北海道情報サイト「北海道ライカーズ」北海道情報サイト「北海道ライカーズ」

what likers

Icon search探す

公開 | 小西 由稀

旅のテンションを上げる“都市観光ホテル”「星野リゾート OMO7 旭川」

星野リゾートOMO7旭川


星野リゾートが仕掛ける新しい旅スタイルを提案するホテル「星野リゾート OMO7 旭川」。
 
「寝るだけでは終わらせない、旅のテンションを上げる都市観光ホテル」という楽しそうなコンセプトを掲げ、2018年4月、旭川にリニューアルオープンしました。
 
果たしてどんなホテルなのか、気になる内容を取材しました。

 
星野リゾートOMO7旭川

 

目次

・OMO7 旭川って、どんな意味?どんなホテル?
・街歩きをしたくなる仕掛けが詰まったOMOベース
・和も洋もテンションが上がる朝食で満足満腹
・おすすめのゲストルームはDANRAN Room
・「ご近所専隊OMOレンジャー」とは?!

 

OMO7 旭川って、どんな意味?どんなホテル?



星野リゾートOMO7旭川
 

まずは場所の確認から。

JR旭川駅から徒歩約13分、タクシーで約5分の場所にあります。
 
旧「旭川グランドホテル」からリニューアルした「星野リゾート OMO7 旭川」。

星野リゾートでは「星のや」「リゾナーレ」「界」といったブランドを展開していますが、都市観光ブランド「OMO」は4つ目の新ブランド。旭川はその第1号なのです。

 
星野リゾートOMO7旭川
 

街と連携し、ホテル周辺=500歩圏内の魅力をさまざまなカタチで発信することで、“街なかリゾート”の楽しみ方を提案。

単に“帰って寝るだけ”のホテルではなく、旅のテンションをキープしていられるホテルを目指しています。

 
星野リゾートOMO7旭川
 

思い、おもてなし、思ったよりも…など、「OMO」からさまざまな言葉を連想させますが、限定した意味はなく、日本語の音の響きで決めたといいます。
 
また「7」は、レストランや宴会場など、都市ホテルに不可欠な施設をどれくらい有するのか、ブランドのサービスの幅を示す数字なのだそう。
 
 

街歩きをしたくなる仕掛けが詰まったOMOベース

OMO7 旭川では、パブリックスペースを「OMOベース」と呼んでいます。

 
星野リゾートOMO7旭川

 
玄関を入って最初に目に入るのは、白樺のテーブル。

北海道の森から木が切り出され、旭川家具がつくられるという、旭川の産業をさりげなくストーリー化したロビーラウンジに。

 
星野リゾートOMO7旭川
 

旭川家具12社のイスやテーブルなどが置かれ、木のぬくもりがやさしく、落ち着いた雰囲気が印象的です。
 
ん、よく見たら、ランプシェードがラーメンどんぶり!

旭川は北海道3大ラーメンのひとつ「旭川ラーメン」でも有名な街ですよね。


星野リゾートOMO7旭川
 

ウエルカムドリンクにも楽しい遊び心が。

蛇口の取っ手が、互いに噛み付く熊と鮭(笑)。
ちなみに、このジュースは北海道ならではのハスカップ味。

 
星野リゾートOMO7旭川
 

ホテルから徒歩500歩圏内のおすすめスポットをマッピングして案内。

宿泊者にはオリジナルの「ご近所マップ」がプレゼントされます。

 
星野リゾートOMO7旭川
 

北海道や旭川にゆかりのある書籍を集めた「ブックトンネル」は、屋根裏部屋のような空間で居心地最高!

 
星野リゾートOMO7旭川
 
 

和も洋もテンションが上がる朝食で満足満腹

OMOベースのひとつ「OMOカフェ&バル」。

朝・昼・夜と、さまざまなシーンで利用できるカフェ&バルですが、なかでも朝食の評判がとても良いのです!

 
星野リゾートOMO7旭川
 

ビュッフェスタイルの朝食は、ホテルメイドの「パン」、焼き立て「ワッフル」、北海道らしい「山わさび丼」の3本柱で、それぞれに合うおかずとトッピングが充実しているのが特徴です。

 
星野リゾートOMO7旭川
 

パンは常時20種類以上を用意。焼きたてパンを持ったスタッフが店内を回るサービスも。

 
星野リゾートOMO7旭川
 

ワッフルはジャガイモを練り込んだ生地で、外はサックリ、中はふわっとした食感に。

クリームやフルーツでスイーツ系にまとめたり、マリネサーモンやハムなどで食事系にアレンジするのもOK。
 

星野リゾートOMO7旭川
 

山わさび丼はトッピングも豊富で、朝からおかわりしたい誘惑に負けそうになります。煮物などのおかずもおいしい!
 
フレーバーウォーターなど、ドリンク類も魅力的です。


星野リゾートOMO7旭川
 

朝食以降は北海道限定の「サッポロクラシック」の生ビールや、ホテル自慢のパフェも要チェック。

このSNS映えするパフェは、街歩きや飲んだ後のシメパフェにもおすすめ!

 
星野リゾートOMO7旭川▲ショートケーキをイメージしたというパフェは、ヨーグルトアイスクリームにイチゴアイスクリーム、ブランマンジェ、ディプロマットクリームなど、多層的なおいしさに!トップには花をあしらった綿あめも
 
 

おすすめのゲストルームはDANRAN Room

OMO7 旭川はシングルルームがなく、ツインルームがメイン。

今回のリブランドを機に、楽しいゲストルーム「DANRAN Room」が仲間入りしました。

 
星野リゾートOMO7旭川

 
名前の通り、「団らん」をイメージし、ベッドをL字型に配置。
その間にあるテーブルで、旭川を遊びつくす作戦会議を。

 
星野リゾートOMO7旭川
 

星野リゾートOMO7旭川▲ルームウェアはストライプ柄

 

「ご近所専隊OMOレンジャー」とは?!

OMO7 旭川には、ホテルから飛び出すコンシェルジュ「ご近所専隊OMOレンジャー」がいます。
一体どんなレンジャーなの?!その詳しい内容は、7月21日の記事で詳しく紹介します。どうぞお楽しみに!

 
星野リゾートOMO7旭川

\行きたい!行くべき!と思ったら「なまらいいね!」/

この記事をSNSでシェアしよう!
  • 旅のテンションを上げる“都市観光ホテル”「星野リゾート OMO7 旭川」
  • Google+

F3ea6fa5 2971 4d12 8e62 077dc40dce4f

Writer

小西 由稀

FacebookのIDを利用して、北海道Likersへ登録します。

北海道Likersは、北海道を愛する皆さんと北海道を盛り上げるコミュニティです。

  • 利用規約に同意の上ご登録ください。
  • FacebookのIDで簡単に登録できます。登録は無料です。
  • Facebookに設定しているメールアドレスを登録します。お客様のメールアドレスは、北海道Likers運営からの連絡に利用いたします。
Title
Close