北海道情報サイト「北海道ライカーズ」北海道情報サイト「北海道ライカーズ」

what likers

Icon search探す

公開 | nobuカワシマ

羽幌の漁協直営「浜のかあちゃん食堂」はかなりコスパ高し!




羽幌フェリーターミナル内にある「浜のかあちゃん食堂」の海鮮丼は最強!

漁協直営だけあり、新鮮で美味しいのはあたりまえ。
羽幌町名産の甘エビをはじめ、地元の海の幸がモリモリ♪

小鉢や汁ものもかなり食べごたえあり、心底満足すること間違いなし!

 

目次

・「浜のかあちゃん食堂」はどこにあるの?
・「前浜海鮮丼」がイチオシ!
・汁物や小鉢も絶品!
・ほかにはどんなメニューがあるの?


 


 

「浜のかあちゃん食堂」はどこにあるの?

浜のかあちゃん食堂は、日本海沿いの港町、羽幌(はぼろ)町にあります。


羽幌町は、札幌市や留萌市方面から稚内市方面へと続くオロロンライン沿いにあり、
沖合には離島の天売(てうり)島と焼尻(やぎしり)島があります。


食堂がある場所は、
天売島と焼尻島へ向かう羽幌フェリーターミナル内。

 
訪れた日は荒天でフェリーは欠航でしたが、食堂は営業!▲訪れた日は荒天でフェリーは欠航でしたが、食堂は営業


フェリーに乗る人はもちろん、乗らない人も利用できるので、
ドライブ途中の食事に立ち寄ることもできます。


船利用ではなくても、また欠航だとしても、
気兼ねなく、中へ入ってみましょう。

 
欠航なのでフェリーターミナル内はとっても静かでした▲欠航なのでフェリーターミナル内はとっても静かでした

 
奥に行くと、食堂は元気いっぱい営業中!▲奥に行くと、食堂は元気いっぱい営業中!

 
客席数は20弱。港に面した明るいお店です▲客席数は20弱。港に面した明るいお店です


こちらの食堂は、地元の漁協の直営店。
新鮮な海の幸をたっぷり使った丼ものや定食、麺類などを味わえます。

 
浜のかあさんが調理中▲浜のかあさんが調理中


営業時間は春と夏の朝8:00から14:00まで。

昼食利用はもちろん、朝食でもオッケー。
朝から地元の人たちで賑わう食堂なんです。

 

「前浜海鮮丼」がイチオシ! 

この食堂でのイチオシメニューは「前浜海鮮丼」。

 
「地物をいっぱい食べてもらいたいんです」と語る逢坂さん。前浜海鮮丼をドーンと提供▲「地物をいっぱい食べてもらいたいんです」と語る逢坂さん。前浜海鮮丼をドーンと提供


これ2000円でホントにいいの?
小鉢とかも込なの?

思わず聞き返したくなるくらい、なかなかなボリューム感。

見た目だけでもインパクトあります。

 
前浜海鮮丼は、汁ものや小鉢なども含め、ここに写っているものぜーんぶ含めて2000円(2018年7月現在)です▲前浜海鮮丼は、汁ものや小鉢なども含め、ここに写っているものぜーんぶ含めて2000円(2018年7月現在)です


海鮮丼をはじめ、汁ものや小鉢も、
この日に入ってきたネタ次第で内容が変わるそうです。
ネタはほぼ、羽幌産。

この日の海鮮丼のネタは、
活ホタテ、煮ダコ、甘エビ、塩イクラ、トビッコ、蒸しウニ。

7月からお盆頃は、蒸しウニにかわり、
天売島産の生ウニになることもあるそうです。


盛られたネタの量、ハンパないです▲盛られたネタの量、ハンパないです


活ホタテは2枚分の貝柱とヒモを使用。
煮ダコも5切、羽幌名産の甘エビは10本も入っています。

これにイクラやウニなどが盛られているので、かなりのボリューム。


「甘エビは極力10本入れるようにしています。だって、羽幌といえば甘エビでしょ」
そう語る逢坂さん。

さすが漁協直営。

 
エビ、ぷりっぷり♪ネタが多いので、ごはんとともにではなく、刺身気分で食べてみてもよし!▲エビ、ぷりっぷり♪ネタが多いので、ごはんとともにではなく、刺身気分で食べてみてもよし


ボリュームがインパクトあるというだけではなく、もちろん味も絶品。
新鮮ですし、美味しすぎます!

