北海道情報サイト「北海道ライカーズ」北海道情報サイト「北海道ライカーズ」

what likers

Icon search探す

公開 | わたなべひろみ

ラーメンのエキスパート!さっぽろラーメンタクシーで好みの一杯に出会う




北海道の数あるグルメの中でも、ラーメンの人気は不動のものでしょう。
そして、タクシードライバーさんって、地元のおいしいお店をよく知っているはず……。

2018年1月から、黄色いステッカーを貼った「さっぽろラーメンタクシー」が札幌市内を走っています。
ラーメンのエキスパートである「さっぽろラーメンタクシー」のドライバーさんにおいしいラーメン店へ連れていってもらいました。

 

目次

・そもそも「さっぽろラーメンタクシー」ってなに?
・さっぽろラーメンタクシーに乗ってみた
・オススメされたのは道産食材90%以上使用の元気の出るラーメン
 

そもそも「さっぽろラーメンタクシー」ってなに? 

「観光やビジネスで札幌に訪れた皆さん、あるいは地元の皆さんに、好みにあったおいしいラーメン店へ案内できるドライバーの乗ったタクシーが『さっぽろラーメンタクシー』です。
 
今年1月より、認定ドライバーが専用の黄色いステッカーをクルマに貼り、札幌市内を走っています。これまでも、福岡、和歌山、新潟でもラーメンタクシーは走っていましたが、街を流す形でラーメンタクシーが走るのは札幌が全国初だと思います」
 

入稿記事の△部をここに入れます


「『さっぽろラーメンタクシー』はウェブサイトを見て、ラーメンタクシーを呼ぶこともできますが、基本は街中を走っているタクシーを止めて利用してもらえます。
 
現在、28名のドライバーが認定され、37店舗のラーメン店が参加しています。
 
資格認定を受けるためには一定の基準があります。

まずは、規定の期間に、参加ラーメン店にて所定の数のラーメンを食べてもらいます。(今回は3ヶ月で20店舗)
でも、ただ食べに行ってもらうわけではありません。
 
味の5段階評価、麺やスープの特徴、自由記述でお店の雰囲気、どういう方にオススメしたいかなどのレポートを書いて提出してもらうんです。
それぞれ、お客さまを案内するのに大切と思われることがレポートされていれば、晴れて合格です。
 
1回目のドライバーの希望者は47名いましたが、合格したのは28名。
皆さん、味の詳細はもちろん、道産食材を使っているか、店内の清潔感はどうか、接客はどんな感じか、キッズコーナーがあるかなど、細かなレポートの提出がありました。

まさに、札幌ラーメンのエキスパートです」

 

さっぽろラーメンタクシーに乗ってみた

では、そんなラーメンのエキスパートに、ラーメン店を案内してもらおう! と、実際に「さっぽろラーメンタクシー」に乗ってみました。
 
案内してくださったのは、明星自動車(株)白石支店の島田真土さん。
島田さんは、道内でたった4人しかいない、夢大地北海道ガイドタクシーのゴールド認定乗務員でもあります。
 
そして、道内のご当地検定制覇をはじめとして、札幌夜景ナビゲーター、ビール検定、函館イカマイスターなどあらゆる資格をお持ちとか。
お客さまを楽しませるために、様々な知識を取り入れたいということから始めた資格取得だったそうで、「さっぽろラーメンタクシー」の認定もその一つとのこと。
 

「さっぽろラーメンタクシー」に参加の全ての店舗の情報をそろえ、認定時に提出したレポートの他にも、気がついたことをびっしりメモしています。
それらの資料と新しい情報とを元にお客さまをご案内しているそうです。


入稿記事の△部をここに入れます▲びっしりとメモで埋まった資料

 
「ラーメン、好きです。暑い時でも食べたくなりますよね、やっぱり道産子なんでしょうかね。
ラーメンが嫌いっていう人はほとんどいないんじゃないですか? ただ、どんなラーメンが好きかっていうのは、人によって違いますので。
 
味噌がいいのか、醤油がいいのか、最近流行りの海老そば系やつけ麺がいいのか。ジャンルをおっしゃってくれたら、ご案内しやすいんですよ。
 
『札幌で一番おいしいラーメンが食べたい』、『運転手さんが好きなラーメンを教えて』っていうのは困っちゃいます。
あくまでも、お客さまの好みを伺って、『僕はここが好きですね』というふうにご案内しています。
 
それと、ご案内する際に重要なのは、ラーメン店のある場所ですね。
観光客の方も多いので、ご案内する場所が中心部から離れていると、食べた後にどう帰るかという問題も出てくる。
 
もう一つは、並ぶ時間の余裕があるかないか。人気店はどうしても並ぶことが多いので、「並んででも食べたい!」というお客さまにはご案内しています。
 
いずれにしても、お客さまのニーズをまず聞くこと。食に関する質問って難しいものだなと痛感していますね」

 
入稿記事の△部をここに入れます▲後部座席の目立つ位置に設置された「さっぽろラーメンタクシー」のパンフレット クーポン券は各店によって様々なサービスがある
 

「これまで、観光客、地元の方、どちらもご案内していますが、パターンが違うものです。
 
僕は夕方からの勤務なのですが、観光の方は、札幌に着いたばかりで、ちょっとこれからラーメン食べたいのだけどっていうのが多い。
地元の方は、夕方にタクシーに乗る場合、大概がこれからススキノに飲みに行く人なんですよ。

