スナップ/春の訪れ―糠平湖




風は暖かくなってきましたが、北海道の山の中にはまだまだ雪が消え残っています。
どこからか聴こえてくる沢の流れる音や、スノーシューで踏みしめる雪の感触には春を感じることができるものの、目に映るのは冬景色。
それでも一日ごとに、一雨ごとに春に近づく様子を眺めるのはなかなかいいものです。 
真冬には結氷した湖を徒歩で渡っていくことができた廃線跡アーチ橋のタウシュベツ川にも、林道の雪が解けるまでは近づけません。
雪の多かった今シーズン、春らしい景色を見られるのは4月末ころでしょうか。

―撮影場所:上士幌町糠平