北海道情報サイト「北海道ライカーズ」北海道情報サイト「北海道ライカーズ」

what likers

Icon search探す

公開 | 孫田 二規子

召し上がれ!おいしくて個性派♡「シュークリーム専門店 patisserie beurre」

札幌市厚別区のパティスリーブールのシュークリーム


JR厚別駅から徒歩8分。

2016年にオープンした「シュークリーム専門店 patisserie beurre(パティスリーブール)」のショーケースを見たら、きっと驚くはずです。

ずらりと並ぶのは、「つぼ」「ごま」「デニッシュ」など個性派のシュークリーム。

一体どんな味?

あれもこれも食べてみたくて、しばし迷うこと必至です。


札幌市厚別区のパティスリーブールのシュークリーム


オーナーパティシエの白木秀俊さんがこの店を始めた契機は、ノルマンディー産のバター「イズニー」との出合いでした。

「独立する気はまったくなかったんですが、イズニーの持つ旨味、おいしさをいろいろなひとに味わって欲しいと思うようになって。

そうなると自分で店をやるのがいいな、ということで」と、白木さん。


札幌市厚別区のパティスリーブールのオーナーパティシエの白木秀俊さん▲パティシエ歴30余年。オーナーパティシエの白木秀俊さん


札幌市厚別区のパティスリーブール▲同店で使っているバターはイズニーのみ


牛乳や生クリーム、卵やビートなど、その他の材料はほとんど、北海道産。

いろいろ試したなかで、イズニーの風味と相性がよく、なおかつおいしいものを吟味しています。


札幌市厚別区のパティスリーブールの焼き菓子▲店内に並ぶ焼き菓子ももちろんイズニーを使用

 

6つの定番シュークリームを紹介

札幌市厚別区のパティスリーブール


では、ショーケースに並ぶ定番を6種ご紹介しましょう。

実はシュークリームは一つひとつ、材料の配合も焼き方もみんな違います。とっても手が込んでいるんですよ!


札幌市厚別区のパティスリーブールのシュークリーム


手前から時計まわりに、
〇「つぼ」
「器ごと食べられるクレームブリュレ」をイメージ。表面をパリッとキャラメリゼしたやわらなかつぼ型のシュー生地に、季節毎のフルーツがごろっと入っています。取材時はバナナでクリームもバナナ味。ねっとりとした甘さが堪能できました!


〇「ショコラ」
チョコレートとアーモンドのクロッカンをかぶせて焼いています。クリームにはフランスのヴァローナのチョコレートを贅沢に使用。香りも口どけもリッチです♡


〇「デニッシュ」
シュー生地にデニッシュ生地をかぶせて焼いています。サクッとした食感、そして北海道産マスカルポーネのクリームのあっさりした味わいが楽しめます。


札幌市厚別区のパティスリーブールのシュークリーム

手前から時計まわりに
〇「アマンド」
表面にはカリッと焼き上げたアーモンド。クリームはアーモンドと相性のよいコアントローが香るきれいな味。


〇「ごま」
唯一の和テイスト。マイルドな黒ごまのクリームですが、隠し味は辛口の日本酒としょう油!表面にはチュール生地をしぼっています。


〇「ノアカフェ」
リキュールは使わず、コーヒーをブレンドすることで風味をしっかり出しています。エレガントな大人の香りとトッピングの焦がしくるみの香ばしさがベストマッチ!


みなさん、食べたいものはありましたか?


いずれもバターがふんわり香り、200円台と買いやすい価格ながら、ひと口頬張れば幸せ感に満たされる味わいです。


札幌市厚別区のパティスリーブール


店前に駐車場があるので、ドライブの途中の立ち寄りもしやすいはず。ぜひ、至福のスイーツタイムを!
この記事をSNSでシェアしよう!
  • 召し上がれ!おいしくて個性派♡「シュークリーム専門店 patisserie beurre」
  • Google+
Title
Close