エア・トリップへGO!森の中を飛んで未知の世界を体験!

森に暮らす生き物たちと同じ目線から、たくさんの命が息づく自然を見つめてみませんか?
十勝・鹿追町市街地の北。大雪山国立公園内にあり、すっぽりと原生林に囲まれた神秘の湖・然別湖。
「エア・トリップ」は、この湖や周辺の森をフィールドに、さまざまな遊びを展開している「然別湖ネイチャーセンター」が生み出した自然観察プログラムです。

 

空飛ぶ快感!「エアトリップ」

自然散策に、「飛ぶ」という視点をプラスした「エア・トリップ」。森の中に張られたワイヤーケーブルを使って、猛禽類や樹から樹へと滑空するモモンガの目線など、高さ・距離・速度の異なる5つのステージを体験します。飛び出す瞬間のドキドキ感、スピード感や、ビューンッ!と飛んでいく爽快感は想像以上!森を見回すと、地上では見ることも感じることもできない世界が広がっています!
 
 

 

 
飛んで楽しむだけでなく、この地の自然のことや、森をつくる命のつながりのこと、森を散策しながらガイドさんから聞く話も興味深いもの。約2時間の体験には、きっと新しい発見がいっぱいですよ!
 


 

穏やかな湖面をわたるカヌーも人気

夏の然別湖では、カヌー体験もおすすめ。丁寧にレクチャーしてくれるので初心者でも安心です。透明度が高く穏やかな湖を、ひと漕ぎひと漕ぎ。ゆったりと湖上を散歩する気持ちよさは、また格別です。 

 

 
夜、昼間とは全く違った表情を見せる然別湖。吸い込まれそうなほどの闇が広がります。