北海道情報サイト「北海道ライカーズ」北海道情報サイト「北海道ライカーズ」

what likers

Icon search探す

公開 | nobuカワシマ

野鳥観察ができる絶景の道の駅「スワン44ねむろ」で根室グルメを堪能




根室市にある日本最東端の道の駅「スワン44ねむろ」は、ラムサール条約登録湿地の風蓮湖(ふうれんこ)を見渡す絶景スポット。一面ガラス張りの館内では、オオハクチョウやオオワシなどの野鳥が飛来する湖を眺めながら、エスカロップや花咲ガニの釜めしなど根室グルメを楽しめます。

 
ガラス張りの道の駅の目の前に氷結した風蓮湖が広がります▲ガラス張りの道の駅の目の前に氷結した風蓮湖が広がります

 

目次

・絶景!野鳥が飛来する風蓮湖を見渡せる
・根室のご当地グルメを味わえる♪
・花咲ガニの釜飯は絶品!
・地酒や地元の銘菓をお土産に
・じっくり立ち寄りたい道の駅


 

絶景!野鳥が飛来する風蓮湖を見渡せる

道の駅「スワン44ねむろ」は、釧路市から根室市へと向かう主要道路、国道44号沿いにあります。
釧路市方面から向かうと根室市街地よりずっと手前にあり、
根室市の街中や納沙布岬などへ訪れる際の休憩スポットにベストな立地です。



 

ここの魅力は、単に都市間移動の便利な中継地点というだけではなく、
豊かな自然環境が残る風蓮湖の風景を楽しめる絶景スポットということ。

 
道の駅の脇にある展望台や道の駅の館内から風蓮湖の眺望を楽しめます▲道の駅の脇にある展望台や道の駅の館内から風蓮湖の眺望を楽しめます


湿原や干潟をともなう複雑な地形をした風蓮湖の一帯には、約300種類もの野鳥が観測されたという記録があります。

春と秋のスワン(オオハクチョウ)をはじめ、真冬にはオオワシやオジロワシが湖周辺に飛来。
3月から12月初旬頃まではタンチョウの姿も見えるそうです。

この界隈はバードウォッチングの聖地です。

 
氷結した風蓮湖の奥には、砂が堆積した陸地、春国岱(しゅんくにたい)が左右に広がります▲氷結した風蓮湖の奥には、砂が堆積した陸地、春国岱(しゅんくにたい)が左右に広がります


○北海道Likersのこちらの記事もチェック!
景色がみるみる変化!砂でできた島、根室春国岱を歩く

道の駅の館内には、自然環境を紹介する展示物があるほか、
バードウォッチングを楽しめる双眼鏡などもあります。

 
建物の中へ入ると、まるで博物館か何かの展示施設に入ったかのような感覚▲建物の中へ入ると、まるで博物館か何かの展示施設に入ったかのような感覚


前面がガラス張りの館内。
大きな窓の向こうには雄大な風景が広がります。

 
画面で眺められるテレビ望遠鏡があるほか、窓辺にも望遠鏡が複数あります▲画面で眺められるテレビ望遠鏡があるほか、窓辺にも望遠鏡が複数あります


望遠鏡を無料で自由に利用できるうえ、双眼鏡の貸出もしています。
雄大な風景を手に取るように眺めることができ、
運が良ければ野鳥や野生動物の姿を発見できるかも!?

仮に野鳥や野生動物の姿を見つけられなくてもがっかりしないで。
こんな間近で眺めることもできますよ(^^)

 
窓辺にはエゾシカやオジロワシなどのはく製が展示されています▲窓辺にはエゾシカやオジロワシなどのはく製が展示されています

 
エトピリカのはく製、カワイイ♪▲エトピリカのはく製、カワイイ♪


ここへ初めて訪れたら、
「道の駅でこんなに自然豊かな光景を眺められるなんて!」
ときっと驚くはず。
館内外から眺望を楽しめる、絶景の道の駅です。

 

根室のご当地グルメを味わえる♪

一般的に道の駅といえば、
ご当地グルメなどその土地のものを堪能できる施設が多いです。

ここも然り。
道の駅「スワン44ねむろ」には、
根室のご当地グルメなどを楽しめるレストランがあります。

 
レストランでは大きなガラス窓越しに雄大な風景を眺めながら食事を楽しめます▲レストランでは大きなガラス窓越しに雄大な風景を眺めながら食事を楽しめます


根室でご当地グルメと呼ばれているものは複数ありますが、
代表格は「エスカロップ」!

