北海道情報サイト「北海道ライカーズ」北海道情報サイト「北海道ライカーズ」

what likers

Icon search探す

公開 | 佐々木葉子

行列ができるお店も!お魚天国「釧之助本店」の飲食部門、徹底ガイド!

JR釧路駅から車で10分弱、たんちょう釧路空港から車で約35分。
釧路市の隣町・釧路町にオープンした「釧之助(せんのすけ)本店」は、旨い!魚が集まる巨大ワンダーランド。2フロアに4つある飲食部門のすべてをご紹介します!

 
alt、▲「釧之助本店」は、北海道の水産加工最大手・笹谷商店が運営。1階にお目見えした「海鮮バーベキュー大漁丸」では、同商店自慢の一夜干し、季節の魚介などを楽しめます▲「釧之助本店」は、北海道の水産加工最大手・笹谷商店が運営。1階にお目見えした「海鮮バーベキュー大漁丸」では、同商店自慢の一夜干し、季節の魚介などを楽しめます

 

目次

・毎日がBBQ日和の「海鮮バーベキュー大漁丸」
・開店前から行列ができる「釧(せん)ちゃん食堂」
・〆のおやつは、釧路っ子らしく「揚げ天」を


 

毎日がBBQ日和の「海鮮バーベキュー大漁丸」

釧路といえば、新鮮な魚介を炭火で焼く「炉端焼き」。釧路が発祥ともいわれています。この炉端焼きを釧之助風に進化させ提供しているのが、「海鮮バーベキュー大漁丸」です。

食材のメインは、笹谷商店自慢の干物。釧路の前浜で水揚げされたばかりの新鮮な魚を選りすぐり、すぐに自社工場へ送り、加工。これまでの干物のイメージを一新する、薄味仕上げと身のふっくら感が特徴です。

 
alt、▲提供写真:左は脂が乗った一枚ものの「釧鯖(せんさば)」464円。右上はズシッと重い!ボリューミーな「ほっけ」300g896円、350g993円、400g1,080円。右下は希少な高級魚「つぼ鯛」※現在は半身のみ、100g680円、150g799円、200g982円で販売。ぶ厚い身からジワッと脂がにじみでているこの様子、もうたまりませんね。※魚の価格は時期によって異なります▲提供写真:左は脂が乗った一枚ものの「釧鯖(せんさば)」464円。右上はズシッと重い!ボリューミーな「ほっけ」300g896円、350g993円、400g1,080円。右下は希少な高級魚「つぼ鯛」※現在は半身のみ、100g680円、150g799円、200g982円で販売。ぶ厚い身からジワッと脂がにじみでているこの様子、もうたまりませんね。※魚の価格は時期によって異なります


もちろん、バーベキューには欠かせないお肉や野菜などもいっぱい。コース設定はなく、食材コーナーで食べたいものを食べたいだけ選ぶシステムです。

会計を済ませてテーブルに着いたら、自分のペースで好きなものから順に焼いていきましょう!慣れていない人でも上手に焼けるように、ここでは火力調整が難しい炭火ではなく、遠赤外線ロースターを使用しています。こうした心配りもうれしいですね。

 
alt、▲ビールに合う珍味やスウィーツも並ぶ、食材コーナー▲ビールに合う珍味やスウィーツも並ぶ、食材コーナー

 
alt、▲充実の干物から生のエビや貝、北海道産の豚肉や季節の野菜などがズラリ!▲充実の干物から生のエビや貝、北海道産の豚肉や季節の野菜などがズラリ!


天気を気にせず、バーベキューを楽しめる19卓、149席。
個室仕立てのコーナーもありますので、お子様連れでも気兼ねなく利用できます。

 
alt、▲提供写真:天井が高く、広々とした空間。ロースターが煙を吸うので、洋服に臭いがつく心配もいりません▲提供写真:天井が高く、広々とした空間。みんなでおしゃべりしながら、バーベキューを満喫!

