北海道情報サイト「北海道ライカーズ」北海道情報サイト「北海道ライカーズ」

what likers

Icon search探す

公開 | さとうふみえ

絶景の知床半島クルーズ!快適な大型観光船「知床観光船おーろら」で行く「硫黄山航路」

「知床観光船おーろら」カムイワッカの滝


知床半島のダイナミックな景観を海上から楽しむクルーズは、知床観光の中でも人気があります。

「知床観光船おーろら」で行く「硫黄山航路」もその一つで、気軽に快適に乗船できる大型観光船で行く航路は、子供から年配者まで幅広い世代で楽しむことができます。
 

目次

・「知床観光船おーろら」とは?
・「知床観光船おーろら」はどこから乗れる?
・気軽で快適な大型観光船「知床観光船おーろら」
・所要時間1時間半で行ける「硫黄山航路」の見所
・雄大な景色はスマホでもかなり綺麗に撮れる!
・「知床観光船おーろら」各航路の出航時間と料金
・女満別空港からウトロ港までのアクセス方法


 

「知床観光船おーろら」とは?

「おーろら」は、夏は「知床観光船おーろら」として、冬は「網走流氷観光砕氷船おーろら」として運航している大型観光船です。


「知床観光船おーろら」▲「知床観光船おーろら」


「知床観光船おーろら」の運航期間は毎年4月28日~10月25日、「網走流氷観光砕氷船おーろら」の運航期間は毎年1月20日~4月3日です。

 

「知床観光船おーろら」はどこから乗れる?

「知床観光船おーろら」の乗船場は、斜里(しゃり)町ウトロ港です。

「知床観光船おーろら」の乗船チケットは、当日空きがあれば予約無しでも乗船出来ますが、観光のハイシーズンには混雑も予想されるので、公式HPや電話で予約をしておくと安心です。
 
予約チケット又は当日チケットは、乗船前に「切符売り場」で購入します。


「知床観光船おーろら」の「切符売り場」▲「知床観光船おーろら」の「切符売り場」


チケット購入後に乗船場に行くのですが、乗用車やオートバイの乗客は、町営駐車場(有料)を利用します。


ウトロ港オロンコ岩の町営駐車場▲「切符売り場」からすぐのウトロ港オロンコ岩のトンネルを抜けると町営駐車場です


駐車料金は、乗用車400円、オートバイ100円です。

乗船の受付は出航の15分前から始まるので、余裕をもって乗船場まで行ってくださいね。

 

気軽で快適な大型観光船「知床観光船おーろら」

ウトロ港からのクルーズは、世界自然遺産知床の原始的な自然を海上から満喫できるアクティビティとして人気がありますが、どのツアーにしようか?どんな船に乗ろうか?迷うこともありますよね。
 
特に、本格的な夏休みシーズンは、小さな子供や年配者を含む家族旅行も多くなり、船酔い心配…トイレある?小さな子供は乗れる?などなど、心配事もあるかと思います。


「知床観光船おーろら」自由席▲2階客室自由席(左上)、2階コーヒーラウンジ席(右上)、1階客室自由席(左下)、1階客室前方自由席(右下)


「知床観光船おーろら」は、快適な座席やトイレもあり、揺れも少なく冷暖房完備なので、気軽に乗って楽しむことができます。


「知床観光船おーろら」特別客席▲前方左右ワイドビューの1階前方特別客席


特別客席(50席限定)は有料席で、乗船後船内で受付しています。
・「硫黄山航路」:乗船料金+400円
・「知床岬航路」:乗船料金+600円


「知床観光船おーろら」展望デッキ▲雄大な景色をとことん楽しめる展望デッキ。1階と2階にはサイドデッキもあります


「知床観光船おーろら」船内▲船内には大型船観光船ならではの設備が整っています


・無料で利用できる記念撮影用の貸出衣装(画像左上)
・子供用の塗り絵(画像右上)
・売店(画像左下)や飲み物の自動販売機
・1階と2階それぞれにある男女別トイレ(画像右下)

大型観光船なので揺れは少なめですが、天候によっては波が高い日もあります。

乗り物酔いしやすい方は、乗船前に酔い止めを飲むなどの事前の対策をおすすめします。

 

所要時間1時間半で行ける「硫黄山航路」の見所

「知床観光船おーろら」には、所要時間3時間45分の「知床岬航路」と所要時間1時間30分の「硫黄山航路」の2つの航路があります。

 
「知床観光船おーろら」航路マップ▲「知床観光船おーろら」航路マップ(画像提供:道東観光開発株式会社)


