北海道情報サイト「北海道ライカーズ」北海道情報サイト「北海道ライカーズ」

what likers

Icon search探す

公開 | さとうふみえ

挑戦!人が集う場所を目指す木工ショールーム「TSKOOL」津別町

津別町の山上木工ショールーム「TSKOOL」


オホーツク地方の津別町に誕生した「TSKOOL(ツクール)」は、株式会社山上木工のショールーム。

廃校舎をリノベーションしたショールームは、こんな場所にこんなものが!?といったお洒落な佇まいで、つい立ち寄りたくなってしまいます。

 

目次

・TSKOOL(ツクール)とは
・山上木工のここがスゴイ!

・山上木工自社ブランド「ISU-WORKS」
・北海道産の一枚板が圧巻!
・お手頃価格の小物やアウトレット商品
・専務山上裕一朗さん「TSKOOL」への想い


 

TSKOOL(ツクール)とは

ちょっと目を引くスタイリッシュなこの建物は、株式会社山上木工(以下、山上木工)が運営する「TSKOOL(ツクール)」。
 
女満別空港から車で約25分の津別町活汲(かっくみ)という小さな集落にあり、山上木工の自社製品を展示販売するショールームです。


津別町の山上木工ショールーム「TSKOOL」▲山上木工のショールーム「TSKOOL」


国道240号線沿いにあり、その外観からカフェやレストランと勘違いして立ち寄る人もいるのだとか。


津別町の山上木工ショールーム「TSKOOL」、二宮金次郎像▲校舎だった敷地内には、二宮金次郎像もあります


津別町の旧活汲小学校▲リノベーション前の旧活汲小学校はこんな感じでした(写真提供:山上木工)


元々倉庫を探していた山上木工ですが、津別町から旧活汲小学校の活用を打診され、そこからショールームをオープンさせる計画が持ち上がりました。


津別町の山上木工ショールーム「TSKOOL」内部▲入り口のドアを開けると、木の心地よい香りがします


資金の問題に加え構想にも時間がかかりましたが、通常作業と平行しながら約3年かけて平成30(2018)年6月にやっと「TSKOOL」をオープンさせました。


津別町の山上木工ショールーム「TSKOOL」旧活汲小学校の紋章▲「TSKOOL」に飾られている旧活汲小学校の校章


校章には活汲の「活」という字が刻まれていますが、この字を「活用」の「活」としても捉えている山上木工の三代目で専務の山上裕一朗さん。
 
校章を旧校舎への敬意と「活用」のシンボルとしてショールームに飾り、旧校舎の「活用」で「TSKOOL」のコンセプトの一つである「見せる」を発信中です!

 

山上木工のここがスゴイ!

昭和25(1950)年から津別町で創業している山上木工。

創業から長年室内建具を作っていましたが、現在では、オリジナル木製家具ブランド「ISU-WORKS(イス・ワークス)」や「ISU-PAPYRUS(イス・パピルス)」をはじめ、一枚板の天板や木工小物の製作、特殊加工の注文に応じています。


津別町の山上木工NC工作機械▲機械設備が充実した山上木工では、ねじ曲がったものでも対応可能(写真提供:山上木工)


山上木工では、2代目で社長の山上裕靖さんが30年ほど前に複雑な形状の加工を得意とするNC工作機械を導入。
 
現在は、一般汎用機を含む約100台の機械設備と、熟練した木工職人が山上木工にしかできない技術で、クオリティーの高い製品を製作しています。

 
津別町の山上木工ショールーム「TSKOOL」、マネキン加工▲柔らかな曲線のマネキンも、NC工作機械で製作


NC工作機械で加工する際に必要なNCデータは、3Dデータを元に作成するので「3Dデータさえあれば日本全国、海外からの発注にも対応できます」と専務の山上裕一朗さん。
 
「どんなものでも山上木工に頼めばできる!」と取引先から言われる機械力と職人力が山上木工の強みです。

 

山上木工自社ブランド「ISU-WORKS」

「TSKOOL」にズラリと並んだ椅子は、山上木工のオリジナル木製家具ブランド「ISU-WORKS」。
 
山上木工と札幌市在住で木製椅子作家の高橋三太郎さんとのコラボ商品で、椅子を知り尽くした高橋さんのデザインと、山上木工の機械力と職人力が生み出す美しく上質な椅子です。


津別町「TSKOOL」山上木工自社ブランド「ISU-WORKS」▲熟練した職人が、1脚1脚丁寧に仕上げています


現在「ISU-WORKS」は、日本国内57店舗で販売されていますが、経済産業省が主導する「Challenge Local Cool Japan in パリ」事業の商品として、パリのショールームmaison wa(メゾン・ワ)にも常設展示されています。
 
「Challenge Local Cool Japan in パリ」とは、「クールジャパン政策」の一つで、地域の優れたクールジャパン商品のテストマーケティング支援を行う事業。
 
「ISU-WORKS」は、平成29(2017)年に北海道のクールジャパン商品の一つとして選定されました。


津別町「TSKOOL」山上木工自社ブランド「ISU-WORKS」▲北海道産ナラ材を使った「ISU-WORKS」の椅子


「ISU-WORKS」は、椅子のデザインと使用する材木や張地の種類が選べ、座板の高さ調整にも応じてくれるので、自分好みのオーダーができます。(椅子のデザインによって選べる材木、張地の種類は異なります)

 
津別町「TSKOOL」山上木工自社ブランド「ISU-WORKS」▲実は、食卓テーブルや応接テーブルの椅子の場合、私たちが見ているのは椅子の正面より後面の方が多いって気がついていました?