羽幌の新鮮な海産物をこんなにたくさん味わえるなんて、かなり贅沢。

 

汁物や小鉢も絶品!

海鮮丼とともに、汁物や小鉢のインパクトも大!

この日の汁物は、甘エビとワカメの味噌汁。
味噌汁はエビの出汁がききまくり♪

 
汁物のお椀は、海鮮丼の丼と変わらないくらい大きさ。家庭用のお椀の2~3倍容量がありそうです▲汁物のお椀は、海鮮丼の丼と変わらないくらい大きさ。家庭用のお椀の2~3倍容量がありそうです


味わい深く、食べごたえ(飲みごたえ!?)あります。

極力地元の素材を活かして提供するという汁物。

魚のあら汁だったり、北海道の郷土料理の三平汁になったり、
その日の仕入れ次第で内容が変わるそうです。


小鉢も仕入れ次第で内容が都度変わります。

 
この日は、煮ツブ2つと、ホタテのヒモを使った和え物。さらに、イカの煮付も▲この日は、煮ツブ2つと、ホタテのヒモを使った和え物。さらに、イカの煮付も


イカの煮付は魚の煮付になることもあれば、
ヒラメのから揚げになることもあるそうです。


これだけでちょっとした定食になるのでは?
汁物と小鉢だけでごはんを食べられそう。

海鮮丼にこれらもついて2000円って、かなりお得!

 

ほかにはどんなメニューがあるの?

浜のかあちゃん食堂で楽しめる食事は
新鮮でボリューム満点の前浜海鮮丼だけではありません。


甘エビがてんこ盛りの「甘エビ丼」や、
夏限定の天売島産ウニを盛った「生ウニ丼」、
「刺身定食」や「日替わり定食」などがあります。


日替わり定食のおかずは、魚の煮付や焼魚など。

 
カレイの煮付とアブラコの煮付。それぞれ1食分のおかずです▲カレイの煮付とアブラコの煮付。それぞれ1食分のおかずです


これに、前浜海鮮丼と同じく、汁物や小鉢がつきます。
こちらもかなりボリューミー!

丼ものや定食のほかに、
初山別村で獲れたフグでとった出汁を使ったそばやラーメンなどもあります。

2、3人で訪れたなら、お互いシェアして食べてみては?

 
メニューの参考に。食券を購入し、自分で料理を受け取り、食べ終えたら自分で下げるセルフスタイルです▲メニューの参考に。食券を購入し、自分で料理を受け取り、食べ終えたら自分で下げるセルフスタイルです


浜のかあちゃん食堂は、フェリーターミナル内の奥にある小さな食堂ですが、
出てくる料理は絶品!

ホントにこの値段で合っているの?
と聞き返したくなるほどコスパ高いです。


羽幌で食事をするなら浜のかあちゃん食堂で決まり!
ここ、ゼッタイまた行きたいっ♪

\食べたい!食べるべき!と思ったら「なまらいいね!」/

この記事をSNSでシェアしよう!
  • 羽幌の漁協直営「浜のかあちゃん食堂」はかなりコスパ高し!
  • Google+

FacebookのIDを利用して、北海道Likersへ登録します。

北海道Likersは、北海道を愛する皆さんと北海道を盛り上げるコミュニティです。

  • 利用規約に同意の上ご登録ください。
  • FacebookのIDで簡単に登録できます。登録は無料です。
  • Facebookに設定しているメールアドレスを登録します。お客様のメールアドレスは、北海道Likers運営からの連絡に利用いたします。
Title
Close