函館が異星人に狙われている!?「イカール星人」

北海道Likersは、函館を侵略しようとしている「イカール星人」…の手下に接触することに成功した。
「イカール星人の手下」と名乗った、㈱シンプルウェイの阪口あき子さんに、話をうかがった。

 
-イカール星人とは一体何者ですか?

「イカール星人は、函館を気に入って我が物にするべく、宇宙からやってきた侵略者です。長万部のまんべくんや夕張のメロン熊のように、1体しかいないというものではなく、地球人同様たくさんいます」
 

 
-いつから活動をしているのですか?
 
「2008年12月、YouTubeで函館侵略の様子を動画でアップしたことが、全ての始まりでした。あっという間にアクセス数が万単位になり、翌年3月には全国のキー局で取り上げられるまでになりました」

 
 

 
-イカール星人は、悪いヤツなんですか?
 
「はい。イカール星人に対抗する正義の味方は、函館の観光名所たちで、タワーロボや空中要塞ゴリョウカクなどが、函館の街を守っています」
 

 
道内唯一の国宝「カックウ」とほぼ同じ形状を持つ体長約100メートルの巨大土偶
 
 
-でも、イカール星人は、函館をPRするためのプロモーションを手伝っていますよね?いいヤツじゃないですか!
 
「あれは戦いの最中、函館市役所に捕獲されたイカール星人ですが…函館をPRするフリをしているだけで、実は函館侵略のためのスパイ活動をしているのです」

 

 

 
-いわゆる、「ゆるキャラ」というやつですね?
 
「いいえ、違います!決してゆるくありませんから!侵略活動の軍資金稼ぎのため、グッズを商品化したまでです。また、全国民に我々の存在を知らしめるべく、函館観光のPRのフリをして全国に出没しているのです!」

 
 

 
-やっぱり、ゆるキャラじゃないですか!
 
「チッチッチ(と、人差し指を振る)。我々手下の中には、道外から函館に移住した者が何人もいます。道外の人には、函館=夜景のイメージが強く、他の魅力を伝えきれていません。
我々は、動画(=イカール星人と観光名所たちの戦い)を通じて、さまざまな函館の魅力を見てもらい、興味を持ってもらいたいのです。
単に、キャラをつくっているつもりはありません。『函館愛』が根底にあるからこそ、イカール星人侵略動画で函館PRを手伝っている…フリをしてるんです」

 


-なんだかんだ言いながら、イカール星人も手下の人たちも、函館のために活動するいい人なんですね。
 
「函館が好きで好きで、愛しすぎるから、侵略して自分たちのものにしたいんです」
 
 

 
-世界侵略は考えていないんですか?
 
「もちろん、世界も視野に入っています!イカール星人の動画は、2012年にはメキシコ、ルーマニア、ポーランドのアニメーション映画祭で上映されました。
そして、今年はギリシャ・アテネで行われる映画祭のコンペティション「Athens International Digital Film Festival」(2013年5月25日~6月3)に入選し、上映されることになりました!」
 
-今後の計画は?

「イカール星人と我々手下は、まずはしばらくの間、全国各地で函館をPRする…フリをしながら、チャンスを狙いますよ!」

 

 
イカール星人たちの函館侵略動画は、YouTubeで「イカール星人」と検索すると、ちょこっとだけ見ることができる。本編はDVDで発売されているので、「函館が心配だ!」という人は、チェックしてみてほしい。

 

イカール星人に関する問い合わせ先

株式会社シンプルウェイ
DVD「ハコダテ観光ガイド イカール星人襲来中 -特別篇-」