ホッカイドウ競馬「門別競馬場」で楽しむナイトレース&名物「バケツジンギスカン」

北海道地図を思い出してください。ひし形の下のとんがったところ(襟裳岬)へ向かう左側、日高山脈と海岸線にはさまれた一帯が日高振興局で、日本を代表する馬産地です。
「門別(もんべつ)競馬場」は、その馬産地日高にあり、北海道が主催する地方競馬「ホッカイドウ競馬」が開催される競馬場です。




 

日高方面には、たくさんの軽種馬牧場や、中央競馬を沸かせた往年の名馬たちが余生を送るサラブレッド銀座などがあり、道内外から毎年多くの競馬ファン、サラブレッドファンが訪れています。

そこで!観光で日高方面に行くならば、ぜひおすすめしたいのが「門別競馬場」です。「競馬知らない」「馬券の買い方がわからない」という声が聞こえてきましたが、ご心配なく。競馬を知らなくても、たっぷり楽しめるのが門別競馬場です。

 



 


 

門別競馬場では、11月中旬まで毎週火・水・木を基本に、ホッカイドウ競馬が開催されていますが、全てナイトレースで「グランシャリオナイター」と呼ばれています。

 


 

レース前の腹ごしらえ!名物「バケツジンギスカン」に挑む!

第1レースは15時台から始まるので、それまで場内でジンギスカンはいかがですか?天気が良ければ「とねっこ広場」で青空の下、ジンギスカンが楽しめます。取材時はあいにく雨降りでしたが、グリルハウスがあるので問題なし!

 



 


 

「パティスリーパサパ」のオリジナルスイーツはいかが?

場内にあるスイーツハウス「パティスリーパサパ」では、オリジナルのマドレーヌやクッキーを販売しています。ここにしかないクッキーが、これ!ホッカイドウ競馬のジョッキー服をデザインしたもので、全選手分あります。


 


 

大人気「ラーメンプリンマドレーヌ」?!

そして、これ。「ラーメンプリンマドレーヌ」。本店で大人気の「ラーメンプリン」をマドレーヌにしたもので、見た目はラーメンそっくり!もしかして、味も?と思って恐る恐る食べましたが、とってもおいしいマドレーヌでした。

 



 

迫力のグランシャリオナイター!

レースが始まったら、ちょっと競馬場をのぞいてみませんか?グランシャリオナイターというだけあって、照明が灯されたナイトレースは、とてもロマンチックな雰囲気。


 


 

第4コーナーから馬群が向かってくる様子は、迫力満点!競馬を知らなくても、ドキドキ、ワクワクする瞬間です。


 

※写真提供:中地広大


 

ライトアップされたゴール前を駆け抜けるサラブレッドは、美しい躍動感に満ち溢れています。これを見るだけでも、十分に楽しめるはず。ぜひ一度、門別競馬場に足を運んでみてください。


 

最後に、お土産情報♪

6月4日に、北海道限定サッポロクラシックで、グランシャリオナイターをデザインした缶が発売されます。お土産にいかがですか?