 

開店前から行列ができる「釧(せん)ちゃん食堂」

安くてうまくてボリューム満点!といえば、「釧ちゃん食堂」。お客さんの大半が地元の方で、うまい魚を食べるならここ!と評判のお店です。

釧路市魚市場の隣にある1号店に続き、待望の2号店が「釧之助本店」2階に誕生。ほぼ毎日、開店前から行列ができるというのですから、大変な人気です。

ファンのお目当ては、うまい魚を料理した定食と丼物。一番の看板メニュー「海鮮丼」は、こちらです。


 alt、▲提供写真:この色、このツヤ。一目で鮮度の良さがわかるネタが、折り重なるように盛られた「海鮮丼」1,242円。北海道屈指の漁港・釧路の底力を感じます▲提供写真:この色、このツヤ。一目で鮮度の良さがわかるネタが、折り重なるように盛られた「海鮮丼」1,242円。北海道屈指の漁港・釧路の底力を感じます


焼き魚なら、とにかくお試しいただきたいのが「焼き釧さば定食」810円。身がふっくら、脂がのった「釧鯖」は、魚にうるさい釧路っ子、舌の肥えた道産子もうなるほど。


alt、 ▲提供写真:釧路が誇る究極のサバ「釧(せん)サバ」。脂がプクプクいうくらい、まさに焼きたてが目の前に ▲提供写真:釧路が誇る究極のサバ「釧鯖」。脂がプクプクいうくらい、まさに焼きたてが目の前に。オーダーが入ってからピチピチの魚を調理する、煮魚定食も人気です!


この他、3日間以上煮込んだルーがスパイシーでおいしい「カレーライス」や「カツカレー」、釧路ゆかりのザンギがたっぷり盛られた「ザンギ定食」もリピーターが多いメニュー。「お子様ランチ」や「あんかけ焼そば」も人気上昇中です。

粋に握りをつまみたい時は、1階の「お寿司コーナー」へ。
その時期、その日のおすすめのネタを6貫、8貫、10貫盛りで堪能できます。


alt、▲白木のカウンターに10席。この道10年の職人さんとのおしゃべりも弾みます▲白木のカウンターに10席。この道10年の職人さんとのおしゃべりも弾みます

 

〆のおやつは、釧路っ子らしく「揚げ天」を

釧路に来たら、地元では昔からポピュラーなおやつ「揚げ天」をぜひ食べてみてください。

「揚げ天」とは、すり身を揚げたもの。1階「揚げ天コーナー」では、その場で揚げて提供する13種類を用意。自家製レシピでつくる生地は弾力があり、混じりけのない、すり身本来の味が口の中に広がります。

 
alt、▲店内調理したアツアツを召し上がれ!▲店内調理したアツアツを召し上がれ!


「揚げ天」には棒付きのタイプもあり、おすすめはこの「チーズ巻」205円。揚げたてのすり身の中には、トロけたチーズがたっぷり。家に持って帰ると冷めちゃうと、店内の椅子に座って食べる人が多いそうです。

 
alt、▲お持ち帰り用には、油がしみづらいクラフト紙で包んでくれます▲お持ち帰り用には、油がしみづらいクラフト紙で包んでくれます


ここで出会ったおいしい魚や珍味などは、販売コーナーで購入できます。水揚げされたばかりの尾頭付きの魚も豊富。ご希望に応じて刺し身や切り身にも調理してくれます。
 

alt、▲提供写真:大きなショーケースがいくつも並ぶ販売コーナー。通路が広いので、じっくり品定めができます▲提供写真:大きなショーケースがいくつも並ぶ販売コーナー。通路が広いので、じっくり品定めができます

 
alt、▲提供写真:こちらが、三大おすすめ商品。上「いくら醤油漬(500g)」6,048円、下右「大鵬いわし(開き2枚)」399円、下左「釧鯖(半身1枚)」特大572円、大442円▲提供写真:こちらが、三大おすすめ商品。上「いくら醤油漬(500g)」6,048円、下右「大鵬いわし(開き2枚)」399円、下左「釧鯖(半身1枚)」特大572円、大442円


どの魚を食べるか、どんなふうに味わうか。
想像以上のバラエティを前に、とことん迷ってみるのも、旨い!魚が集まる巨大ワンダーランドの醍醐味のひとつです。


 
alt、▲提供写真:「釧之助本店」は、約200台分の駐車場を確保。マイカー、レンタカーでもお気軽に▲提供写真:「釧之助本店」は、約200台分の駐車場を確保。マイカー、レンタカーでもお気軽に

 

関連リンク

釧之助本店
釧之助Facebook
笹谷商店

\食べたい!食べるべき!と思ったら「なまらいいね!」/

この記事をSNSでシェアしよう!
  • 行列ができるお店も!お魚天国「釧之助本店」の飲食部門、徹底ガイド!
  • Google+

FacebookのIDを利用して、北海道Likersへ登録します。

北海道Likersは、北海道を愛する皆さんと北海道を盛り上げるコミュニティです。

  • 利用規約に同意の上ご登録ください。
  • FacebookのIDで簡単に登録できます。登録は無料です。
  • Facebookに設定しているメールアドレスを登録します。お客様のメールアドレスは、北海道Likers運営からの連絡に利用いたします。
Title
Close