで飽きずに食べられます。そして、タコとレタスを一緒に食べると、レタスの食感とタコのプリプリ感がベストマッチ!タコしゃぶにレタス、これはおいしい!





そろそろ皿のタコが少なくなってきたなぁ…という頃に、鍋の下に沈んでいた長芋を取り出しいただきます。食べると長芋は、ポッコポコ!柔らかいタコと一緒に食べると、さらにおいしいハーモニーが生まれます。





「車屋・源氏」のタコしゃぶは、通販でも購入可能です。が、やっぱり稚内に行って食べるのが一番!ぜひ、最北端の街で、タコしゃぶを堪能してください。