北海道情報サイト「北海道ライカーズ」北海道情報サイト「北海道ライカーズ」

what likers

Icon search探す

公開 | さとうふみえ

Peach(ピーチ)就航で関西からぐっと身近になった釧路周辺を楽しもう!

たんちょう釧路空港▲「たんちょう釧路空港」(画像提供:釧路空港ビル株式会社)


2018年8月1日に格安航空会社(LCC)Peach(ピーチ)より大阪(関西)-釧路線が就航され、関西からひがし北海道がぐっと身近になりました!

ひがし北海道の空の玄関口の一つ「たんちょう釧路空港」周辺は、魅力あふれる自然や美しいタンチョウに出会える場所です。

 

目次

・「関西国際空港」から「たんちょう釧路空港」までPeach(ピーチ)でひとっ飛び!
・ロングステイがおすすめの釧路市、その理由は?
・ロングステイにおすすめ!釧路市「みなと21」
・北海道Likersおすすめ釧路市周辺の遊び方
・レンタカーで「釧路湿原国立公園」を効率的に楽しもう!
・釧路市湿原展望台
・温根内ビジターセンター木道
・鶴居村でランチはいかが?「どれみふぁ空」と「ハートンツリー」


 

「関西国際空港」から「たんちょう釧路空港」までPeach(ピーチ)でひとっ飛び!

格安航空会社(LCC)Peach(ピーチ)から2018年8月1日に就航された大阪(関西)-釧路線。
 
「関西国際空港」から「たんちょう釧路空港」までは2時間、「たんちょう釧路空港」から「関西国際空港」は2時間30分のフライトです。(搭乗期間:2018年8月1日~10月27日のフライトスケジュールより)


「たんちょう釧路空港」タンチョウのモニュメント▲「たんちょう釧路空港」正面のタンチョウのモニュメント(画像提供:釧路空港ビル株式会社)


「たんちょう釧路空港」周辺は、特別天然記念物に指定されているタンチョウが多く生息している地域。

空港正面にはタンチョウのモニュメント、1階到着ロビーにはタンチョウの剥製などがあり、空港に着いたときからこの地方の象徴的な存在であるタンチョウを身近に感じられます。

たんちょう釧路空港
住所/北海道釧路市鶴丘2番地
電話/0154-57-8304
アクセス/釧路市内まで「釧路空港連絡バス」で約45分~55分、レンタカーで約30分

 

ロングステイがおすすめの釧路市、その理由は?

一般社団法人「釧路観光コンベンション協会」によると、釧路市がロングステイにおすすめな理由は3つあります。

 
まず一つ目は、夏の避暑地として快適に過ごせる気候

北海道と言えども、近年は真夏に30度を超える地域も多いのですが、釧路市の真夏の平均最高気温は21.4度前後で、道内の中でも涼しく過ごせる地域なんです♪

 
二つ目は、スギとヒノキの木が一切なく、その花粉が飛ばない環境

ということは…そうです!スギとヒノキの花粉症の人にとっては、避粉地として快適に過ごせる場所なんです!


釧路市「幣舞橋」と「釧路フィッシャーマンズワーフMOO」▲釧路市の観光スポットの一つ「幣舞橋(ぬさまいばし)」と複合商業・観光施設「釧路フィッシャーマンズワーフMOO」(画像提供:釧路観光コンベンション協会)


三つ目は、豊かな自然と利便性の良い市街地とのバランスがよい点。

釧路市は、「釧路湿原国立公園」と「阿寒摩周国立公園」の2つの国立公園を有する中核都市。

市街地から、世界的にも注目されている観光スポットへのアクセスもよく、自然と都市とがうまく融合している理想的なまちです。

 

ロングステイにおすすめ!釧路市「みなと21」

ここ数年、釧路市とその周辺を楽しむ滞在スタイルとして、ロングステイの人気が高まっています。

そこで、今回おすすめするのは、釧路市で暮らすように滞在できる「みなと21」!

リピーターも多いウィークリー&マンスリーマンションです。


釧路市ウィークリー&マンスリーマンション「みなと21」▲「みなと21」は、JR釧路駅から徒歩12分、「幣舞橋」周辺へも徒歩3分です(画像提供:みなと21)


「みなと21」は、「釧路フィッシャーマンズワーフMOO」の真向かいにあり、「世界三大夕日」の一つと言われる「釧路の夕日」を見る絶好の場所「幣舞橋」へもすぐのロケーション。
 
北海道の三大市場の一つで釧路の台所と呼ばれる「釧路和商市場」や、末広町の繁華街へも徒歩圏内なので、地元の食文化を知るにもうってつけの場所です。


釧路市ウィークリー&マンスリーマンション「みなと21」▲シングルルーム(左上)、ツインルーム(左下と右下)、部屋内のキッチン(右上)(画像提供:みなと21)


格安で1週間~1ヶ月以上の長期滞在が可能。

通常プランの一例としては、シングルルーム1週間(7泊)の滞在でなんと31,400円!(水道光熱費、退去清掃費込み)。


他にもキャンペーンやハイシーズン料金があるので、興味のある方は公式HPをチェックしてくださいね。
 
みなと21
住所/北海道釧路市錦町2丁目1番地
電話/0154-22-7251
アクセス/「たんちょう釧路空港」から車で約30分、JR「釧路」駅から徒歩12分

 

北海道Likersおすすめ釧路市周辺の遊び方

北海道Likersでも、釧路市とその周辺の魅力を幾度となく紹介してきました。
 
北海道第4のラーメンと呼ばれる「釧路ラーメン」、釧路和商市場の名物「勝手丼」、釧路市のご当地グルメ「スパカツ」!
 
