2012年10月23日 | 孫田 二規子

感動必至!世界自然遺産の実力見たり。クルーザーで知床半島の先端へ

クルージングを行っているのは、斜里町ウトロにある「ゴジラ岩観光」。ちなみに「ゴジラ岩」とは、すぐ近くにそびえる奇岩の名称です。アイヌ語で「ウトルチクシ」(=ウトロ)という地名発祥の場所とも言われています。
 
 
ゴジラ岩
▲こちらが「ゴジラ岩」。確かに似ていますね!

 
出発時は生憎の濃霧でしたが、スタッフの「沖は晴れているかも」という言葉を信じて、いざ出発! クルーザーが深い緑色の海へと漕ぎ出します。
 
すぐに、最初の見どころ「乙女の涙(フレペの滝)」が見えてきました。

 
乙女の涙(フレペの滝)
▲岩を這うように、しっとりと流れる2本の滝「乙女の涙(フレペの滝)」。湾になっているのでクルーザーでは近づけませんでした

 
このあとしばらくは、黒い岩肌をむきだしにした猛々しい断崖絶壁が続きます。霧で写真が撮れずお見せできないのが残念。高いところでは200m級の岩もあり、首を真上にあげないとてっぺんが見えないほどでした。まさに迫力満点!

 
カムイワッカ湯の滝
▲「カムイワッカ湯の滝」は見えました! 内陸側に立ち入ることができるので、ご存じの方も多いはず。硫黄山の中腹から流れている温泉です。まさか河口がこんな風になっていたとは

 
スタッフの予言通り、晴れてきました。沖に行くと、雲の上に浮かぶ硫黄山が!

 
硫黄山
▲三角に飛び出ている山が、知床連山のひとつ「硫黄山」です

 
硫黄の滝
▲そしてこちらが、紅葉の時期に最も美しくなる「硫黄の滝」
 
 
知床半島 ゴジラ岩観光
▲溶岩が海水で冷やされてできた柱状節理。自然のアートです

 
カシュニの滝
▲知床半島で一番美しいと呼ばれる「カシュニの滝」。川の水が直接海に注ぎ込む非常にめずらしく上品な滝です

 
さあ、目的地となる知床半島の先端部が見えてきました。なんとなく、鬱蒼とした原生林だと思っていたのですが、実際は、平たくてなだらかです。

 
知床半島 ゴジラ岩観光
▲近づくと、知床岬灯台が見えました

 
クルーズ中は景色に加えてガイドさんのアナウンスが面白く、とても楽しい時間でした。 ここで紹介した絶景はほんの一部で、現地にはまだまだ感動があります。陸からはいけない知床半島先端へのクルーズ、知床を旅行する時には、ぜひコースに組み込んでくださいね!
 
 
知床半島 ゴジラ岩観光

\見たい!見るべき!と思ったら「なまらいいね!」/

この記事をSNSでシェアしよう!
  • 感動必至!世界自然遺産の実力見たり。クルーザーで知床半島の先端へ
  • Google+

FacebookのIDを利用して、北海道Likersへ登録します。

北海道Likersは、北海道を愛する皆さんと北海道を盛り上げるコミュニティです。

  • 利用規約に同意の上ご登録ください。
  • FacebookのIDで簡単に登録できます。登録は無料です。
  • Facebookに設定しているメールアドレスを登録します。お客様のメールアドレスは、北海道Likers運営からの連絡に利用いたします。
Title
Close
北海道Likersアプリ(iOS) 北海道Likersアプリ(Android)