北海道情報サイト「北海道ライカーズ」北海道情報サイト「北海道ライカーズ」

what likers

Icon search探す

公開 | nobuカワシマ

道の駅石狩「あいろーど厚田」でひと休み。十割そばとピザは必食!

オーシャンビューを楽しめる「道の駅石狩『あいろーど厚田』」は、オロロンラインでのドライブ中に絶対立ち寄りたい!

札幌市や小樽市から車で日本海沿いを北上して70~80分くらいの場所なので、途中休憩するのにピッタリです。

 
2018年4月にオープンした道の駅石狩「あいろーど厚田」▲2018年4月にオープンした道の駅石狩「あいろーど厚田」

 

目次

・道の駅石狩「あいろーど厚田」ってどこにあるの?
・1階の売店で地元の野菜や加工品を品定め
・1階の十割そばが美味しすぎる!出汁ききまくり!
・2階のフードコートはオーシャンビュー!
・2階の展示コーナーで軽く歴史のお勉強
・さらに上まで行くと、石狩湾の大パノラマが広がる!


 

道の駅石狩「あいろーど厚田」ってどこにあるの?

道の駅石狩「あいろーど厚田」は、石狩市厚田区にある道の駅。

札幌市から日本海側を通って留萌市へ通じる、国道231号沿いにあります。

国道沿いには途中トイレ休憩できる場所が少ないので、道の駅石狩「あいろーど厚田」は貴重な立ち寄りスポットです。

 
国道の山側(写真右側)に道の駅があります。国道を挟み海側にも小さな店舗が入るアネックス館があります▲国道の山側(写真右側)に道の駅があります。国道を挟み海側にも小さな店舗が入るアネックス館があります


国道231号は留萌市以北の国道232号などとともに通称オロロンラインと呼ばれていて、日本海の眺望を楽しみながらドライブができる絶景ルート。

札幌市や小樽市から最北の街、稚内市方面へ向かうメインルートの1つです。

 

1階の売店で地元の野菜や加工品を品定め

建物は3階建て。1階には物産店「石狩の味覚と地域情報のフロア」とそば店「厚田そば 一純」があります。

まずは物産店をチェック。

 
物産店には石狩市内の農産物や特産品などが並びます▲物産店には石狩市内の農産物や特産品などが並びます


各地の道の駅を訪ねた際、特産品やお土産などの販売フロアを見て回ると、地域の特徴や独自性が見えて興味深いですよね。

人により道の駅での楽しみ方や過ごし方はさまざまだと思います。

筆者の場合、まずは「地域の顔」を知るべく、まずは特産品などの販売フロアを見ます。

 
訪れた日、店頭には厚田産の大きなシイタケがいーっぱい並んでいました▲訪れた日、店頭には厚田産の大きなシイタケがいーっぱい並んでいました

 
厚田名産のシソを使ったジュースなどがずらり▲厚田名産のシソを使ったジュースなどがずらり

 
石狩市に本店がある人気コーヒー店、TOKUMITSU COFEEのゼリーも販売▲石狩市に本店がある人気コーヒー店、TOKUMITSU COFEEのゼリーも販売

 
お土産に、厚田産そば粉を使用したクッキーはいかが?▲お土産に、厚田産そば粉を使用したクッキーはいかが?


ドライブのお供になるお菓子や飲み物もあれば、想い出として自宅へのお土産になるものもあります。

みなさん、いかがですか?

 

1階の十割そばが美味しすぎる!出汁ききまくり!

次に、厚田そば 一純へ行ってみます。

 

 

食券を買ってオーダーし、食べ終えたら自分で下げるセルフスタイルです▲食券を買ってオーダーし、食べ終えたら自分で下げるセルフスタイルです


たかが道の駅のそば店と侮るなかれ!

厚田産そば粉を使った十割そばは、風味が強くて満足感あり!!

そして、出汁がめちゃめちゃきいていて、とにかくもの凄いんです!!!

 
「半年以上試行を重ねてやっとこの味を出せました。毎日しっかり出汁をとってますよ」と店長の森田瞳さん▲「半年以上試行を重ねてやっとこの味を出せました。毎日しっかり出汁をとってますよ」と店長の森田瞳さん


ここでイチオシの「にしんそば」(900円、税込)を味わってみます。

 
厚田で獲れたニシンの甘露煮が2切のっています▲厚田で獲れたニシンの甘露煮が2切のっています


厚田産のキタワセという品種のそばの実を使い、挽き方を変えた2種類のそば粉を独自ブレンド。

挽きぐるみも含まれているので田舎そばのようなテイストですが、ボソボソ感はありません。

かなりそばの風味が強いです。


 


パンチの強いそばに負けていないのが、出汁のききまくったつゆ。

毎日お店でしっかり出汁をとっているうえ、商品により3つの出汁を用意しているという徹底ぶり。


ざるそば用には鰹節と宗田節でキリッと辛めに、

温かいそば用にはさらに昆布出汁を合わせてまろやかに、

冷やしそばなどには5種類の素材でとった割り出汁を合わせているそうです。

 
しっかりした味わいのそばとつゆに、肉厚なニシンの甘露煮が合います▲しっかりした味わいのそばとつゆに、肉厚なニシンの甘露煮が合います


しょっぱさではなく出汁の濃厚な美味さで味わうこの店のそば。

汁を最後まで飲み干せるほど美味しすぎます!

そばのほかにも、厚田産のニシンの刺身を盛ったニシン丼もおすすめ。

 
ニシンを入荷した日に数量限定で販売されるニシン丼。味噌汁も出汁ききまくってます!▲数量限定で販売されるニシン丼。味噌汁も出汁ききまくってます!