さらに釧路市は、「炉ばた焼き」や「ザンギ」発祥の地でもあり、その味を楽しめるお店があります。

地元のご馳走♪ぜひチェックしてくださいね。


カツオだしが香る「まるひら」で釧路ラーメンを満喫!
釧路和商市場で、名物の勝手丼「いただきます!」
釧路に来たら、スパカツ!「レストラン泉屋 本店」/釧路市
元祖ザンギは骨付きをタレで!ザンギ発祥の店「鳥松」
釧路名物の炉ばたを開放感たっぷりに楽しめる。「岸壁炉ばた」

もちろん、食べ物以外にもおすすめの観光スポットもありますよ!

てくてく歩く姿がめんこい!釧路市動物園の人気者ホッキョクグマの「ミルク」
釧路市立博物館で道東を知る、冬の旅へ
涼やかな景色へご案内!「細岡展望台」から眺める釧路湿原
汽笛高らかに!絶景の「SL冬の湿原号」に乗ってきた

 

レンタカーで「釧路湿原国立公園」を効率的に楽しもう!

関西からの格安なフライトにより、1泊2日や2泊3日といった短い日程で釧路市とその周辺をレンタカーで楽しむ計画をしている人も多いと思います。
 
ただし、北海道は広い!と言うことを忘れてはいけません。

でも、お目当てのスポットを効率的にまわって短期滞在を満喫しましょう!

 
釧路湿原てくてくMAP▲「釧路湿原てくてくMAP」で見る湿原の広さ(画像提供:釧路観光コンベンション協会)


ひがし北海道の観光の目玉とも言える日本最大の湿原「釧路湿原国立公園」の広さは、大阪市がすっぽり入ってしまうほど。
 
そこで今回は、湿原の周囲にある数ヶ所の展望台と木道の中から、「たんちょう釧路空港」に一番近い「釧路市湿原展望台」と「温根内ビジターセンター木道」での楽しみ方をご紹介します。

 

釧路市湿原展望台

1Fにレストランを併設している「釧路市湿原展望台」。

地元のエゾ鹿肉「阿寒紅葉」や豚肉「阿寒ポーク」を使った料理や軽食が手頃な値段で味わえるので、ランチの場所としてもおすすめです。


釧路市「釧路市湿原展望台」▲「釧路市湿原展望台」(画像提供:釧路観光コンベンション協会)


2Fの展示エリアと3Fの展望室と屋上は有料で、2Fには、釧路湿原について学べる資料や湿原の動植物を復元した展示が数多くあり、見ごたえ十分です。


釧路市「釧路市湿原展望台」の「サテライト展望台」▲「サテライト展望台」からの雄大な眺め(画像提供:釧路観光コンベンション協会)


「釧路市湿原展望台」の周囲には、散策を楽しめる1周2.5kmの遊歩道「木道」があり、その途中には「サテライト展望台」があります。
 
「サテライト展望台」までは、「釧路市湿原展望台」からアップダウンのない右回りで「木道」を進んで約15~20分で到着です!

釧路市湿原展望台
住所/北海道釧路市北斗6-11
電話/0154-56-2424
定休日/年末年始
※「木道」は定休日、時間外でも利用可能
営業時間/8:30~18:00(5月~10月)、9:00~17:00(11月~4月)
料金(2F、3F)/大人470円、高校生250円、小中学生120円
アクセス/「たんちょう釧路空港」から車で約20分、釧路市内から車で約30分

 

温根内ビジターセンター木道

釧路湿原の西側に位置する遊歩道「温根内ビジターセンター木道」には、500m、2km、3kmの3コースの「木道」があるので、時間や体力に合わせて選ぶことができます。
 
スタートする前に、まずはビジターセンターでマップをゲット!

歩きやすく整備されている「木道」ですが、履き慣れた靴やウォーキングしやすい靴を履いて行くことをおすすめします。


鶴居村「温根内ビジターセンター木道」▲「木道」入り口から数分歩くと、こんな景色に出会えます!(画像提供:釧路観光コンベンション協会)


都会からこの場所へ来ると一番印象に残るのは、こんな風にさえぎる物が何もない開放的な景色なのかも知れませんね。
 
「木道」沿に咲く季節の植物に目を凝らし、普段聞くことのない野鳥の鳴き声に耳をすませてみてはいかがでしょうか?
 
