北海道情報サイト「北海道ライカーズ」北海道情報サイト「北海道ライカーズ」

what likers

Icon search探す

公開 | チバタカコ

阿寒湖アイヌシアターイコロで観る、阿寒ユーカラ「ロストカムイ」

阿寒ユーカラ「ロストカムイ」※写真提供:阿寒湖アイヌコタン
撮影:ヨシダ ナギ
 

阿寒湖アイヌシアターイコロ(※)で、デジタルアートとアイヌ古式舞踊が融合した新プログラム、阿寒ユーカラ「ロストカムイ」の上演が始まりました。各分野で活躍するクリエイターたちによる斬新な演出で、アイヌの伝統文化の表現がさらに広がります。
※イコロの「ロ」は小さいロの字
 
 

阿寒湖アイヌシアター「イコロ」

阿寒湖アイヌシアター「イコロ」は、阿寒摩周国立公園の阿寒湖温泉・阿寒湖アイヌコタンにあるアイヌ文化専用の劇場です。
 

阿寒湖アイヌコタン▲阿寒湖アイヌコタン。北海道Likersで紹介した「民芸喫茶ポロンノ」では、アイヌ料理が味わえます
※写真提供:阿寒湖アイヌコタン


阿寒湖アイヌシアター「イコロ」▲阿寒湖アイヌシアター「イコロ」。「イコロ」とはアイヌ語で「宝物」という意味
※写真提供:阿寒湖アイヌコタン

 
イコロでは、アイヌ古式舞踊やイオマンテの火まつりなどのアイヌ伝統芸能を見ることができます。
 

イコロの客席とステージ▲イコロの客席とステージ

 
この度、阿寒湖アイヌシアター「イコロ」で上演されていた「古式舞踊」と「イオマンテの火まつり」の演出が一新。
さらに、2019年3月19日から、デジタルアートとアイヌ古式舞踊が融合した作品、阿寒ユーカラ「ロストカムイ」の上演も始まりました。

 

阿寒ユーカラ「ロストカムイ」とは

「ユーカラ」とは、アイヌ民族に伝わる「叙事詩」を意味し、口承文芸として伝えてきました。上演される「ロストカムイ」とは、次のようなもの。
 
アイヌは、動物、草木、水や火や風にもカムイが宿ると信じています。カムイとは、アイヌ語で神様という意味。特に、エゾオオカミは、狩りをする神「ホロケウカムイ」と呼ばれ、アイヌに狩りを教えて、時には助ける特別なカムイでした。
 

阿寒ユーカラ「ロストカムイ」イメージ※写真提供:阿寒湖アイヌコタン
撮影:ヨシダ ナギ

 
しかし、明治時代からエゾオオカミは減少し、今では絶滅しています。この失われたカムイ「ホロケウカムイ」を、かつてアイヌの人々とともに生きた阿寒の森とともに舞台に再生。
 

阿寒ユーカラ「ロストカムイ」のプロェクションマッピング※写真提供:阿寒湖アイヌコタン


阿寒アイヌシアターイコロのロストカムイステージ※写真提供:阿寒観光協会
 

アイヌが畏怖し、敬ってきたカムイを伝統的な古式舞踊と現代舞踊によって再現し、舞台化したのが阿寒ユーカラ「ロストカムイ」です。
 
「ロストカムイ」は、阿寒湖畔のアイヌの人々と各分野で活躍するクリエイターたちとのコラボレーションによって誕生しました。
 
参加クリエイターは、ヨシダ ナギ(フォトグラファー)、Kuniyuki Takahashi(サウンドデザイナー、プロデューサー、DJ)、UNO(ダンサー、ライブディレクター、イラストレーター)、WOW inc.(映像制作)、そして、イコロの舞台監督・床州生(阿寒アイヌ工芸協同組合理事)、クリエイティブディレクター・坂本大輔(JTBコミュニケーションデザイン)らの手によって、アイヌ古式舞踊、現代舞踊、3DCG、7.1chサラウンドの組み合わせで、5台のプロジェクターで舞台を立体化。
 
今までにない、斬新な演出でアイヌ文化を楽しめます。
 

阿寒ユーカラ「ロストカムイ」イメージ2※写真提供:阿寒湖アイヌコタン
撮影:ヨシダ ナギ
 

阿寒湖アイヌシアター「イコロ」に、「ロストカムイ」上演後のお客さんの反応をうかがったところ、今までと全く違う演目なので、何度か来ている人には目新しく新鮮で、皆さんとても満足な様子だとか。
 
GWに阿寒湖方面に行く予定の皆さん、ぜひ、阿寒湖アイヌシアター「イコロ」に寄ってみてください。そして、「ロストカムイ」の感想を教えてくださいね。
 
阿寒湖アイヌシアター「イコロ」で上演する「古式舞踊」「イオマンテの火まつり」、そして「ロストカムイ」の公演スケジュールなど詳細は、阿寒湖アイヌコタンのHPで確認できます。
 
 

関連リンク

阿寒湖アイヌコタン
阿寒ユーカラ「ロストカムイ」
釧路・阿寒湖観光協会
この記事をSNSでシェアしよう!
  • 阿寒湖アイヌシアターイコロで観る、阿寒ユーカラ「ロストカムイ」
Title
Close