「美しく豊かな暮らし」がテーマの「ISU-WORKS」は、座り心地はもちろん、日常生活の中に何気なくある椅子の後面の美しさにもこだわっています。

 

北海道産の一枚板が圧巻!

「TSKOOL」の一番奥には、一枚板だけを展示販売しているスペースがあります。


津別町の山上木工ショールーム「TSKOOL」一枚板▲これだけ並ぶと迫力があります


気になる価格については、「おそらく市場価格だと、うちの1.7倍くらいするかも」と専務の山上裕一朗さん。
 

津別町の山上木工ショールーム「TSKOOL」一枚板▲個性的な一枚板もあり、北海道産のナラ、カバ、タモ材なども豊富に揃っています
 

このように一枚板を展示販売するようになったのは「TSKOOL」がオープンしてからですが、社長の山上裕靖さんが長年買い集めた一枚板の数が半端じゃない!
 
欲しいけど、なかなか自分の思い描いている一枚板に出会えない…と思っている方も「TSKOOL」ならお気に入りの一枚が見つかるかも知れませんね。


津別町の山上木工ショールーム「TSKOOL」一枚板▲「TSKOOL」で展示販売されている一枚板は、山上木工の在庫のほんの一部


一枚板ってちょっと憧れませんか?

お気に入りのカフェのような一枚板のテーブルが欲しい…リビングに落ち着いた一枚板のバーカウンターのような雰囲気を設けたい…などなど。
 
そんなイメージを膨らませている方は、ぜひ「TSKOOL」に立ち寄ってみてくださいね♪

 

お手頃価格の小物やアウトレット商品

どんなに丁寧に作った椅子でも、木目や節の出方、キズがつていしまった、展示品だったなどの理由で「ISU-WORKS」ブランドとしては出せない商品が出てきます。


津別町の山上木工ショールーム「TSKOOL」アウトレット商品▲そんな商品を「TSKOOL」では、アウトレット商品として販売しています


アウトレットなので、いつどんな商品に出会えるかわかりませんが、ふと立ち寄った「TSKOOL」で掘り出しものを手に入れられるという楽しさもあります。


津別町の山上木工ショールーム「TSKOOL」アウトレット商品▲カッティングボードのアウトレット商品


アウトレット価格のものは、現品限りのものがほとんどなので、常時商品は入れ替わっています。


津別町の山上木工ショールーム「TSKOOL」小物ブランド「CRAFT BE-ING」▲左からマグネット、カード(写真)スタンド、名刺入れ


山上木工では、高橋三太郎さんとの協働プロジェクトによる小物ブランド「CRAFT BE-ING」を展開。
 
「CRAFT BE-ING」のカード(写真)スタンド、名刺入れは、ちょっとしたプレゼントにも喜ばれそうですね。

 

専務山上裕一朗さん「TSKOOL」への想い

「今のTSKOOLは、Ver.1なんです」と山上木工の三代目で専務の山上裕一朗さん。
 
裕一朗さんが考える「TSKOOL 」Ver.1は、今まで培ってきた山上木工の技術力を「見せる」がテーマですが、Ver.2では「津別町の関係人口を増やしたい」とのこと。


津別町の山上木工ショールーム「TSKOOL」山上裕一朗さん▲山上木工の三代目で専務の山上裕一朗さん


「関係人口」とは、その地域に住んでいなくても、何らかの係りを持ってその地域を応援する人の数。
 
裕一朗さんは、「過疎が進む町で人口を増やすのは難しいけれど、ここが学校だっただけにTSKOOLを人が集う場所にしたい」と語り、「TSKOOL Ver.2では、半年~1年かけてハイエンドの作品を作る木工教室開催し、少し長い期間津別町に通うことでこの町に興味を持ってもらいたい」と目標を掲げています。


津別町の山上木工ショールーム「TSKOOL」▲「TSKOOL」のロゴには、「津別町に人を呼び込みたい」という想いの開いたドアが描かれています


「TSKOOL」という名前は、津別町「TSUBETSU」、学校「SCHOOL」、オホーツク「OKHOTSK」という3文字から、ものづくりの「つくる」をイメージして付けられました。
 
さらに「TSKOOL」Ver.3では、気軽に立ち寄れる併設カフェをオープンさせる予定だとか。
 
今後の「TSKOOL」のバージョンアップが楽しみですね♪
※木工教室、カフェのオープン時期は未定です。

 

関連リンク

TSKOOL Facebook
株式会社山上木工
家具工房SANTARO 高橋三太郎
ISU-WORKS
この記事をSNSでシェアしよう!
  • 挑戦!人が集う場所を目指す木工ショールーム「TSKOOL」津別町
  • Google+
Title
Close