2013年04月17日 | まきのえり

札幌の街に新しい市電が走ります!

2013年5月5日から、「新型低床車両 A1200形」の市電が札幌の街を走ります。
 
 
写真提供:ハレバレシャシン 山本 顕史さん
 
 
この市電は、札幌らしい空気観や透明感との調和をイメージした外観で、
車内は道産木材を使用し、あたたかみのあるデザインになっています。
 
 
▲定員は約2割増加の71名。全長は17mある3連体連接の車体。従来の市電より、床面は50cm低く、乗降口の横幅も広くなり、バリアフリー対応になっています
 
 
▲すわり心地よい座席。窓も大きく、眺めが良いです
 
 
▲車外からみるとこのような感じ。高級感があり、長旅ができそうな雰囲気!
 
 
▲運転席はこのような感じです
 
 
▲ハンドルは、従来のまま、ツーハンドルです
 
 
▲おすすめは、一番先頭の席。運転席も見える特等席!
 
 
▲こちらがまだまだ現役、レトロな雰囲気が残る、根強い人気のある、M101の市電。新しい市電とすれ違う姿、見てみたいですよね!
 
 
2015年春には、札幌駅前通の大通西4丁目とすすきの間をつないで、路線のループ化が予定されており、それまで新たに2台が導入される予定です。
 
新しい市電の情報は、「SAPPORO SMILE」フェイスブックのページで更新されていきますので、お楽しみに!

\見たい!見るべき!と思ったら「なまらいいね!」/

この記事をSNSでシェアしよう!
  • 札幌の街に新しい市電が走ります!
  • Google+

FacebookのIDを利用して、北海道Likersへ登録します。

北海道Likersは、北海道を愛する皆さんと北海道を盛り上げるコミュニティです。

  • 利用規約に同意の上ご登録ください。
  • FacebookのIDで簡単に登録できます。登録は無料です。
  • Facebookに設定しているメールアドレスを登録します。お客様のメールアドレスは、北海道Likers運営からの連絡に利用いたします。
Title
Close