北海道情報サイト「北海道ライカーズ」北海道情報サイト「北海道ライカーズ」

what likers

Icon search探す

公開 | 孫田 二規子

パフェ、珈琲、酒、佐藤/パフェ、珈琲、酒、佐々木〜札幌シメパフェ(11)

その独創的なパフェが、多くの女性のハートをつかんで離しません!

人気の姉妹店2軒を一度にご紹介します。


「パフェ、珈琲、酒、佐藤」のパフェ

 

独特の色づかいと斬新な素材の組み合わせ

「パフェ、珈琲、酒、佐藤」(以下、佐藤)
「パフェ、珈琲、酒、佐々木」(以下、佐々木)
の2軒は、全国テレビでも度々紹介されているので、ご存じの方も多いことでしょう。

札幌市中央区にあり、最寄りの地下鉄駅は、南北線・東西線・東豊線「大通駅」または東豊線「豊水すすきの駅」。

2軒は〝スープの冷めない〟徒歩10〜20秒くらい距離に立っていて、どの駅からでも徒歩5~6分でお店に到着します。


「パフェ、珈琲、酒、佐藤」の外観▲狸小路L字街に立つ「佐藤」


「パフェ、珈琲、酒、佐々木」の外観▲「佐々木」はビルの地下に


目に鮮やかな独特の色づかいや、斬新な素材の組み合わせに驚かされるパフェは、自家製の菓子で構成されています。

ジュレやムースから、飾りのチュイールまで全部つくっているというから、すごい!


「パフェ、珈琲、酒、佐藤」の内観▲「佐藤」の店内。パフェがきれいに見えるようテーブルを黒くした


なかでも、主役となるアイスクリーム、ソルベには一家言あり。

パフェには基本、このアイスクリームやソルベが2種使われるのですが、これらはひとつずつでも一緒に食べてもおいしい味を目指しているのだそうで、私たちは3度楽しめるという♡


「パフェ、珈琲、酒、佐々木」の内観▲「佐藤」とはまたちょっと違う雰囲気の「佐々木」。奥に小上がりが


アイスクリームもその他の菓子も、素材の風味がしっかり出ており、ひとつのパフェのなかには、甘み、塩味、酸味、渋みといった多彩な味が詰まっています。

食感も、なめらかからサクサク感までさまざま。

例えるなら、いろいろな楽器が、異なる音と旋律を奏でながらも、ひとつの曲をつくりあげるオーケストラのよう。

見事に調和させる〝指揮者〟は、メニューの開発を手がける店長の佐藤智史さん。

独特のクリエイティビティは、一方で、デザイナーとしての顔を持つからかも知れません。

 

パフェをご紹介します

ではここで、「佐藤」と「佐々木」のパフェの一部をご紹介しましょう!

◎「佐藤」

「パフェ、珈琲、酒、佐藤」のパフェ


「塩キャラメルとピスタチオ」

パッと目に入る赤色に「あれ、違うのきた?」ととまどうひともいるはず! 正体はカシスムース。塩キャラメルとピスタチオの濃い味のアイスクリームに酸味がベストマッチです。

「パフェ、珈琲、酒、佐藤」の「塩キャラメルとピスタチオ」▲「塩キャラメルとピスタチオ」1100円(税別)


「豆と梅、ほうじ茶」
表面に枝豆クリームをしぼった和三盆のアイスクリーム、梅ソルベ、そして煮豆(!)がのった和風パフェ。グラスの下には、ほうじ茶ムースとあんこが入っています。やさしくて和みのある味わいです。

「パフェ、珈琲、酒、佐藤」の▲「豆と梅、ほうじ茶」 1130円(税別)


◎「佐々木」

佐々木のパフェ



「ショコラ~岩塩とオレンジの香り~」
チョコレートのソフトクリーム、ホワイトチョコレート、第四のチョコといわれる〝ブロンドチョコ〟を使ったチョコ尽くしのひと品。〝箸休め〟は上品に香るオレンジピールのゼリー。チョコレートの芳醇さとコクを堪能する大人のパフェです。

佐々木のパフェ▲「ショコラ~岩塩とオレンジの香り~」1350円(税別)


「抹茶と烏龍茶~柚子とライチと共に」
ウーロン茶と抹茶の渋み、ゆずとライチのさわやかな酸味の組み合わせが絶妙です。ラインナップのなかではあっさりめなので、1軒目で食べ過ぎた…なんてときにもいけるはず。実は筆者はこれがいちばん好きです。だって、他で食べたことのない味なんですよ!

佐々木のパフェ▲「抹茶と烏龍茶~柚子とライチと共に」1250円(税別)

 

どのくらい混んでる? 予約は取れるの?

気になる混雑状況ですが、21時以降など〝シメ〟の時間の行列は避けがたい、というのが現状。

予約に関しては、
「佐藤」は不可
「佐々木」は酒、つまみ、パフェ、珈琲がセットになった「堪能コース」のみ可
です。

ちなみに筆者がこの店を利用する時は、オープンしたタイミングで〝前〟パフェを楽しんだり、「佐藤」の場合は土曜の13時〜14時を狙ってランチのシメにしたりしています。

これだと、スムーズに入れることが多いという印象です。

ご参考までに!
この記事をSNSでシェアしよう!
  • パフェ、珈琲、酒、佐藤/パフェ、珈琲、酒、佐々木〜札幌シメパフェ(11)
Title
Close