「硫黄山航路」は、最もにぎわう観光シーズン(6月1日~9月10日)には1日5便の運航。

所要時間は短いけれど見ごたえは十分あるので、他の観光スポットと合わせて手っ取り早く名所をまわりたい方や、子供や年配者がいて長時間のクルーズはちょっと難しいという家族連れにはおすすめです。

では、見所を少しご紹介していきます。


知床半島「プユニ岬」▲乗船場からも見える「プユニ岬」


「知床観光船おーろら」から見る知床半島▲「プユニ岬」を通過すると、ダイナミックな景観が見えてきます


ここからは絶景ポイントが続くので、船内放送を聞きながら名所を逃さず楽しんでくださいね。

出航前に、船内にあるパンフレットであらかじめ確認しておくのも、見所を逃さないコツです。


「知床観光船おーろら」から見る「フレペの滝」通称「乙女の涙」▲「乙女の涙」とも呼ばれる「フレペの滝」


「知床観光船おーろら」から見る「湯の華の滝」通称「男の涙」▲「男の涙」とも呼ばれる「湯の華の滝」


「知床観光船おーろら」から見る「岩尾別川」▲「岩尾別川」にくると、知床連山の一部、羅臼岳(右)、三ツ峰岳(中央)、サシルイ岳(左)が間近に見えてきます


この辺りにヒグマがよく出没しているようなので、要チェックです!


「知床観光船おーろら」から見る「岩尾別川」▲カメラのズームレンズで見た「岩尾別川」


船は肉眼で陸が見える距離で進んで行きますが、ヒグマが出没した場合、ズームレンズ搭載のカメラや双眼鏡があった方がより鮮明にその姿を見ることができます。

 
「知床観光船おーろら」内の「熊出没カレンダー」▲「知床観光船おーろら」内の「熊出没カレンダー」には、ヒグマが目撃された日に緑色の熊の判子が押されています


「熊出没カレンダー」によると、かなりの確率でヒグマやイルカといった野生動物に遭遇できるようなので、動物ウォッチングを楽しみたい方は、船内の双眼鏡の貸し出し(有料)を利用してみてはいかがでしょうか。


「知床観光船おーろら」から見る「カムイワッカの滝」▲「カムイワッカの滝」この辺りでもヒグマがよく目撃されるようです


「岩尾別川」の後は、チカポイ、コケシ岩、オーバーハング、水晶岬といった名所を通過し、「硫黄山航路」の折り返し地点「カムイワッカの滝」に到着します。
 
ここでは、かなり滝に近い位置まで船が寄って、ゆっくりUターンするので、海上からしか見られない「カムイワッカの滝」の最終地点がじっくり見られます。

 

雄大な景色はスマホでもかなり綺麗に撮れる!

海上からの雄大な知床の景色を写真やビデオにおさめたい!

でも、望遠レンズ搭載のカメラやビデオカメラじゃないと難しいかな?と思っている方もいるのでは?

 
そこで、実際にスマホでも名所を撮影してみました。



「知床観光船おーろら」から見る「カムイワッカの滝」▲スマホで撮影した「カムイワッカの滝」


「硫黄山」を一緒に撮るため、船が滝から少し離れたタイミングでズームなしで撮影してみました。


「知床観光船おーろら」から見る知床連山▲スマホでズームなしで撮影。左から硫黄山、オチカバケ岳、サシルイ岳、三ツ峰岳、羅臼岳


船は、「カムイワッカの滝」でUターンすると、岸から少しずつ離れていきます。

そうすると、知床連山が次々と見えてくるので、山と崖と海の三拍子そろった圧巻の景色が広がります。
 
「知床観光船おーろら」は、知床半島の景色を最大限楽しめるほどよいスピードで進むので、ここぞ!という場所で、スマホでもかなり綺麗な写真が撮れます。

 

「知床観光船おーろら」各航路の出航時間と料金

「知床観光船おーろら」時刻表と料金表▲画像提供:道東観光開発株式会社

期間中は毎日運航ですが、天候や波の状況で欠航したり、航路が短縮される場合があります。

運航状況については、「知床観光船おーろら」の公式HP又はお電話にてご確認ください。
 

女満別空港からウトロ港までのアクセス方法

・直行バス「知床エアポートライナー」:ウトロ温泉バスターミナル下車、所要時間約1時間10分(片道3,300円)、1日3便(9:10、14:50、16:00 )
 
・レンタカー:約1時間40分~2時間
 

関連リンク

知床観光船おーろら公式HP
知床観光船おーろら運航状況(携帯電話用サイト)
知床観光船おーろらFacebook
知床エアポートライナー
この記事をSNSでシェアしよう!
  • 絶景の知床半島クルーズ!快適な大型観光船「知床観光船おーろら」で行く「硫黄山航路」
Title
Close