 
道の駅「スワン44ねむろ」のエスカロップ。このレストランで不動の一番人気メニューです(写真提供:道の駅スワン44ねむろ)▲道の駅「スワン44ねむろ」のエスカロップ。このレストランで不動の一番人気メニューです(写真提供:道の駅スワン44ねむろ)


エスカロップとは、
タケノコのみじん切り入りのバターライスに、
トンカツをのせてデミグラスソースをかけたもの。
根室市民のソウルフードで、略して「エスカ」と呼ばれています。

○北海道Likersのこちらの記事もチェック!
根室っこのソウルフードといえば、エスカロップ!

 
トンカツのかわりに根室産のカキのフライをのせた「カキエスカ」も人気あり(写真提供:道の駅スワン44ねむろ)▲トンカツのかわりに根室産のカキのフライをのせた「カキエスカ」も人気あり(写真提供:道の駅スワン44ねむろ)


港町根室らしく、海の幸をたっぷり味わいたいという人は、
根室名物のサンマを使った料理はいかがですか?

 
サンマをおろし細切りにして醤油麹に漬け込んだ自家製素材を使用した「秋刀魚ネギトロ丼」(写真提供:道の駅スワン44ねむろ)▲サンマをおろし細切りにして醤油麹に漬け込んだ自家製素材を使用した「秋刀魚ネギトロ丼」(写真提供:道の駅スワン44ねむろ)


サンマとともに有名な海の幸が、花咲ガニ。
花咲ガニのむき身を使った花咲ガニラーメンや釜飯、鉄砲汁なども味わえます。

 

花咲ガニの釜飯は絶品!

いくつもあるご当地グルメの中でも花咲ガニの釜飯は別格!
炊きあがるまで15~20分かかりますが、ぜひ味わいたい逸品。
待ち時間は、窓の外の眺望を眺めたり館内の土産物を品定めしたりすればあっという間です。


炊きあがるのが待ち遠しい!▲炊きあがるのが待ち遠しい!

 
約20分後。できました~!▲約20分後。できました~!


花咲ガニのほぐし身と出汁で炊いた釜飯。
ごはんは白米に名寄市産はくちょうもち米をブレンド。

 
花咲ガニ、いーっぱい!▲花咲ガニ、いーっぱい!

 
カニは噛めば噛むほど、じゅわ~っとカニのうま味が染み出てくる♪ごはんはモッチモチ!▲カニは噛めば噛むほど、じゅわ~っとカニのうま味が染み出てくる♪ごはんはモッチモチ!


汁物にも花咲ガニどっさり!出汁きいてます!!▲汁物にも花咲ガニどっさり!出汁きいてます


食べごたえあり、なかなか贅沢な花咲ガニ釜飯。

釜飯と汁物のほかに小鉢と香の物などもついて、
価格はなんと1,280円(税込、2019年2月現在)。
お得感いっぱい!

ここへ立ち寄ったら花咲ガニ釜飯は必食です。

 

地酒や地元の銘菓をお土産に

お土産品もご当地モノを探してみましょう。
お酒好きな人なら、根室といえば真っ先にこれを思い浮かべますよね?

 
根室へ来たなら北の勝!複数銘柄販売されています▲根室へ来たなら北の勝!複数銘柄販売されています


ごはんのお供にピッタリなものがこちら。

 
サンマフレークのような「さんまぼろぼろ」▲サンマフレークのような「さんまぼろぼろ」


誰もが手軽に味わえるのがお菓子類。
数ある中で人気の品が、
野鳥のシマフクロウをモチーフにしたという道の駅限定販売のこちら。


「しまちゃんクッキー」箱をあけるとイラストがあり、クッキーを取り出すと写真が出てくるんです♪▲「しまちゃんクッキー」箱をあけるとイラストがあり、クッキーを取り出すと写真が出てくるんです♪

 

じっくり立ち寄りたい道の駅

道の駅「スワン44ねむろ」、いかがでしたか?
大自然の雄大な風景を眺めつつ、絶品の根室グルメやお土産探しを楽しめます。

サクッとトイレ休憩だけなんて勿体ない!
じっくりのんびり過ごしたくなる道の駅です。
この記事をSNSでシェアしよう!
  • 野鳥観察ができる絶景の道の駅「スワン44ねむろ」で根室グルメを堪能
Title
Close