7月中旬~下旬の夕方以降には、ヘイケボタルを見られることもあるようですよ。

温根内ビジターセンター木道
住所/北海道阿寒郡鶴居村温根内
電話/0154-65-2323
定休日/火曜日、年末年始
※「木道」は定休日、時間外でも利用可能
営業時間/10:00~17:00(4月~10月)、10:00~16:00(11月~3月)
アクセス/「たんちょう釧路空港」から車で約25分、釧路市内から車で約35分

 

鶴居村でランチはいかが?「どれみふぁ空」と「ハートンツリー」

日本で最も美しい村」連合に加盟している「鶴居村」には、自然に恵まれた環境の中でランチを楽しめる場所があります。
 
田舎だからこそ味わえる雰囲気と地産地消を大切にした2店をご紹介します。


・どれみふぁ空


鶴居村「どれみふぁ空」▲浜野活年さん秀代さん夫婦が営む「どれみふぁ空」(画像提供:どれみふぁ空)


「どれみふぁ空」は、鶴居村のタンチョウ観察スポット「鶴見台」のすぐ近くにあり、お店の上空を飛翔するタンチョウや、庭に舞い降りるタンチョウの姿を見ることができるカフェレストランです。


鶴居村「どれみふぁ空」から見るタンチョウ▲タンチョウの給餌時期(11月~3月)にレストランの窓から見えるタンチョウ(画像提供:どれみふぁ空)


鶴居村「どれみふぁ空」の庭▲夏にはステキな庭が心を和ませてくれます(画像提供:どれみふぁ空)


「どれみふぁ空」の庭は、園芸関連の資格を持つ奥様の秀代さんが手がける自慢の庭。
 
カフェレストランには花苗ショップが併設され、バラやハーブの苗を中心に販売し、お花のことを相談したり、要望があればハンギングバスケットやコンテナ寄せ植えの講習(有料)も行っています。


鶴居村「どれみふぁ空」メニュー▲ビーフシチューセット(左上)、丹頂カレー(右上)、山わさびらーめん(左下)、夏季限定フレッシュハーブティー(右下)(画像提供:どれみふぁ空)


主に釧路地方の食材と、お店の庭で採れるハーブや野菜を使った食事メニューは1000~1500円前後とリーズナブル。

夏季限定フレッシュハーブティーは、庭の手摘みコーナーで、自分好みのハーブを摘むこともできます。

どれみふぁ空
住所/北海道阿寒郡鶴居村鶴見台
電話/0154-64-3987
定休日/火曜日(2月、3月は無休)
営業時間/8:30~17:00
アクセス/「たんちょう釧路空港」から車で約30分、釧路市内から車で約40分


・ハートンツリー


鶴居村ハートンツリー▲まるで絵本に出てくるようなたたずまいの「ハートンツリー」(画像提供:ハートンツリー)


「ハートンツリー」は、のどかな鶴居村の風景を見ながらスローな時間を過ごせるファームレストランです。


鶴居村「ハートンツリー」▲丘の上にたつ「ハートンツリー」(画像提供:ハートンツリー)


うらやましいほど見晴らしのよいレストランからの眺めは、毎日忙しくがんばって過ごしている自分へのご褒美になりそうです。


鶴居村「ハートンツリー」メニュー▲ブレックファスト(左上)ガーデンランチ(右上)、エビいっぱいのスープカリー(左下)、パンセット(右下)(画像提供:ハートンツリー)


「ハートンツリー」では、オーナーシェフでヨーロッパ料理が得意の服部佐知子さん考案のオリジナルメニューが人気。
 
地元の食材や鶴居村菱沼農場の「幸せ牛乳」を使い、ヨーロッパ料理をアレンジした手作り感あふれる食事メニューで、予算は700円~2100円。

前日までの予約制メニュー「ブレックファスト」(朝5時半~10時までの提供)もあるので、ちょっと早起きして、鶴居村の朝の風景を楽しみながらお腹を満たしてみては?


鶴居村「ハートンツリー」の自家製「ハートの白カビチーズ」▲TBS系の全国放送「お取り寄せレストラン」で紹介された、自家製の「ハートの白カビチーズ」(画像提供:ハートンツリー)


服部さんにチーズは「なぜハート型なのか?」と聞いてみると…

お店の名前がハート&ツリーという意味の「ハートンツリー」であることと、幸せの気持ちが詰まったハートから、「幸せのおすそ分け」という想いを込めてハート型にしているのだとか。
 
他にも、クッキーやパンなどのハート型商品があります♪

ハートンツリー
住所/北海道阿寒郡鶴居村字雪裡496-4
電話/0154-64-2542
定休日/木曜日
営業時間/10:00~17:00
アクセス/「たんちょう釧路空港」から車で約30分、釧路市内から車で約40分
この記事をSNSでシェアしよう!
  • Peach(ピーチ)就航で関西からぐっと身近になった釧路周辺を楽しもう!
Title
Close