ドライブ途中の通りすがりにしては勿体ない、わざわざ食べに行きたくなるそば店。

これはゼッタイ必食!

ただ、美味しさのあまり行列ができる日もある人気店なので、遅い時間だと品切れになることもあります。

食べに行くなら早めの時間に。

 

2階のフードコートはオーシャンビュー!

次に、2階へ行ってみます。


 


2階にはフートコートと石狩市の歴史などを紹介する展示フロアがあります。

春から秋の季節営業となるフードコートには以下の3店舗があります。


「Bakery & Pizza (ベーカリー&ビザ)」=地元野菜を使ったピザやパンなどの販売店

「石狩二三一(いしかり ふみいち」=海鮮寿司居酒屋の姉妹店

「Lico Lico 厚田 (リコリコあつた)」=道内に数店舗展開するジェラート店


 


ここで購入した商品は、大きな窓から海を見渡せるイートインコーナーで食べることができます。

 
大きな窓が印象的。テーブル席とカウンター席があります▲大きな窓が印象的。テーブル席とカウンター席があります


 


Bakery & Pizzaの「望来豚(もうらいとん)ソーセージと厚田産しいたけのミックスピザ」(1100円、税込)を買ってみました。

 
注文を受けてから焼くピザ。かなりもっちり感がある生地で食べごたえあります!▲注文を受けてから焼くピザ。かなりもっちり感がある生地で食べごたえあります!


望来豚とは、厚田産のブランド豚で、柔らかな肉質と脂身の甘さが特徴。地元のしいたけと合わせた、厚田尽くしのピザです。

テイクアウトもできますが、せっかくなら眺望を楽しみながらイートインで。

 
イタリアのフルーティーなドリンク「ヨーガ スッコ・ディ・ペーラ(洋ナシ)」と「ヨーガ スッコ・ディ・ペスカ(ピーチ)」も置いています。各280円ですが、ピザやパンと一緒に買うと230円になります▲イタリアのフルーティーなドリンク「ヨーガ スッコ・ディ・ペーラ(洋ナシ)」と「ヨーガ スッコ・ディ・ペスカ(ピーチ)」も置いています。各280円ですが、ピザやパンと一緒に買うと230円になります


こちらもかなりの人気店。午後早々にピザが完売してしまう日もあるので、ピザ目当てなら早めの時間にどうぞ。

 

2階の展示コーナーで軽く歴史のお勉強

2階の海側にイートインコーナーがありますが、山側には石狩市に関する歴史や自然、文学を紹介する展示コーナーがあります。

 
石狩には油田があったんですって。知ってましたか?▲石狩には油田があったんですって。知ってましたか?

 
北前船の歴史についても紹介▲北前船の歴史についても紹介

 
手の込んだ可愛らしいジオラマもあります▲手の込んだ可愛らしいジオラマもあります


展示コーナーの近くに階段があり、3階の展望スペースに行くことができます。

さらに展望スペースから屋外に出て、建物裏手にある丘の上へと通路が続いています。

最後に、屋外からの眺望を楽しみましょう。

 

さらに上まで行くと、石狩湾の大パノラマが広がる! 

建物3階(=屋上)から裏手の丘へと続く通路を進んだところから眺めた様子▲建物3階(=屋上)から裏手の丘へと続く通路を進んだところから眺めた様子


建物裏手の丘には見どころが2つ。

 
戸田城聖生家。中を見学することもできます▲戸田城聖生家。中を見学することもできます

 
丘の上に建つ恋人の聖地、厚田公園展望台。鐘がついていて鳴らせるほか、カップルが愛を誓い取り付けた南京錠も多数あります▲丘の上に建つ恋人の聖地、厚田公園展望台。鐘がついていて鳴らせるほか、カップルが愛を誓い取り付けた南京錠も多数あります

 
建物中央のステンドグラス、妙にカワイイ(^^♪▲建物中央のステンドグラス、妙にカワイイ(^^♪

 
展望台の建物の上に立つと、かなり遠くまで見渡せます。空気が澄んだ晴れた日は絶景に違いない!▲展望台の建物の上に立つと、かなり遠くまで見渡せます。空気が澄んだ晴れた日は絶景に違いない!


展望台までは道の駅から坂道を歩いて7、8分。食後のちょっとしたいい運動です。時間ある人はぜひこちらまで足を運んでみましょう!


休憩ついで、というよりも、わざわざ訪れたくなる道の駅。

他の地ではなかなか味わえない厚田産素材のグルメを楽しみ、景色を眺め、厚田土産を買って帰りましょう!


夕暮れは絶景!アネックス館ではこんなステキな風景が広がります▲夕暮れは絶景!アネックス館からはこんなステキな風景を眺められます(写真提供:道の駅石狩「あいろーど厚田」)

\食べたい!食べるべき!と思ったら「なまらいいね!」/

この記事をSNSでシェアしよう!
  • 道の駅石狩「あいろーど厚田」でひと休み。十割そばとピザは必食!
  • Google+

FacebookのIDを利用して、北海道Likersへ登録します。

北海道Likersは、北海道を愛する皆さんと北海道を盛り上げるコミュニティです。

  • 利用規約に同意の上ご登録ください。
  • FacebookのIDで簡単に登録できます。登録は無料です。
  • Facebookに設定しているメールアドレスを登録します。お客様のメールアドレスは、北海道Likers運営からの連絡に利用いたします。
Title
Close