札幌を半日で満喫してみた!札幌定期観光バス~昼間編

※この記事は2013年のものです。
 
最新情報については公式サイトをご確認ください。
http://teikan.chuo-bus.co.jp/
 
*******************


 
 
動き回る足(車)がないと観光も厳しいのが北海道。ですが、せっかく来たら色々な観光スポットを効率的にまわりたいというのが本音ですよね。
そんな観光客のため、札幌市では市内観光のための定期観光バスが多く行き交っています。
 
でも、本当に定期観光バスは便利で効率が良いのか?
好きなところを自由に回る方がいいのではないか?
観光客がちゃんと満足できるのか?
地元目線で確認してやろうじゃないか!…という、とんでもない高飛車なスタンスで、道内在住ライターのチバタカコが定期観光バス体験をしてきました。
 
 

「北海道中央バス」の定期観光バスに乗ってみた

 
 
 
北海道中央バスにはたくさんの定期観光コースがあるのですが、今回は「2階建てバスコース 大倉山&羊ケ丘展望台」というコースに乗ってみることにしました。
14:00に札幌駅前バスターミナルを出発し、17:35に再びバスターミナルに戻ってくるという半日コース。昼ごはんを食べてからツアーに出かけ、晩ごはんの前には戻って来られるということもあってか、
6月の月曜日(平日)におじゃましたのにも関わらず、この日は20人程の参加者がいました。
「週末ならともかく、平日にそんなに乗る人はいないだろ~」なんて高を括っていたら大間違いですね!ちなみに、このコースは、参加者が1名でも出発するというので、1人で観光バスを貸し切りなんてこともあるかもしれません。
 
 

バスはしっかりグローバル化に対応!

 
 
 
乗車すると、まずガイド用のヘッドフォンの説明があります。
これを使うと、日本語だけではなく、英語、中国語、韓国語のガイドも聞くことができるんですって!これは、海外の友人を案内するのにも便利ですね。
 
 

車窓から有名観光スポットも満喫!


2階建てバスは、想像以上に見晴らしが良いです。
札幌駅を発車し、道庁赤レンガ、大通公園、札幌資料館、知事公館、道立近代美術館と、札幌の名だたる観光スポットを車窓から眺めつつ大倉山に向かいます。
 
 
車窓から見学した大通公園です。
 
 
 
 
北海道神宮は鳥居しか見ることは出来ませんでしたが、かなり大きくて中に入ってみたくなりました。
 
立ち寄ることはできませんが、短時間であれもこれも見たいという時に、なかなか効率の良いコースではないでしょうか。
更に、観光スポットが近づくと、ヘッドフォンからベストタイミングでガイドが聞こえてくるではないですか。ライターのチバも、長年札幌に住んでいるのに、「へぇー」「ほー」と、案内ガイドについつい反応しておりました。うぬぬ…なかなかやるな、北海道中央バス。
 
 

大倉山ジャンプ競技場で札幌オリンピックを感じる

 
 
 
 
最初の降車地である大倉山ジャンプ競技場では、約1時間の見学時間がありました。
1時間あれば、ジャンプ場のてっぺんまで行って、札幌の眺望を楽しむには十分。ソフトクリームを食べたり、お茶を飲む時間だってありますよ。
ちなみに、定期観光バスの乗車券を見せると、リフト代が割引になるというお得なサービスもついてきます。
 
 
どこに何があるかは、ガイドさんが優しく教えてくれます。
 
 
もちろん、オリンピックのシンボルである五輪マークもあります。ジャンプ台の踏切地点を探してみてくださいね。
 
 
ジャンプ台から札幌市内を見下ろすと、その景色にゾワゾワ!「札幌に来たぞー!」という気分をたっぷり堪能できますが、高所恐怖症の方は注意が必要です。
 
 

羊ケ丘展望台で”あのポーズ”を決めよう

 
大倉山を15:35に出発し、そこから札幌市内のほぼ反対側に位置する、羊ケ丘展望台へ向かいました。
藻岩山山麓を走り、豊平川のミュンヘン大橋を渡って行くのですが、札幌の花や木、鳥などが紹介されるガイドを聞きながらだと、羊ケ丘に到着するのはあっという間です。
 
 
羊ケ丘につくと、そこにはでっかい北海道が登場!なんとも北海道らしい景色が広がります。 
 
 
羊ケ丘展望台の滞在時間も45分としっかりありました。
記念撮影をしたり、お土産を買うにも十分な時間ですね。
 
 
出ました!ご存知クラーク像です。
今回は千葉から観光にいらしていた方々と、おなじみのポーズで写真を撮らせて頂きました!
ここでは、ほとんどの観光客が記念撮影を行っており、鉄板の撮影スポットといえるでしょう。
ちなみに、クラーク像は北海道大学のキャンパス内にもありますので、どちらも制覇してみるのもおすすめです。
 
 

便利な途中下車を利用しよう


帰路は羊ケ丘から札幌駅に向かうのですが、裏ワザ的に途中下車も可能です。
 
地下鉄福住駅のバスターミナルからは、新千歳空港へのバスも出ています。午後からこの観光バスコースを楽しんでも、遅い時間に飛行機を予定している人なら、福住駅で降車すれば十分間に合うでしょう。
 
札幌駅までの車中では、そろそろススキノ~、というところでガイドの話題がラーメンとビールに・・・。
話を聞いたら、観光のシメにラーメンとビールが食べて飲みたくなっちゃった!という方もご安心ください。
そのままススキノや時計台でも途中下車が可能なので、気分に合わせて寄り道もできちゃうのです。
再び、うぬぬ…。やるな、北海道中央バス。
 
 

まとめ

 
運転手さんもガイドさんも、とてもフレンドリーで、一緒に記念撮影も快く応じてくれました。
 
 
札幌半日観光は、果たしてどんなもんだ!?と乗車した定期観光バスでしたが、札幌っ子として、これは自信をもっておすすめできる内容です!
車窓からの見学と降車見学のメリハリもちょうどいい。
2階建てバスも、乗り心地が大変良かったです。
 
今回は、午後半日コースの体験でしたが、北海道中央バスの定期観光バスは、さまざまなコースが用意されていますので、ぜひ、次回の札幌観光で利用してみてはいかがでしょうか?
 
 
●北海道中央バス
http://www.chuo-bus.co.jp/
 
●北海道中央バス定期観光 facebook
http://www.facebook.com/chuobus
 

2階建てバスコース 大倉山&羊ケ丘展望台 コース内容

料金:大人2,400円、小人1,200円
所要時間:3時間35分
運航期間:4月1日~11月30日
※その他、詳しくはHPをご覧ください。