これは、チーズケーキの革命だ!「おもっちーず」

 「チーズ味の餅」「餅のようなチーズ」「伸びるチーズケーキ」……。どれも当てはまるようで、どれも違う。それは何かと問われたら…これ、「おもっちーず」!
 
「おもっちーず」は、わらく堂関根社長が「日本のチーズケーキ」をつくりたいと考えていた時に、「日本人が好きなお餅のように、チーズケーキも伸びないかなぁ…」という思い付きがきっかけで誕生したそうです。
 
 「開発期間は8ヵ月かかりました。その間、開発担当者が何度バンザイしそうになったことか。逃げ出す寸前まで追い込まれて、やっと完成したのは2011年。だからこそ『これは!』という手応えがあり、5月に都内の物産展で先行販売をしたところ、2週間で5,000パック以上販売し、同年9月に正式販売を開始しました」
 
と話してくれたのは、広報宣伝部の池田進一さん。

 
※写真提供:わらく堂

 
そのまますくって食べるもよし、お皿にあけて食べるもよし。フォークよりもスプーンが食べやすいです。
 
 
 
 
 

 
伸びます!とろ~んと、伸びます!これは楽しい!
おいしいスイーツはたくさんありますが、おいしくて楽しいスイーツは、そうはありません。
 
 
 ※写真提供:わらく堂
 
 
池田さんによると、「伸びる食感を楽しむなら、冷蔵庫で2~3時間解凍するのがおすすめ」とのこと。
 
プレーンは、濃厚なチーズのコクがしっかり味わえます。この味の濃さは、ここがギリギリ!これ以上濃くなると、ちょっと重い感じになりそう…なところを、絶妙な味加減。
チーズ好きには、たまらないおいしさです。
 
コーヒーやお茶はもちろんですが、ワインが合うんですよ。私の個人的な好みですが、冷えた白ワインと相性がよかったです。
 
そして、池田さんが「ビールが意外といけます」と教えてくれたので、試してみたら…なんということでしょう!これは、ぜひ、試してみてください!
 
 
※写真提供:わらく堂

 
そのままでもおいしいですが、ディップのように、パンやクラッカーにつけて食べるのもおすすめ。イチゴやチョコは子供が喜びそうですが、私が食べた素直な感想は、「おもっちーず」は、大人のスイーツ。
子供にはもったいない!
 
北海道産のクリームチーズや生クリームをたっぷり使用した「おもっちーず」は、「ぷれーん」「しょこら」「いちご」の3種類。羽田空港限定で「ふれっしゅちーず」もあります
 
 
 
 
通販でも購入できますが、道外のデパートなどで行われる北海道物産展に、ひんぱんに出展しているそうなので、お近くのデパートで物産展があったら、ぜひ、行ってみてください。
 
 ただし、行列ができるくらい大人気なので、品切れだったら、ごめんなさいね。