それで、『〆の一杯でいいところあるかい?』と聞かれることがあるので、後部座席の目につきやすいところに用意しているパンフレットと各店舗で使えるクーポン券をお渡しして、この中のお店の中からどうぞ、とオススメしています。
 
お店にご案内するばかりでなく、ラーメンにまつわるお話をすることもありますね。
札幌ラーメンといえば味噌、と思いがちですが、実は、札幌で味噌ラーメンが誕生したのは1950年代のことなんですよ。

また、博多ラーメンのイメージが強い豚骨スープですが、札幌ラーメンでも使われています。

一説によると、アイヌ料理の流れで豚骨スープが使われているのではとも言われています。
このような話をして、『これは面白いな』とお客さまに喜んでいただいて、また札幌に来てみたいと感じていただければと、思っています」

 

オススメされたのは道産食材90%以上使用の元気のでるラーメン  

こんなお話を聞きながら、島田さんに案内していただいたのは、JR札幌駅近くにある一粒庵です。


入稿記事の△部をここに入れます
 

入稿記事の△部をここに入れます▲開店前から多くの人が並ぶ 海外からのお客さまも多くハラル対応メニューの用意もある(ハラルとはイスラム教の戒律において食べることを許されたもの)


こちらは、日本の食料自給率アップのための取り組みとして行われている緑提灯を掲げるお店です。この緑提灯は国産食材を使用する割合が50%を越える飲食店が掲げることができます。


入稿記事の△部をここにいれる▲国産食材90%使用の一粒庵は星5つ
 

さらに、店主の大島陽さんは90%は北海道食材を使い、冬場に不足する野菜は国内の厳選した食材を使用するという徹底ぶりです。
 
「何年も前から、日本としても、北海道としても海外からのお客さまを多く受け入れようという流れがあります。
 
北海道は、風光明媚で、気候風土がよく、おいしい食べものを豊富に作り出すことができる。そして、それを提供することができるということは、貴重な観光資源なんですね。
ただ、それが安心安全なものでなければ意味がない。

私が賛同している、緑提灯や北海道が認定する北のめぐみ愛食レストラン、札幌市の食の安心安全推進協定などの取り組みは、おいしく安全なものをお出ししますよという、お客さまとのお約束であり、自分との約束でもあります。私もそのような姿勢で仕事をしています」


https://midori-chouchin.jp/▲おいしい魚を食べたくて大学の水産学科に入ったという大島さんは捕鯨船に乗って南極まで赴くなどの異色の経験の持ち主でもある
 

「『さっぽろラーメンタクシー』についても、おいしいラーメンを紹介できるタクシーが走っているというのは、札幌を訪れる方たちへのホスピタリティであり、観光都市としての財産となっていくものだと思っています。わずかながらでも、その支えとして、お手伝いをしたいですね」

と、大島さん。
 
オススメの「元気のでるみそラーメンDX」は、浦幌産の行者ニンニクに、ひだかホエー豚のチャーシュー、スクランブルエッグにも行者ニンニクを刻んだものが混ぜ込まれています。まろやかな味噌スープに卵のフワフワが思いのほかマッチします。


入稿記事の△部をここにいれます▲ボリューム満点の元気のでるみそラーメンDX 麺の量は加減できるとのこと
 

丼の真ん中でひときわ存在感を示す行者ニンニクは、浦幌町の広大な山野で春先に1年分を一気に収穫し、凍結貯蔵されたもの。
この凍らせるという過程が、保存に適しているとともに、栄養価は下げずにニオイを抑える効果があるのだそう。

豚肉や卵に含まれるビタミンBと合わせることにより、さらにニオイも控えめになり、栄養価も高まるのだそうです。
ふくよかな甘味はそのまま、行者ニンニク特有のニオイは気になりません。
この一杯の中に元気の素がたくさん詰まっています。おいしいのはもちろん、チカラもモリモリ湧いてくるようです。
 
 
今後、「さっぽろラーメンタクシー」は、より多くの方においしいラーメン店を紹介するために、ドライバーを200人、参加店舗は50店くらいまでの拡大を目指していきたいそうです。

札幌を訪れる方たちへのおもてなしの一つとして、よりよいサービスに発展していくことを期待します。

黄色いステッカーが目印です。
見かけたら、おいしいラーメンを求めて、乗車してみてはいかがでしょうか。

 

関連リンク

さっぽろラーメンタクシー ウェブサイト
札幌商工会議所
互信ホールディングス株式会社
この記事をSNSでシェアしよう!
  • ラーメンのエキスパート!さっぽろラーメンタクシーで好みの一杯に出会う
Title
Close