2012年09月21日 | うずらはしちあき

燻製屋ならではのスモーク料理とコーヒーを。余市町「燻香廊」

料理からデザートの素材、コーヒーの豆も燻製に?! 余市町で60年以上にわたり、燻製づくりを手掛ける名店・南保留太郎商店が始めたカフェ、「燻香廊(けむかろう)」。まずは目で、香りと味はお店でお楽しみを!お土産には、燻製をぜひ!

 
燻製茶房 燻香廊、余市、カフェ、古民家 外観
▲余市港の近く。古民家を改装して昨年オープン

 
「燻製はつまみとして食べるだけでなく、いろいろな料理に使えるんです。そのことを提案したくてこの店を始めました」。そう話してくれたのは、燻製屋の2代目で燻香廊店主の南保敬二さんです。燻製づくりのプロが、自ら料理に腕をふるいます。
 
魚介にチキンやビーフはもちろんのこと、野菜もスモーク。皿に入るどれもが自家燻製素材です。取材時はポトフをオーダー。具はほのかにスモーキーで、旨味が利いたほんのり甘みも感じるスープがすーっと体に染みわたります。
お楽しみはスモークコーヒーへと続きます。まずは席に運ばれるミルを自分で回してがりがり。「挽きたての香りも味わってほしくて」と南保さん。まろやかで深い味わいの一杯。豆は焙煎後、燻製して仕上げるそう。

 
燻製茶房 燻香廊、余市、カフェ、古民家 スモークポトフ
▲スモークポトフ(単品960円、ランチセット1,360円)。ボルシチやスモークビーフの赤ワイン煮なども 

 
燻製茶房 燻香廊、余市、カフェ、古民家 スモークブレンドコーヒーと燻製かぼちゃのチーズケーキ
▲スモークブレンドコーヒーと燻製かぼちゃのチーズケーキ(セット680円)

 
燻製茶房 燻香廊、余市、カフェ、古民家 店主の南保敬二さん
▲店主の南保敬二さん。「コーヒー豆を燻製したのは、いたずら心からだったんですよ」

 
隣り合わせの南保留太郎商店には、様々な商品が並んでいました。かつて余市にはニシンの加工場がいくつもあり、ニシンが獲れなくなった後、燻製を製造する工場が増え、あちらこちらから煙りが立ち上がっていたといいます。その町で燻製をつくり続けているのは、同店だけになったそう。
前浜に揚がる魚介を主な素材に、昔ながらの冷燻法による燻製は、保存料や着色料のたぐいは一切使わず、味付けは塩だけのものも。「調味料は時間と手間暇」という逸品です。

 
燻製茶房 燻香廊、余市、カフェ、古民家 燻製小屋
▲燻製小屋。20度前後の低い温度でじっくり燻煙する冷燻は、温度管理が重要なため、都度職人が燻材の調整や小屋の状態に目を配っているそう

 
燻製茶房 燻香廊、余市、カフェ、古民家 ヘラ蟹の燻製
▲週末は予約が確実というヘラ蟹の燻製(クーラーボックス持参で持ち帰り可・地方発送不可)

 
余市へは小樽から車で30分ほど。海沿いをドライブしながら、訪ねてみてください!

\食べたい!食べるべき!と思ったら「なまらいいね!」/

この記事をSNSでシェアしよう!
  • 燻製屋ならではのスモーク料理とコーヒーを。余市町「燻香廊」
  • Google+

FacebookのIDを利用して、北海道Likersへ登録します。

北海道Likersは、北海道を愛する皆さんと北海道を盛り上げるコミュニティです。

  • 利用規約に同意の上ご登録ください。
  • FacebookのIDで簡単に登録できます。登録は無料です。
  • Facebookに設定しているメールアドレスを登録します。お客様のメールアドレスは、北海道Likers運営からの連絡に利用いたします。
Title
Close