西興部(にしおこっぺ)村でハンティングからジビエ料理までのスローな旅を:「北海道の田舎に越して」シリーズ(3)

今日は、西興部(にしおこっぺ)村地域おこし協力隊隊員 武田さんからの情報をご紹介!
 
 
**********************************
 
 
西興部村地域おこし協力隊の武田つぐみです。
私は5年前、群馬県から道央の江別市に移り、1年前に西興部村に来ました。
 
私が紹介するのは、NPO法人西興部村猟区管理協会が主催する「エゾシカエコツアー2013」です。
 
 
 
 
エゾシカの多様な魅力と西興部村の大自然を満喫してもらおう!という思いから、2年前に始まったこのツアー。今年度で第3回を迎えます。
 
なんといってもこのツアーの最大の魅力は、エゾシカハンティング見学!
日の出とともに出発し、牧草地で草を食むエゾシカを探します。この時期の西興部村の日の出は朝4時ごろ!
眠い目をこすりながら、牧草地をよーく見てみると、数頭のエゾシカが草を食んでいます。
 
 
 
 
射手が車から降り、シカに気付かれないようにそーっと接近します。牧草地の形状によりシカからハンターは見えていません。
50mまで接近して、ハンターは狙いを定めます。
銃を構え、パーンという音とともにシカが倒れる…「食べる」ことの原点に立ち会った瞬間です。
 
 
倒したシカは車に積んで解体場へ。牧草地からの引き出しは、みんなで行います。
成獣のメスジカの体重は100kg前後となるため、大きなスノーボートに乗せても引き出すのは重労働!でも、雄大な牧草地を歩くのはとっても気持ちがいいですよ!
 
 
 
 
獲ったら、捌く。解体では、衛生的な処理の仕方、生態を知る上で重要な調査のサンプリング方法を学び、剥皮をお手伝い。
だんだんと“いきもの”から“たべもの”へ姿を変えてゆきます。
 
 
 
 
捌いたら、食べる!“いきもの”から“たべもの”に姿を変えたシカ肉はロースト、スモーク、BBQへと料理されます。
食べる前には大きな声で「いただきます!」。
 
 
 
 
スーパーに並ぶ「あとは焼くだけ」のお肉より、季節や個体の性別・年齢により、異なった風味を楽しめるのがジビエ(狩猟鳥獣の肉)料理のいいところ。
 
 
 
 
高タンパク、低カロリー、鉄分豊富なシカ肉は赤ワインによく合うんです!食わず嫌いはもったいないですよ!
 
 
 
このツアーの見どころは、エゾシカハンティングだけではありません!
シカ革クラフトも行います。
去年はあらかじめ細くカットされた鹿皮を編み込むストラップを作りました。
 
 
 
 
夜はスポットライトを持ち、「ナイトアニマルウォッチング」へ!
 
 
 
 
車内からスポットライトを照らし、夜の動物たちを観察。日中は森の中にいる動物たちも暗くなると開けた場所へ出てきます。
牧草を食むエゾシカの群れやユキウサギ、キツネやヒグマと出会えるかもしれませんよ!
解体場から市街地へ抜ける峠を走る「林道散策」では、生い茂った緑のトンネルを車で通り抜けます。
途中、ヒグマの食痕や足跡を観察。姿を見られなくても、その動物の生活の跡を見ることで、いきものの息吹を感じることが出来ます。
 
 
 
 
さらには、渓流釣りや放牧農場見学などなど盛りだくさんの内容です。
最終日には、1年に一度だけ一般公開される「氷のトンネルまつり」に参加。自然にできる残雪のトンネルは、真夏でも10度以下!涼を楽しむことができます。
 
 
 
 
エゾシカは個体数が増加しており、自然環境や農林業への影響が懸念されています。
このツアーでは自然を満喫するだけでなく、狩猟を取り巻く環境やエゾシカの保護管理対策についてなどを専門家の方々から学ぶこともできますよ。
 
 
 
 
百聞は一見にしかず。エゾシカのこと、ジビエのこと、ハンティングのことを現場で体感してみませんか?
青い空と鮮やかな緑が映える7月末。西興部村の雄大な自然が皆様をお待ちしています。
 
 

エゾシカエコツアー2013

2013年7月26日(金)~28日(日)
対象 / ハンティングやジビエ料理に興味がある方ならどなたでも。
参加費 / 1名2万円・学生割引1万円(※ジビエ試食会費込)
 

申込み、お問い合わせ

NPO法人西興部村猟区管理協会
http://www.vill.nishiokoppe.hokkaido.jp/Villager/Ryouku/index.htm
 
西興部村猟区管理協会Facebookページ
http://www.facebook.com/vill.nishiokoppe.hokkaido.ryouku/
 
 
**********************************
 
 
「北海道の田舎に越して」シリーズは、地域おこし協力隊として都会から北海道の田舎に移住し、様々な形で地域おこしに奮闘する協力隊隊員が、その地域で生活して驚いたり、感激したり、感嘆したものを、自分の言葉で発信するものです。