札幌発のブランドが、あなたのハートを盗む。「STEAL」。

これ、なんだと思いますか?
(1)北海道産の新しいお菓子
(2)北海道産の新しいお酒
(3)小銭入れ





答えは「ヘキサゴン」と名付けられた小銭入れ。
つくっているのは、オリジナルのレザー製品をデザイン、制作している「STEAL(スティール)」。

ヘキサゴンは、元々は星型の小銭入れをつくるつもりで試行錯誤していたら、このカタチにたどり着いたそう。





これは、2つのパーツから成り立っています。
外側=スターパーツ(星型)と内側のヘキサパーツ(六角形)。

これを好きな色で組み合わせることができ、その数なんと144通り!





横から見ると、ドーム型にちょっとぷっくりしているのがかわいくて、手のひらにポコっと納まります。









この「ヘキサゴン」をはじめ、個性的で存在感のある財布やバッグ、アクセサリーなどを手掛けているのが、代表でデザイナーの江越慈高さん。





大阪で生まれ、中学から札幌で過ごし、東京の大学時代は男子新体操で日本一に!
その後飲食店をやりたいという夢を持ち名古屋で就職。

23歳の時、奥様から誕生日プレゼントでもらった財布がきっかけで、この世界に足を踏み込んだそう。
しかし、レザー制作に関しては全くの素人で、すべて独学で学んだそうです。





「2005年7月に、知人の店に間借りする形で始め、同年10月に自分の店を持ちました。ここまで来ることができたのはいろんな人の力があったから。2010年に東京に出店し、1年ごとに名古屋、静岡と出店しました。期間限定ですが、台湾でも出店したことがあります。今は、福岡と仙台への進出を計画中です」(江越さん談)。





道外の大都市や海外まで視野にいれた展開をしていながら、本社は「札幌」にこだわり続けています。「今まで住んだ街の中で札幌が一番いい。中学、高校の思い出がたっぷりあるというのもあるけど、人もあたたかくて、札幌以外でやるなんて考えたこともない。どれだけ手広く展開しても、札幌から絶対動かないです。それより、札幌発信のブランドとして、北海道を代表する企業になれたらいいと思っています」と江越さん。





社名でありブランド名である「STEAL」には、「人のハートを盗む」という意味が込められています。

江越さんは「人の心を盗もうというのですから、モノだけ良くてもダメ。人の心を盗める『ひと』になるためにも、自分の心も成長させなければ!という想いもあります」と話してくれました。





「Steal Leather Industry」=「盗心工房」。
その名の通り、魅力的なレザーアイテムは、見る人、手に取る人のハートをがっちりキャッチ!

札幌発のブランドに、あなたもハートを盗まれてみませんか?




関連リンク

STEALfacebook
STEAL


ヘキサゴン通販サイト

http://item.rakuten.co.jp/steal/hexagon-001/
http://www.rakuten.co.jp/steal/

札幌本店
札幌市東区北14条東7丁目1-25
TEL:011-752-8999

東京原宿店
東京都渋谷区神宮前4丁目25-35 メイプルスクエア3F
TEL:03-6804-5526

静岡PARCO店
静岡市葵区紺屋町6-7 静岡PARCO2F
TEL:054-903-8660

名古屋PARCO店
名古屋市中区栄3-29-1 名古屋PARCO西館1F
TEL:052-264-8174