札幌観光上級者におすすめ!「ガーデングリルのジンギスカン」

北海道大好きのみなさん、お待たせしました!札幌は5月になれば、桜も咲けば梅も咲く。
チューリップもタンポポも一斉に花が咲き、樹木も芽がぷくぷくふくらんできます。
 
気持ちの良い季節です。どんどん、札幌に来てください!
 
 
そして、札幌に来たら外せないのがジンギスカン+ビール。
 
…といえば、てっぱんは「サッポロビール園」ですが、「もう何回も行ったよ」「北海道に行くたびに立ち寄ってる」という通な方々に、北海道Likersライター チバタカコが自信をもっておすすめするのが、ここ!「サッポロガーデングリル」。
 
 
 
 
「サッポロガーデングリル」は、サッポロビール園、サッポロビール博物館、北海道日本ハムファイターズ屋内練習場などが集まる「サッポロガーデンパーク」内にあります。わかりやすく言うと、博物館の向かい側。
 
ここは意外と、地元の人でも行ったことがないという人が多いかも。
 
 
道産食材にこだわり、素材の持ち味をいかしたグリル料理がおすすめ。
これからなら、アスパラ、玉ねぎ、じゃがいもなど、おいしい野菜がどんどん出てきます。
 
そして、やっぱりジンギスカン!「ガーデングリル」は、肉が違うんですよ、肉が。
 
ここで使っているのは、穀物で育てられたグレインフェッドラム。
くせがなく、マイルド感がある羊肉です。柔らかくて食べやすいので、ご年配の方にも喜ばれています。
 
 
 
ショルダー、もも、肩ロース、そして、すっごく柔らかい希少な赤身のショートロイン。これが全部味わえます。
オリジナルのタレも、肉のうまみを引き立てます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
そして、「ガーデングリル」では、4月23日に発売された北海道だけの黒ラベル「サッポロ生ビール黒ラベル The北海道」が飲めるんですよ!
ちょっとリッチなジンギスカンと北海道限定の黒ラベル、これはもう、札幌通にはたまらない組み合わせでしょ!
 
 
 
 
サッポロビール園の生ラムや昔ながらの丸いマトンも、もちろんおいしいのですが、何度もビール園に行っているという札幌観光上級者は、ぜひ、「ガーデングリル」でグレインフェッドラムを味わってみてください。